◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: オーダーメイドゴルフクラブ


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



その後、2回のラウンド機会を得、投入しました。

ラウンド的には #2#3 となります。

IMG_0619
写真一番左(テフロンブラック)が 旧型になります

#2 ラウンド

ベントのポテトチップスグリーン。

 

県の シニア・レディース 大会を 2日後に控えた

 とても 速く 転がりも 良い グリーン。

 

大会を控えているので、

ピン位置は グリーンがあまり踏まれ無いことを考慮してからか、

一番手前が多く、そして 奥か 左右の端っこ。

 

従って 傾斜がキツい。

 

上からは 超早く、下からは 打たなきゃならず、

横からは 曲がりまくり。

 

結果は 32パット。

 IMG_0613IMG_0612









3パットは 一回。

これは、仕方無い 状況でした。

G2 初めて見た同伴競技者は、

「あんなに ゆっくり打って 何故 届く?」

と 最初から最後まで 言われており、混乱しておりました。

 

 

 

#3 ラウンド

#1 ラウンドと同じ 芝目・傾斜のキツい 高麗。

IMG_0614

エアレーション後は 小さくなっているけど、

ある程度の ボコボコ で、芝が育って来たので

 #1 より 止まりぎわ で 突然曲がる。

ダルビッシュ投手の 高速スライダーです。

真っ直ぐ転がり 止まりぎわで 極端に曲がる。

 

結果はスリーパット2回の32パット。

スリーパットは 逆目の15m 程のパットを打ち損じて

 かなりショートしたものです。

IMG_0618

7000y 越えの フルバックティ使用だったので、

長い、外からの パッティングもありましたが、問題無し。

 

グリーン ボコボコでも パッティングに負荷無し。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 L型ブリストルパターG2 NEWバージョン 販売開始 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

先週 「G2」 の突然の到着。いや 襲来!

チョット長めの 超重めの グニャグニャ 。

G2  spec     550g (ヘッド重量 )131cpm

IMG_0612

現在 25悶絶クラブ(ドライバー 120cpm 流し)を使っているし

 以前は 105cpmのドライバーを使っていた 自分なので、

柔らかさへの耐性は持ち合わせているとの自負がありますが、

この 「G2」 は・・・


G2 (ヘッド)550g  131cpm

ファットB   530g    140cpm(推定)

進化版       482g    146cpm

IMG_0619

本日 G2、ファットB、進化版 を 持って コースへ!

コースは 芝目がキツく 傾斜も大きい 高麗グリーンの ホームコース。

今年は 芝の育ちが悪いらしく、5月中旬なれど

マダラに育っていて しかも エアレーション後が

 クッキリ残っていて ボールは 飛び跳ねながら

 反復横跳びして 転がる? 様な 状況。

スティンプメーターは 8.5 の表示。


パターを試す様な コンディションでは無いのかなぁ〜〜〜

  と思いながら、練習グリーンで 20歩程度の 登りの逆目を

 進化版、ファットBG2 の順番で 打ってみました。

IMG_0614
L型ブリストルパターG2 NEWバージョン 販売開始 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

最初は 進化版。3球打つ。

使い慣れておりますから 、

一発目から ジャストタッチで距離ピッタリ。いつも通り。


次は ファットB 3球打つ。 これも いつも通り。

どちらも いい感じ。


最後は G2 3球打つ。

 30cm ほど オーバー。

そして 打感が全く違う。

打感を感じないと言うのか 感じる打感が小さい。

重いからか柔らかいからか それとも重心が高いから???

兎に角 30cm ほどオーバーで 気持ちよく 距離が打てています。

また、「打ち出し直後に ボールが跳ねない」 様に感じる。


進化版に戻り 3球打つ。打感を大きく感じる。若干 ショート。

ファットB 3球。これも 打感を感じる。若干ショート。

G2 3球。距離 良し!

IMG_0520

これを 数回繰り返して、G2 でのラウンド開始。

パッティングの結果は スリーパット 無し。

40パットやむなし の悪条件でありながら 31パットは 出来過ぎでした。


G2 は 距離が打てる 性能がすごい と思います。

素人の自分は いつも キチンと打てている訳では無く、

寧ろ ミスヒットの連続だと思うのですが

 G2 がこれを助けてくれている。

ですから グリップは ゆるっと握って

 バックスインしたら 何もしない的に 打ってやれば

 所望の距離が打てる。パンチの入る 余地の無い パターだと思いました。


飛び跳ねながら 反復横跳びする様な

グリーンコンディションにありながら、

所望の距離が打てたのかの要因を考えてみると、

「打ち出し直後にボールが跳ねない」様に感じることが

関係しているのでは無いでしょうか?


こりゃぁ〜〜〜  困ったなぁ〜〜〜

ファットB リシャフトして・・・  うぅ〜〜〜ん


ーーーーー詳細ーーーーー


3m 逆目へ打ち出すフックライン  ピンの向こう側が下っているのが読めず プロラインに外れて 15m オーバー   返しは 真っ直ぐ狙って ナイスイン


1.3m の逆目の登り  真っ直ぐ狙ってナイスイン

 

➂2m のかなりの下りのスライスライン   距離ピッタリ  そして タップイン

 

4m の下り 順目の若干のフックライン  ナイスイン

 

3m の下りのフックライン  距離を合わせて そして タップイン

 

➅5m の 上って下る フックライン  プロラインに外れ 1.5mオーバー  返しは真っ直ぐ狙ってナイスイン

 

2m の上り 逆目   どっちに曲がるのか解らないので 真っ直ぐ狙って ナイスイン

 

7m の 下りで 逆目へ打ち出していく かなり大きなスライスライン
  打てず 2m ショート  次は チョットスライスに狙って
 チョット大きかったけど カップに飛び込んで ナイスイン

 

2m で 打ち出しは逆目で 傾斜はスライス の ちょっと厄介なライン
   カップ左側を狙ってナイスイン

 

3m 下りだけど 逆目&傾斜の上方向へ 打っていかなければならない
かなりの方がショートしてしまう フックライン  保険をかけて 右へ打ち出して 距離ピッタリ  そして タップイン

 

5m 左から目と傾斜が来て 上から傾斜が来ている どちらに曲がるか解らないライン
  真っ直ぐ狙って 距離ピッタリ  そしてタップイン

 

2m  順目の下りで スライスライン   左側を狙い過ぎて 1m オーバー  返しはナイスイン

 

3m 上りのかなりの逆目のフックライン  10cm ショート  タップイン

 

3m 左から傾斜を目が来ていて 上りで 曲がりと距離感が掴みにくいライン  距離ピッタリ  そしてタップイン

 

1m 順目の下りから最後が上るスライスライン  ナイスイン

 

3m 右から芝目  左から傾斜 の 上り   真っ直ぐ狙って 1m オーバー  返しを入れてナイスイン

 

5m 逆目の上り カップ付近は傾斜によるスライスライン 

少し弱かったのか カップ間際で 徐々に右へキレて行き 外れたぁ〜〜〜 と思ったら 最後のひと転がりでナイスイン

 

7m  超逆目の上り 距離ピッタリ そしてナイスイン   

 

  😊😊楽しくパッティング出来ました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 ベーシックなモノは クロームサテン(銀)です。
 ◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 ◉テフロンブラック(墨黒)
 ◉カッパー(ピンク、経年でくすむと思います)
 ◉ダークカッパー(チョコレート) はオプションになります。
006
どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。


✋一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当
IMG_0517
これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0520
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼



Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)
IMG_0568
Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。
IMG_0571
 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。
IMG_0567
 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ライ角度を 71度から 70.5度  0.5度フラットに
〇スタンダード仕上げ を クロムサテン(銀)
  従来のアイアンなどのサテンよりも目の細かいサテン仕上げで
  今までよりも ちょっと 青白っぽい感じです。
IMG_0524IMG_0526IMG_0529

















◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 テフロンブラック(墨黒)
 カッパー(ピンク)
 ダークカッパー(チョコレート)は オプションになります。
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度⇒ 70.5度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。

   

〇デザイン・シルエットについては 随時、ブログにてお見せする予定です。

 何か リクエスト・アイディア・提案等ございましたら お知らせください。

 最終的には 私・野澤がデザインを決定いたしますが、

 多くの提案等お受けしたいと思っております。


〇価格はおそらく、ですが、10月頃に確定するかと思います。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。

   

〇デザイン・シルエットについては 随時、ブログにてお見せする予定です。

 何か リクエスト・アイディア・提案等ございましたら お知らせください。

 最終的には 私・野澤がデザインを決定いたしますが、

 多くの提案等お受けしたいと思っております。


〇価格はおそらく、ですが、10月頃に確定するかと思います。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。

   

〇デザイン・シルエットについては 随時、ブログにてお見せする予定です。

 何か リクエスト・アイディア・提案等ございましたら お知らせください。

 最終的には 私・野澤がデザインを決定いたしますが、

 多くの提案等お受けしたいと思っております。


〇価格はおそらく、ですが、10月頃に確定するかと思います。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


試打で L型『ブリストル』/ピン型『デール9』
2本を貸し出している お客様への返信です。

当初は なじみ深いピン型の『デール9』で進んでいましたが、
馴染む程 L型ブリストル も捨てがたい…と迷っておられる 現在です。

ー・ー・ー・ー・ー・−


お世話になっております。

IMG_0126

L型『ブリストル』

ピン型『デール』

IMG_0129

思いっきり手前味噌ですが、どちらも良いパターだと思います

迷って頂けるとは
 デザイナー冥利に尽きる と言ったトコロでしょうか。

パッティングに悩んでいたとお聞きしましたが、
パッティングが楽しくなるのではないでしょうか

 

(返送してしまいました

一応 説明はさせて頂きますが、

試打パターは特に急いでいませんので、

返送していないようでしたら、決まるまでお試し下さい。

 

☆参考までに…ですが、パターの場合、

大切な点は 入るか/入らないか ではなく、

〇打ちたいと思った距離がちゃんと打てるか

〇迷いなく構えられるか、
 時間をかけずストロークに入れるか、

 だと思います。

  ゆっくりとお試し下さい。

IMG_0032 (2)

L型『ブリストル』は基本、アイアン、
0番アイアンをイメージしてデザインしています。

カタチに癖が少ないので 
構えやすさ、アバウトな感じを強調しています。
テークアウェイ、初動の動かし易さは
 このパターを超えるモノは無いのでは✊と自負しています。


仰る通り、グリーン周りなどから
使われるチッパー的な要素が入っています。

通常でのパターでは成し得ない超高重心設計ですので
 ロフトを立てて打つ(ハンドファースト)には適しています。


通常のパターは スクープソール/デントソールと言いまして、
 フェース部より奥側に傾いていますが、

このL型パターは 1度ですが、バンス角度を採用しています。
(パターにバンス って😬😬😬)

それも アプローチに適している要素
デザイナーとしては意図していますが)なのかも知れません。

IMG_0031 (2)
ピン型(520g)より重量は軽め(480g)ですが、
その高重心が転がりの良さを生みます。


一方、ピン型『デール9』はショート・ミドルパットを重視しています。


通常のピンのネック部、クランクネックと言いますが、それを避け

すっきりした 大事なショートパットに集中して頂くデザイン です。
 デザインとしては 真っ直ぐ引いて-真っ直ぐ出す の
 イメージを強調しています。 
そう言うストロークの方向き❓

IMG_1362
ネック部をルールギリギリ(セーフです)まで長くして
ピン型としては 高重心にしましたが、

L型よりは低い重心になりますので

ロフトは1度こちらの方が立っています。

 

重量はピン型の方が重め ですが、重心距離が短い分、

L型と併用されても違和感は無いと思います。(計算済みです)

IMG_1363

お客様の中には 両方をバッグに入れられている方もいらっしゃいます^^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋✋✋新しい仕上げ あります。
 ダークカッパー(銅メッキ) チョコレート色になります。

IMG_0126
(茲ら テフロンブラック、Wニッケル、クロムサテン、ダークカッパー)
 おそらく…ですが、使ってくると
 角、エッジ部分がピンク色(銅色)になってくるか、と思います。
IMG_0125
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。

一番問題なのは
『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量
(ヘッド重量 310g程度)ですが
 市販のパターの硬さは 振動数で言うと 320cpm以上
.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のウッド用シャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.の硬さに該当します
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.相当
a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 仕上がりは
 改良の回数、仕様によって 決まります。

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 仕上がりは
 改良の回数、仕様によって 決まります。

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「店長の考える良いパターってどんな感じなんですか❓」

店長「幾つかありますけれど
 まずは 距離感が合い易い、
 自分の想い描いた距離が実現できるコトは
 大きいんじゃないか と思います。」
IMG_0128

質問「確かにね。」

店長「ソコの部分は パターヘッドの重さ と
 シャフトの硬さ もかなり起因しているので
 市販のパターしか打ったことのない方には
 イメージがし難い かも知れません。

 形状、見た目の要素としては
 動かしだし易さ、テークアウェイの引き易さ
 と言うのはとても大きい と思います。

 現在のパターヘッド、その形状の流行りは
 やたらめったら 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 なんですけれど
 それを意識する余り 距離感を忘れてしまっては
 元も子もアリマセンし、
 その形状が 動かし難さ を生んでしまって
 挙句 イップスになるような 形状が多い気がします。」
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n

質問「分かります…。」

店長「パターストロークって
 真っ直ぐ引く よりも
 気持ち ほんの少し インと言うか
 真っ直ぐなんだけど 自分に近い方に『引く』
 方が自然なんだと感じるんですね。

 真っ直ぐなんだけど ほんの少しだけイン。」

質問「インサイドアウト❓ですか。」


店長「イヤ そこまで極端では無いんですが
 傍目からは真っ直ぐ引いているように見えるけど
 心の中では 少しだけ 自分に近づくような‥
 そんな感じ。
IMG_1412

 今のマレットやピンタイプだと
 サイトラインも入っていますし、
 形状も直線で構成されているモノが多いですから
 本当に、機械的な真っすぐを強要しているような…。

 特にマレットタイプの場合、
 ネックやシャフトの入りなどの影響もあって
 インに引くことを嫌がる形状が多いんですね。

 真っ直ぐ引きことは悪いコトではないけれど
 マレットのように 重心が深い、
 つまり 打撃のイメージであるフェースと距離差、位置差
 がある場合だと、重心点にかかる遠心力や負荷によって
 外にあがったり、フェースの向きが変わってしまったり と
 機能的には 真っ直ぐ引かせるコトを嫌がる要素があるんです。」

質問「ああ だから ループし易いのかな❓」

店長「ありますね。
 真っ直ぐ引こうとする、
 重心は外に膨らもうとする、
 もしくは フェースが左を向こうとするので
 それを修正するため インループする、
 …特に市販のヘッドは軽いですから そうなり易い。

 そう言う意味で ヘッドの形状もそうですけれど
 ネック廻り、シャフトの入り なんかが
 自然に、ごく自然に引き易さを生む
 引くガイドになると言うか、
 迷いを生まない形状が良いパターヘッドだと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 仕上がりは
 改良の回数、仕様によって 決まります。

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

そして ケンズチャンプをリシャフトの主軸 にしました。

今までは お客様指定のシャフトの、指定の硬さ で
 リシャフトしていたんですが、
 ケンズチャンプを主軸にしてからは 一応、ご希望は伺い、
 スイングを見て、行けるところまで「柔らかい」モノを選択。 
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)

ヘッドスピード50msを楽々超える人
 であっても ほどほど「柔らかい」スペックがとても有効✋
✋ヘッドスピードの速い人や
練習頻度、量の多い人は
肘や手首(特に左側ですね)を傷める、痛めている人が
多かったのですが、柔らかシャフトにすると
 それが短い時間で解決します。


そうなると 欲が出ますよね、
 私にも、お客様にも。
🤗もっと柔らかいシャフトが有れば もっと飛ぶんじゃないかと…。

ケンズチャンプのレディースを
 45インチ ヘッド重量200g に装着すると
 硬さは 230cpmを切る位…当時では異例の柔らかさ…ですが

✋✋✋2022年現在 45in ヘッド重量200g 振動数230cpm
 が 標準的な Sシャフトのドライバー になってます。


GC2_1600x900


それを下回るようなシャフトを 手あたり次第、テストしました。

女性も含め
 アマチュアゴルファーに美味しい「柔らかさのシャフト」帯に
 あまり多くの種類はないんですね。今も、昔も…。

499ef150
シャフトの硬さ選定、
そして 硬さの基準そのもの
今もゴルフ業界、用品界の大きな問題です。

ウッドシャフトの場合、
対になる アイアンシャフトとの兼ね合いも否めません。
当時は グラファイトの柔らかめ のアイアンシャフト も
出始めていました。今はあきらめ気味になりましたが、
アイアンシャフトをグラファイト化に‼
 誘導したかったんだと思います。


とは言うモノの、ゴルフ業界にとって『
 声の大きい人、意見を発する人は
 だいたいの場合
.僖錙爾里△襦▲悒奪疋好圈璽匹旅發ぁ
⊂ないスコアで回る人 ですが………
 その 発信者 の割合は実はとても少ないのです…。

 例えば、ですが、
 一般論で言われている 成人男性のヘッドスピード は
 42ms位と言われていますが、かなり お上手、が入っている数値です。
 本当に 42ms あれば かなりのハードヒッター です。

 日本のゴルファー全員を計測したわけではないので
 推測に過ぎませんが、30歳〜85歳 までの成人男性ゴルファー、
 (年齢で言うと 平均は 63.4歳位だと思います…)
 実ヘッドスピードの平均値は 37ms位 だと思います。
   (37ms 以下 の可能性も多分にあります)
 50歳以上で 37msあれば かなり飛ばせる方に属します。
スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)

よく言われる その平均(願望)値 42ms を含め
それ以上の人は 全体の2割いるか、いないか、でしょう。
ですが その2割いるか、いないか の人は声が大きい。
夢中になっている人も多いから…
 お金もより多く使うから… もあるのかも知れませんが
ゴルフ用品の多くは その人たち向け です。
また ちょっと困ったコトに
ゴルフメーカーは その2割以下の方達に
受けることに大変敏感です🙄🙄🙄

本当は ヘッドスピード 37ms しかないのに
 願望も含め 無理して 42ms向け、それ以上のスペックを使えば
 無理して、余計なことをして 使わざるを得ません。

特に 個性的でない、フェースローテーションが意識の中にある
 ごく平均的なスイング、ごく普通のヘッドスピード、体力、で
 シャフトの硬さ(振動数) 150cpm を使っても
 なんら問題がない、もしくは、より楽に飛んだりするのに、
 知らないとは言え、
 250cpm、振動数100cpm フレックスで10個も硬いシャフトを使えば
 シャフトをしならせて、しなり戻して という
 必要のないコトが「必要」になってしまう のは当然帰結でしょう。

ゴルフ業界全体が 体力に応じたスペック を
 背伸びして設定しています。
  願望…は分かるのですが
 (ま 商売上、その願望をセールストークにし易いのですが)
 そこで さらに各個人が、背伸びしてクラブを選んでしまう、
 その二重の背伸びが
  実は ゴルフの悩み、スイングの悩み の 始まり
 の 可能性は非常に大きい と思います。

だいたいの場合、クラブやシャフトを選ぶ基準は
 適正 ではなく、 願望 なのです。
IMG_0030

話しは元に戻りますが、
求め続けた 美味しい柔らかさのシャフト の中で
抜群な性能だったのが フジクラのブラックスピーダー468 です。

 ちなみに ですが、
 フジクラのスピーダーの番号 の最後の桁 は
 それが リリースされた年号 です。
 ですので ブラックスピーダー468は 1998年、
 スピーダー757 は 1997年
 スピーダー569 は 1999年
 スピーダー661 は 2001年 です。

ブラックスピーダーは通常の硬さ表記ではなく F0.F1.F2.F3.
 と言う表記で F0 で上記状態のクラブ(45/200g) で
 230cpm と 同じ振動数 ですが、
 べらぼうに硬くて 使える人がいません。
 ヘッドスピード が 60ms近い人 であっても かなり辛い とのコト。

ブラックスピーダーに限らず、この頃のフジクラのシャフトは
 実験も兼ねていて、全域に合成の高い繊維でハニカムを入れていました。
 スピーダーは その名の通り 「復元の速い」シャフトですが、
 その意味は シャフトのしなり、たわみの復元ではなく、
 シャフトの形状の円形の歪みの「復元の速さ」で
 それが「速い」と 人間の感覚でしなりを感じる前に復元してしまいます。
IMG_0032

 ごく普通の感覚であれば F2  振動数210cpm あたり です。
 飛距離重視の人であれば F3  振動数200cpm じゃないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の続き になります

振動数二桁 のドライバー のデータを取ってみました。

ちょっと失敗したなぁ と思ったのは
ヘッドがどれ位垂れるか、
シャフトがどの位しなるか、
重心位置と動きはどうか、
 などを確認する為、目立つように
共栄ゴルフ Vega RAD-04 の赤いヘッドを
使っちゃったんですね。

そんなにハイスピンタイプではなく ミドルスピン
って感じですが、今どきのロースピンタイプと比べると
やはり ちょっと微妙にスピンが多いかな…
 って思いました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s
4人のテスターのデータを見ると
距離とすると ごくごく普通。
シャフトを造る際、何はともあれ 二桁 を
造りたかったので 壊れない、安全重視 にしました。
通常、シャフトには使用しない高級なシート(グラファイト)
も使いましたが 『飛び』に特化している、
と言う感じではありません。


 こんだけ柔らかくて、しなりますから
 最大飛距離が伸びる、飛ぶ、
 一発が出る✊ と予想しますよね。
 そして、その分 ボールはばらつく… と。
 

ところが、結果は驚き、と言うか
チョット予想外で
長尺-46in、重量ヘッド226g
というコトを考えると 飛距離は普通過ぎて
各人の使っている マイドライバー、
自前のドライバーと大体同じ。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
そして 兎も角、安定度が高い✋
弾道、着弾点、方向 どれもが
 非常にまとまります。
意外ですよね🙄


切り返しで大きくたわみます。
ですので その切り返しの感じ、
出来るだけ 大きくたわませないよう、
しなりのギャップを造らないよう振る、
そう使うと 安定するのかな❓
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s

振動数二桁 97cpm😊😊😊
場合によっては 普通の人の
3分の一の硬さ、振動数なのに
ものすごく安定する ってのはとっても面白い。

私も含めて 誰も想像してなかったんじゃないですかね🤓🤓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットやスイングの悩みは
あるクラブセットの中に、新たに一本違ったものを
入れた時に起こり易くなります。
まあ よくあるパターンでは
アイアンセットがPWまで…とか、
アプローチが上手く行かないから
ウエッヂだけ別なモノを…、入れたとします。

おそらく ウエッヂだけを変える場合、
多くはバンスの少ないウエッヂを買います。
ロフトを寝かして、開いて打ってスピンをかける
なんていう事を考えたりしますから
単品では そのウエッヂは功を奏する…かも知れません。

思いますが、ロフトを寝かして開いて打つ感覚は
他のショットに当然影響
 を与えるでしょう。
それによって ドライバーが飛ばなくなって来たりします。
まさか!の展開ですから、理由は見えないでしょう。

IMG_0630

ウエッジ単品のモノは
 総じて 『ウエッジだから』 と言う理由で
シャフトが重くなっているモノが多いでしょう。
✋ウエッジだから シャフトが重くなる は悪いコト ではありません。
その多くがスチールシャフトですが、
 スチールシャフトは単一素材で作られている為、その性質上、
カーボン(グラファイト)シャフトとは異なり、
シャフトが重くなる、素材の量の増える、シャフトの厚みが増える、
 は シャフトが硬くなる
 に直結します。

フルショットで使用するコトの少ない、
中途な距離感のショットを多用する ウエッヂのシャフトが硬い のは
 かなり問題です。

シャフトの機能、を勘違いしている人が多いですが、
シャフトの機能は 「ヘッドを」動かすコト ではなく
✋『グリップ』、手元側を動かすコト です。
硬いシャフトは その手元を動かす、誘導、誘発するチカラが薄いため
グリップが下がり切らなかったり、左に誘導され難くなります。
故に 硬いシャフトの方が ボールに届き難くなります。

***自分で試せば 直ぐに判ります。

ボールに届きにくいので 中途な距離を緩く振ろう と思っても
それでは届かない(トップ〜チョロ) になるので
最後、インパクト付近で加速することになります。

また 出来るだけゆったり振ろう としても
それでは届かなかったり、距離が足らなかったり し易い ので
どうしても強く振るコト になります。

打つ距離と振る感じの統一感が付き難くなるのです。
アプローチショット 現場にて_Moment
●アプローチをそこそこ強く振らなくてはならない と
●中途な距離感を打つ
を両立するには 上げる球=ロブショットのようなアプローチ が
必要になるので、ある意味、クラブに球筋を決められてしまっている
のかもしれません。


アプローチショットやグリーン周りの寄せ は
上げる球、転がす球 とその場面に応じて
適切なモノが必要となりますが、
上げる球 は その中でも 特殊な球に属します。
危険度 と 距離感の難易度が高い から です。
出来れば 選択しない方がよい、
それ以外の選択が無い場合に選ぶショットです。

アプローチの環境が判別する前 の時点で
クラブの性質によって その球を選ばせられる は
あまりよろしくないでしょう。

ウエッヂのシャフトは アイアンセットの流れ よりも
ほのかに(微妙に)柔らかく、ヘッドも重い方が
他のショットのへの影響も少なくなりますし、
アプローチでの楽さが上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Pin型デール9/L型ブリストルパターの最大の特徴は
そのヘッド重量にあります。
市販の平均的なパターのヘッド重量は300〜330
 Pin型デール9の  ヘッド重量は520g
L型ブリストルパターの
ヘッド重量は480
749d4652

このヘッド重量を活かすのには...
まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね

パターヘッドを真っ直ぐ動かす
という事を勘違いしないことだと思います。

ショットやアプローチも同じですが、
一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です
一定した距離を打ち続ける
という事の基本は 同じロフトで打てるようにする
という事です。
IMG_0129
パターストロークでいうところ
アドレスした目線(上から)で パターヘッドを
真っ直ぐ動かすことが重要ではありません。

IMG_0130

このラインから見た時
パターが「出来るだけ」真っ直ぐ
まあ やや斜め上からのラインになる感じですが
この パターヘッドを横から見たラインで
出来るだけ「円」を描かないように
パターヘッドを動かすことが肝心です。

それをするために
第2のこのパターの特徴を利用するべきです。
このパターは市販の平均的なパターに比べると
異様に「シャフトが柔らかく」なっています。
スチールの装着された市販のパターの平均的シャフトの硬さは
 振動数300cpm オーバーです。
Pin型デール9・L型ブリストルの振動数は 170cp170cpm以下 です。
bf312f18

多くのゴルファーが勘違いしている
シャフトのしなりでヘッドを弾く(ボールを弾く)
と言う使い方では このシャフトの柔らかさは
より弾きやすく、同時にヘッドがより円を描きやすく
ロフトが一定して打つことがし難くなります。

ゴルフクラブの使い方の基本は
グリップを移動させることです。
そして その結果、でヘッドを移動させる ことです。
シャフトの役割は ヘッドの重さ、その形状によって
グリップを動かすことにあります。
L字パター修正図面 (002)

ヘッドの重さでグリップを動かす
ヘッドを出来るだけ地面に平行、もしくは
横から見たヘッドの状態で直線に動かす
と言う意識をすると
Pin型デール9・L型ブリストルパターの良さは発揮されると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


結構、こういう質問を頂くので
参考になるかと思い、記事にしてみます。



前提とした あるお客様(仮称 大谷翔平さん-60歳)
セットのオーダーを頂いています。

重いヘッド、柔らかいシャフトを通して
中高年でも体に負担なく、楽に飛ぶよう
スイングも変えたい、変わって欲しい と希望しています。

オーダーですので、長さ〜ロフトなどから
ヘッドの重量・仕上げなど 個別設定ですので
完成まで、お渡しするまでに、時間がかかります。
 😵お待たせしている方…申し訳ありません😵
IMG_0361
スイングも変えたい、レッスンもしたい というコトなので
練習用に お創りするであろうスペックに近い
試打クラブ(今回は 6IとSW 2本です)を
完成まで 貸し出し しています。

個別な悩み もありますが、
大概のケース、手でクラブを振ってしまっている、
からだのターンが活用されていない で
そう言う場合、
〇開いたロフト
〇緩い入射
〇疲労による筋力、握力の影響

 が問題になる訳ですが、
一般に ドライバーなどの長物 は
開いてしまっているロフト〜フェースを 返して
使いますので なんとか誤魔化せますが、
返して使わない ウエッジ などは
重いヘッド+柔らかいシャフト が
より よりヘッドを遅れ ロフトやフェースを開かせ
最下点が手前になる、ロフトがものすごく開く、
ダフリ、トップ、シャンク、くぐり抜け など
今の状態では上手く行きません。

フェースを返さない としても
ヘッドを出してしまう、
ボールの方に、下に、手でクラブを出してしまう場合、
重さが増している、開きが増している、為
より ヘッドを出さなければならず
よりダフリ、開き、
また ヘッドを出した時の重さの増し の影響で
本能的に からだを逃がす〜開いてしまったり
伸び上がったりも増えたりします。
〇クラブ扱いの良し悪しが一番表に出るのは
 ロフトの大きな ウエッジ です✊

アプローチショット 現場にて_Moment
その試打クラブをコースで使えば
その前後には 全く感じの違う
軽いヘッド・硬いシャフトを使っているから余計です。

弊社のゴルフクラブの最大の特徴は
重いヘッド〜柔らかいシャフトであることは確かですが、
もう一つの特徴は
クラブが ドライバーからパターまで
似た流れ、似た感じ、似たタイミングで使うコトの出来る

『セットの流れ』を持っているコトにもあります。

ですので その試打クラブ(この場合はSW)で
現状のクラブ扱いで上手く行かない…からと
(気持ちは理解出来るのですが…)
👉ウエッジはセットから外す は
セットソノモノの効果を薄めてしまう では無く
セットソノモノをより難しいモノにしてしまいます。

もしも ウエッジだけ 市販品の
軽いヘッド 硬いシャフト を使うとなると
ヘッド重量では   290 VS 380g
シャフトの硬さでは 330 VS 160cpm です。
まったく違う、別のスポーツの道具と言っても良い程離れています。

ウエッジ以外のクラブは 380g/160cpm
     ウエッジだけ 290g/330cpm
これをランダムの交互交互に使う訳です。

今、自分のクラブ扱いで 試打の悶絶ウエッジが上手く行かない
というのは予想の範疇ですが、
ウエッジ以外悶絶クラブ、ウエッジだけ市販品、
これも 試打クラブ以上に上手く行かないのは保証します。
そして 今よりも 悩みは複雑化し、
年齢からすると どこかを傷める可能性も非常に高いでしょう。



また、クラブ扱いの鏡 である ウエッジ(ロフトの大きなモノ)
今の扱いで上手く行かない・・・
✅スイング・クラブ扱いを変えたい❓ のか
✅今のクラブ扱いを続けていくのか❓❓
 (スイングは変えたくない と言う意味になります)
曖昧な未来になる可能性があります。

弊社の持論(コンセプト)ですが
『スイングはクラブでしか変わりません』
👉その際たる例が ウエッジ(ロフトの大きなモノ)です。

重いヘッドの、シャフトの柔らかいウエッジ は
クラブをちゃんと扱えるようになると
スピン効果も高いですし、
ラフやバンカーにも飛び切り強いです。
また ヘッドの慣性モーメントも非常に高いので
小さなミスが ミスになり難く、
非常に似たような球、弾道を打ち続けるのが
軽いヘッド・硬いシャフトのモノに比べると容易です。
【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1
クラブで、スイングで悩んでいる限り、
最後までお付き合いしますので
目先の結果ではなく、もう少し長い未来のコトを想像、
妄想しながら 悶絶クラブを楽しんで頂けると幸いです。
                     店長
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「お借りしていましたドライバー
 を本日コースで打ってきました。

 ドライバーと共にFW7Iも使わせて頂きました。

358101-1

 ドライバーですが最初にメッセージいただきました通り
 練習のボールでは今まで使用しておりましたドライバーに比べて
 球の高さはかなり低くなりました。

 コースの使用においても球は以前より低くなりました。
 低スピンでドロップしてしまうほどではなかったですが
 私の打ち方や技量、ヘッドスピードではもう少しロフトがある方が
 飛距離は伸びるのかな?と思いました。

(総飛距離が今までより落ちた感じではございませんでした)

 

 左右の曲がりに関してはほぼストレート

 右へは一度も出ず左へのチーピンが一発
 (これは単純なミスショットでした)

 コース初使用としてはとても満足な感じでした!

 ありがとうございます。

 

 今日はFWを使う機会も多かったのですが
 ドライバーからの流れがよくこちらもミスらしいミスはありませんでした。

 ドライバーからのセカンドショットが7番アイアンも非常に良かったです。

 その分今まで使っていた軽ヘッド硬シャフトでは
 違和感を覚えてしまう有り様でした。笑

 

 重いヘッドに柔らかいシャフトなので
 身体を使ってスイングができ、
 しっかりフィニッシュがバランスよく取れ何より、
 前回お借りした時も感じたのですが身体への衝撃が少なく
 本日もいいスコアで回れました。
 セットが揃うのが楽しみです。

 

 ドライバーからパターまでの流れが大事なんだな
 と痛感いたしました。

 
 長くなりましたがお借りしたドライバーのレポートでした。




ゴルフバッグの中に
ドライバー
フェアウェイウッドの何とナニ、
IMG_0591ユーティリティが何本、何番、
アイアン、
最近ではストロングロフトのモノも少なくないですから
7番からと言うのも少なくありません。
そして、そう言う構成だと
 ウエッジが4本、場合によっては5本なんてコトも
 珍しくはないですが、

それは クラブの「構成」であって
本当の意味での『セッティング』では無く
言葉遊びのようですが
 『セッティング』の為の土台 と言えます。

ドライバーから 出来ればパターまでが
同じ、もしくは似たような流れにあった方が
ショットの安定性や確率は かなり良くなりますし、
ミスや悩みなどが 自分のせいなのか、
クラブのセッティングの『ズレ』によるものなのか、
混乱し易くなります。

また 若い時、自分の運動性能が高い時は
自分で補えますけれど、
私達の年齢(50歳オーバー)ですと
疲れてきた時やコンディションの良くない時、
セッティングのバラつき ミスショットなどに
顕著に出てしまうコトが
断然、増えてきます。

『セッティングの流れ』の基本は
シャフトの硬さ弊社では柔らかさ…ですが)です。
これは 間違いなく 断言できます。
スクリーンショット 2023-03-01 213224

一般的には シャフトの重量など
あまり 比較する為の対象データが多くないので
そう言うトコロに行き着いてしまうのだと思いますが、
正直、シャフトの重さ は イコール
『人間が感じる、使ってみた時の重さ』ではありませんし、
シャフトの重さ~重量には かならず シャフトの硬さの変化
が付いて回るので 実際には その「付録」の方が肝心なのです。

シャフトの硬さ は 勿論、タイミングを形成する
大きな要素 ですし、
実際に人間が感じる クラブの重さ にも直結します。
硬い〜柔らかい に対応するには
ボールの位置を変えたり… など
実際には ほとんどのゴルファーがなにがしかの対応・対処を
しているのも 一つの答え なのではないかと思います。

シャフトの柔らかさが ちゃんと流れている、
バッグの中にある セットの『シャフトの柔らかさ』が整っている、
 本当の意味でのセッティングで 一番肝心な部分 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ