◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: オーダーメイドゴルフクラブ



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



L型ブリストルパター(進化版)についての
多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

IMG_0034 (2)


シャフトについて 尋ねられることがあるので
それについて書いてみます。

パターに限りませんが、
シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン)
この二つには実は何の違いもない と言えます。

割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは
重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが
それは全くの誤解です。

スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。
それが何か特別な性能を持っている訳ではなく
単一素材であるがゆえに
太さの変化(俗に言うテーパー度合) と
ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。
スチールシャフトの一番の利点は
 工業製品として安定して同じものが得られる
という部分にしかないと言い切れるほどです。

重量の関して…ですが
その前に スチールの方が硬い・・・
いえ 強い と思っている人がいますが
それも大きな間違いで、
繊維で構成するグラファイトの方が
圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。
また 繊維で構成するため
負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。

最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で
作られているグラファイトが多いので
言いにくいことではありますが、
本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、
使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など
無限な組み合わせが可能ですから、
圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは
技術的に「それが作れる」から、であるのと
平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると
強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。


IMG_0035 (2)



パターだけに限りませんが
グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は
同じバランス=スイングウエイト とすると
スチールシャフト装着のそれに比べると
20g以上重いヘッドが装着可能です。
これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる
最大の理由です。


シャフトは硬ければ硬いほど
ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。

50g重たいシャフトが装着されているものと
50g重たいヘッドが装着されているもの
計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても
先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント
動かした時の重量感は
格段に ヘッドの重いものの方が上 です。
これはウエッヂなどでも同じです。

ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな
スチールシャフト装着のパター では
その目方ほど 重量感は感じない ものです。


軽く感じる硬いシャフト装着のものに
本当に軽いヘッドが付いていて
重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが
付いているんですから、随分と差がありますよね…。



これも神話というか 都市伝説に近いですが
重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが
安定する なんて言われますが、
その手の話を豪語するゴルファーは
練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ?
それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから
それを参考にするのは なんだかな って気がします。
一体だれのためにゴルフをして
誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。



『L型ブリストルパター』特に進化版
一般的に市販のパターに比べると
約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上
シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では
一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm
進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下
ですので、総重量では似たようなものであったとしても
持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん
3倍以上に感じるのではないかと思います。
持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。

重く感じるパター・・・
そして 小さなストローク、遅いストロークであっても
遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量
慣れたとき どっちが安定するか は
火を見るよりも明らか だと思うのです。

まあ 軽口ですけれど、このパターが
量産されるほど売れてしまったら
間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。
(現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません)
それほどの性能を持っていると自負しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

006


Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)

IMG_0568


Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。

IMG_0571


 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。

IMG_0567


 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



とても不思議に思うコト があるのです。


多くのレッスン、ブログ、動画などでは
「シャフトはしならせて、しなり戻して使う」
「シャフトをどうしならせ、どうしなり戻すのか」
というのが目につくのですが、
もし それが良い、ベターだとすると
なぜ 「セットの硬さをちゃんと統一、揃えよう!」
という内容が出てこないのでしょう。

シャフトをしならせて、しなり戻す のだとすると
そのシャフトの硬さによって 方法は同じ、だとしても
そのタイミングや強度などは異なると思います。

video_Moment

同一機種のシャフトであっても、 例えば
  X-フレックス  270cpm の硬さと
  R-フレックス  240cpm の硬さでは
しなりの量も そのシャフト速度も異なります。

X-フレックスを 振るように  R-フレックスを振れば
R-フレックスの方が シャフトのしなり幅も遅く
復元速度は同じだとしても しなり/しなり戻り往復で
かなり大きく しならせ/しなり戻す をすることになりますから
スクエアに戻してインパクトする という理想の元では
インパクトで待つか、はたまた シャフトを動かす動作速度を速く、
特にダウンスイングの しなり戻しは速く動かさねばなりません。

これでは パターを除く13本近いセットが
ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂと
異なる硬さが混じっている場合、ショットでのやるコト
やる速度、やる量が その硬さに応じて変えなければならなくなります。

続けて 同じクラブを打ち続けられる練習場でならいいかも…ですが、
交互交互、場面場面で
 一球ごとにクラブを入れ替えなければならないコースでは
混乱してしまい、相互に上手く行かなくなる可能性が高くなります。
また しなり具合はシャフトの硬さだけでなく
重心の長さや深さ によっても影響を受けます。

シャフトをしならせて、しなり戻して使う、使いたい のであれば
セット間のシャフトの硬さや重心距離などを統一、
もしくは ある程度の幅の中に収めておかないといけない
と思うのですが、そこに振れた記述、内容は一切見当たりません。

それでは片手落ちもよいトコロです。
Jack Ni_Moment(2)

特に最近では アイアンが売れていない ので
低価格に抑えるため、アマチュアにとっては利の少ない
軽量スチール + 小型ヘッド ばかり です。

ドライバーは メーカーや機種によって 硬さはマチマチ ですが、
シャフトはある程度柔らかい方が飛ぶ
   という共通認識は存在するので
アイアンに比べると 表示 S-シャフト でもかなり数値、
かなり柔らかくなっています。


✋ヘッドが大きく、重心距離も長く、重心も深いドライバーの方が
シャフトが格段に柔らかく、
✋ヘッドが小さく、重心距離も短く、重心の浅いアイアンの方が
シャフトが格段に硬い


シャフトをしならせて、しなり戻して使う コトを前提にするのなら
このセット間の統一を声高にしないと
 その方法論は完遂しないと思うのですが…。
ものすごく なんだかなぁ の気持ちがぬぐえません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


✋待望の週末 開催です✋



告知🌸第5回 スイング大改造セミナー開催



IMG_0520_Slomo_Moment


👉来る5月25日(土) 午後3時頃 より


👉
場所:ハミングバード 横須賀店:大矢部3-14-10


ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤

 〇046-804-1480 まで
 〇hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、
良くしたい、教わりたい 場面でどういう考えがそれを有効にしていくか
と言うのにとても効果的です。

https://www.google.com/maps/place/35%C2%B014'22.7%22N+139%C2%B040'30.3%22E/@35.2396434,139.6729063,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.239639!4d139.675095?hl=ja

 ✋スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


✋待望の週末 開催です✋



告知🌸第5回 スイング大改造セミナー開催



IMG_0520_Slomo_Moment


👉来る5月25日(土) 午後3時頃 より


👉
場所:ハミングバード 横須賀店:大矢部3-14-10


ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤

 〇046-804-1480 まで
 〇hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、
良くしたい、教わりたい 場面でどういう考えがそれを有効にしていくか
と言うのにとても効果的です。

https://www.google.com/maps/place/35%C2%B014'22.7%22N+139%C2%B040'30.3%22E/@35.2396434,139.6729063,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.239639!4d139.675095?hl=ja

 ✋スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


✋待望の週末 開催です✋



告知🌸第5回 スイング大改造セミナー開催



IMG_0520_Slomo_Moment


👉来る5月25日(土) 午後3時頃 より


👉
場所:ハミングバード 横須賀店:大矢部3-14-10


ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤

 〇046-804-1480 まで
 〇hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、
良くしたい、教わりたい 場面でどういう考えがそれを有効にしていくか
と言うのにとても効果的です。

https://www.google.com/maps/place/35%C2%B014'22.7%22N+139%C2%B040'30.3%22E/@35.2396434,139.6729063,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.239639!4d139.675095?hl=ja

 ✋スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。




一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当

a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ