◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: オーダーメイドゴルフクラブ



弊社、ハミングバードは
重たいヘッド(市販品アイアン 240g ⇒ 300g)
柔らかいシャフト(市販品アイアン 290cpm ⇒ 170cpm)

という 俗称『悶絶クラブ』が売り なのは確か、ですが
重要なポイントは クラブセッティング でもあります。
 …セットの流れ ですね。
IMG_0103

今日も相談を受けた訳ですが
その悩みの始まり は ドライバー です。

現在の一般的な ドライバーとアイアン は
硬さ SR基準で言うと
ドライバー  硬さ-振動数 240~250cpm それ以下の場合もあります
5番アイアン 硬さ-振動数 300~320cpm それ以上の場合もあります

その上、ヘッドの大きさが異なり
ドライバー…重心距離 40mmオーバー/おそらく42mm
アイアン……重心距離 33~36mm
  。。。感覚として、数値として同じ重量でも
     重心距離の短いモノほど、軽く感じます△

シャフトが長く、アイアンに比べ 遥かに柔らかい 重心距離の長いドライバー
シャフトが短く、ドライバーに比べ 遥かに硬い 重心距離の短いアイアン

ごく一般的な、ヘッドスピード相応のセットであれば
ドライバーとアイアンの硬さの差は 4フレックス近くあります。

ドライバー基準(R)にすれば アイアンは XX の硬さ
アイアン基準(R)にすれば  ドライバーは L以下の柔らかさ。

これを交互に使う訳です。
冷静に、客観的に見れば 上手く行く方が不思議 な程の差です。
。。。ボールの置き位置にも かなりの違いが出そうな差 ですね



例えば アイアンをセッティングした としましょう。
ヘッドの番手間の重さの差
半インチ短くなることを前提にした
 番手間のヘッド重量の推移は 7〜8g です。
これに 仮に 振動数/硬さ 250cpm のシャフトを組む とします。
そうすると 5番アイアンを皮切りに
6番…7番… と 重くなる分、短くなる分
 250 > 255 > 260 > 265 > 270cpm……と
 振動数はある一定の割合で増えていきます

ですので 250cpmの5番 に対して
8番アイアンは 一インチ半短くなる分
数値、としては 265cpm 位が適当、
数値は異なりますが、似た感じ、似たタイミングで打てる「流れ」です。

5番 250cpm(硬さ/振動数)
6番 255
7番 260
8番 300
  …流れでは265の筈
9番 270
PW 275

とこらが 8番アイアンだけ セッティングミスし、
 振動数 300cpm で仕上がったとしましょう。
硬さ で言うと R と X  の差位
8番アイアンだけ 硬く仕上がってしまいました。
    かなり大きな差 ですね・・・。

車 で言うと タイヤ 4本4か所の内、
1本一か所だけ まったくサイズの異なるモノ が
ハマっているような状態です。
車・・・であれば クレーム。。。以前の状態 と言えます。

ところが ゴルフクラブでは往々にしてこういうコトが起こります。

その8番アイアンを練習で常用していた、としたら
コースでアイアンショットはどうなるでしょう?
練習で打ち慣れている 8番アイアンよりも
4フレックスも柔らかい他の番手 上手く行くでしょうか?
その8番アイアンの練習は 本当に練習の意味を成すでしょうか?

一般的には Rの硬さのシャフト と Xの硬さのシャフト
これを交互に打つと
Rの硬さのシャフトが上手く打てていれば
 Xのシャフトは届かず、トップ気味、ひっかり気味、飛距離不足
Xの硬さのシャフトが上手く打てていれば
 Rのシャフトは届き過ぎ、ダフリ、てんぷら、飛距離増大

になりがちです。
そして それを更に混迷させるのが
打つのは機械でなく人間なので
そういうミスが出れば 修正が入りますから、
何球目か打てば、その逆の結果も生まれ易くなったりします。
スイング造りも兼ねていれば
 もうスイングが悪いのか、クラブが悪いのか
 訳が分からなくなるのは当然と言えます。
HBS 001

少なくとも 同じような硬さ、流れがある
クラブで交互に打つよりかは 困るコトが増える のは
想像出来るでしょう。



その同じことが ドライバーとアイアン の関係にあるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。



この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃
❸ 320g

✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
フェイスブックのアカウント復帰致しました

大変ご迷惑お掛け致しました。

以下の内容のダイレクトメッセージが
私名義のアカウントから送られます。
無視してください。
Desktop 2021.01.05 - 20.29.56.01_Moment


万が一 ビットキャッシュを購入してしまった場合、
決して‼ 絶対に 相手(どこの誰だか知りませんが)
には その番号 は教えず、ご自分でご使用ください。
なんと 人の良い同級生が5万円握りしめて
コンビニに向かい 店員さんに
「それ 詐欺だから 本人に確認して!」
との事例あり!!!
✋本人も日頃、なんでオレオレ詐欺引っかかるんだろ
と言っていたようですが…。
(騙される前だったので笑える話)
ちなみに 乗っ取り先は
 兵庫県芦屋市、もしくはそちらを経由して
ハッキングしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


なんと 人の良い同級生が5万円握りしめて
コンビニに向かい 店員さんに
「それ 詐欺だから 本人に確認して!」
との事例あり!!!



ハミングバード
及び
店主:野澤亨名 の
フェイスブックのアカウントが
誰かに乗っ取られてしまい
個別宛のメッセージを連発している(らしい)

✋おそらく 新手の詐欺(オレオレ詐欺的なモノ)



Desktop 2021.01.05 - 20.29.56.01_Moment

:::パスワードが変更されてしまい
   インが出来ず 詳細は確認出来ませんが…。

現在 対処中ですので しばらくの間、
弊社、もしくは 私からのフェイスブック の
メッセージ等 応答しないよう お願いいたします。


これがまた 手が込んでいて
パスワードを再設定し直せないように
常時、設定コードを打ち込んでいるらしいので
まだ しばらく時間かかります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



近日 販売開始予定 です(^^♪

 







✋おまけ1✋お正月なので
おめでたいカラー
(非売モデル) も(。◕ˇдˇ​◕。)/
カラー変更3 (002)

カラー変更2カラー変更1


















✋おまけ2✋ 他愛のない…コトですが、ヘッド重量のなせる技
 グリップが付いてないと 
自立 するんです。
IMG_1207IMG_1205
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします
店主







006


Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)

IMG_0568


Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。

IMG_0571


 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。

IMG_0567


 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ten06_kagami02_01

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

迎 春
8b2f3458d9a0f534019264dab269c168_l        令和03年 元旦








 あけまして おめでとうございます

  今年も 宜しくお願い致します


 ◆HummingBirdSporte Youtube
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




早速 SW ベアグラウンド 3y アプローチしました。

状況 以下のとおりです。

●ベアグラウンド からの SW 3y アプローチ

ゴルフボール 重量 46g

1.市販SW

ヘッド重量 300g 😵ひゃあああ(店主)

硬さ 350cpm 😵ひゃあああ(店主)

▲悶絶クラブのリフレッシュで 手元には 以下のクラブのみ。

 

2.手持ちSW

ヘッド重量 330g

硬さ  140cpm  市販SWとの差 なんと 21フレックス

 

ベアグラウンドから キャリー 3y  手持ちSW 打ってみました。

 

飛ばない。ボールが重い。ボールが浮かない。

これまで HBS16 SW ヘッド重量 380g 

打っていた感覚が残っているにしても  飛びません。

ボールがフェース上で滑っている感じもありました。

 

手持ちSW 鉛追加  40g

ヘッド重量  370g

硬さ  132cpm(推定)

 

おぉー

ボールが前に出ます。滑っている感じ 無し。潰している感  あり。

 

HBS16 間も無くリフレッシュから返って来るはず だったのですが、

横須賀総本山の お考えで 一週間の待ちぼうけ。

一週間なら いい方だぁ!  と思わないで下さい。

リフレッシュをお願いし クラブを送ったのは 2ケ月前なのです。

 



そして 今日。

 

HBS16  SW  

ヘッド重量 380g

硬さ  140cpm

シャフトは 新製品? ハイ 以前はこの中間領域に硬さが無かったので

 新しい繊維を加え リフレッシュしました(店主)

 

いつもの所から ベアグラウンド SW 3y キャリー 打ちました

素振り無し

ディッシュアングル キープからの スナップアングル キープで シャットフェース。脚で身体の向きを左へ!

 

ボール 浮きます。潰れます。ボールは DDHツアースペシャル  黒。

 

(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment

次に 40g  追加  打ちました。

飛ばない。ボールが重い。ボールが浮かない。

 

ダメだ。

もう このクラブではゴルフ出来ない。

 

ヘッド重量差は 10g

これが 大きく影響しているとは 思えません。

 

重量差 10gHBS16 の機能性能 及び newシャフトが こうさせていると 確信した次第です。

 

ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現場、コースでは ゴルフクラブ、
バッグに入っている パターを除く全てのクラブは
「任意」に一球一球持ち替えて 交互交互に打つコトになります。

ドライバーのOB打ち直しやアプローチの大きなミス以外
同じクラブを二球連続に打つコトは殆どありません。

cea9c3eaそう言う意味で すべてのクラブはある一定の流れ、
似たようなタイミングや感じで打てる共有の流れ、
が出来ているコトがとても大切です。




一般的に 自分のいつも使っている(例えばドライバー)硬さ
よりも 柔らかいモノ(振動数㉚cpm低いモノ)を打てば
正しくクラブが使えれば フック
手で振るタイプの人では スライスが出たり、てんぷらが出たりします。
✋シャフトが柔らかくなると スライスが出る と信じている人が大半ですが、
シャフトの使い方によっては その逆のケースもあります。
また、傾向として スライスが多く、頻繁に出れば
ゴルファーは当然、反応(予防)しますから
その逆の ひっかけ になったりもします。



30cpm硬さの違う、柔らかいモノ、硬いモノ
それをミスっても、ミスらなくても、
一球交互交互に打てば、前に打ったクラブの影響は当然、出ます。


お店で試し打ち をして頂く場合、
通常 お使いのモノよりも 硬いシャフト のクラブ
を打って頂くと… おそらく無意識だとは思いますが、
10球位で自然とボールは中、右打ちの人では右目 に
ズレていきます。
柔らかいシャフトではその反対です。
スイングのコトを意識しなくとも
軽めのヘッド重量や硬めのシャフトを打つと
トップの位置は深くなりますし、リズムも速くなります。


14,11,013225


一般的な 市販のクラブの組み合わせ では

ドライバー  セットの中で一番柔らかい
ウッド  ドライバーより硬く アイアンより柔らかい
ユーティリティ  ウッドより硬く アイアンより柔らかい
アイアン フレックスで言うと 3〜4フレックス分 ドライバーより硬い
ウエッジ アイアンより硬く セットの中で一番硬い

と言う組み合わせ ですので
展開として
短いサービスホールで
1.ドライバーが当たる
2.ウエッジの距離が残る
この状況では ウエッジのトップや引っかけの可能性は非常に高く
折角の サービスミドルが サービスミドルになりません。
硬いシャフトですので、どうしても強く振り気味
 になりますので なかなか距離感が上手く行きません。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

ロングホールでは
1.ドライバーが当たったと仮定し
2.フェアウェイやユーティリティを打つ場面では
 地面から打つクラブが ドライバーよりも硬いので
 ダフリやトップのミス どスライスの可能性も低くありません。


✋絶対に! 全員が! こうなる‼ と言うわけではありませんが、
100人のゴルファーが実験をすると
おそらく こういう平均値 になると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


他愛もない遊び してみました。

でも 数字のマジックに騙されないように。



ココに用意しましたる シャフトは
 新開発中のフジクラ製 70g台のアイアンシャフト
 (90g台シャフトも用意中‼)

 5番アイアン 320g 38インチ で
 (トルク4.5kg、色は今までよりも明るめのガンメタです)
 出来上がり振動数は 155〜165cpm 位 です。

☑5番アイアン用のシャフトの全長、
カットする前の、入荷してきた時のシャフト寸は955
 約95cmですね。

IMG_0871


この長さのまま
 約8gごとに重くなる #5(322g)から PW(362g)まで
どう 振動数の数値が変移していくのか 見てましょう。
(ヘッド、ホーゼルへの飲ませ寸 は1インチ 2.5cmとします)

まずは 弊社でアイアンシャフト検品用に使っている
 モデルヘッド 軽量 #3 236.2g では 振動数182cpm です。
    (悶絶ドライバーより軽いかも…)

#5 159cpm
#6 157
#7 155
#8 153
#9 151
PW  149


と数値は落ちていきますが、
単に 負荷が増えているだけで シャフトの硬さ/柔らかさ は同じ。
稼働域が大きくなっているに過ぎません。

ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713


これと同じことが 長さや重さ にも言え
45インチで 総重量300g を基準値 とすると
46インチで 総重量285g
44インチで 総重量315g と言う数値だけの変移は
重さの変化 というよりも その長さにする為のヘッドの重さの変化 で
どれが 軽いか、重いか に殆ど差ががありません。



まあ 私も業者ですが、メーカーは
上手に数値を宣伝に利用しますが、
ゴルフクラブの数値は それ単体 でなく
なにか 別のモノとも絡んでいますので
単体の数値に騙されないよう、注意が必要です。


002


良くあるパターンで
 軽量ドライバー と言うのがあります。
一般的には スイングウエイト と呼ばれるモノは
 C-7 あたりから D-1 ですが、
長さを変えて その数値を維持するのには
 1インチあたり ヘッド重量:12〜15g
長くする場合は軽く、短くする場合は重く
する必要があります。

ですので  45インチで300g の総重量を基準とすると
46インチでは 総重量285g
44インチでは 総重量315g

のモノは 同じ重さ と考えて良い というコトです。
ですので 長尺 46インチのドライバーで
 軽量クラブと言われているモノには、実は重量感 は
決して 軽量で無いモノも少なくないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドライバー に悩む人は多いです。445TL-6_00

ドライバー を選ぶ際、
 幾つか 覚えておく 方が良いです。



まず 長尺

 長尺の距離に対するメリット は
ウッドの流れを見ると 分かり易い ですが、
長いクラブほど 立ったロフト(少ないロフト)を
装着するコトが可能になる、
というコト です。
→長いクラブほど 入射 が緩くなるので
 ボールを上げ易くする と言う長さ特性

また 45インチを46インチ に
というコトは 同じスイングウエイトにこだわるなら
 ヘッドの重量は 12〜15g 軽くなるので
クラブそのものの打撃力・破壊力は 変わりません。

『長くなるから ヘッドスピードが速くなる』
だから 飛ぶ と信じている人が殆ど ですが、
1インチで 上がるヘッドスピードは 平均して 0.6ms
誤差範囲でしかありません。
正直、ミスも増えるので
 もしかすると 最大距離は"多少"伸びる?かも ですが
 平均飛距離は下がる可能性が秘めています。

『長くなり』 そのことによる入射が変わるので
 立ったロフトでも ボールが上げられ 使えるようになる・・・かも

というコトを理解して 使わないと 長尺にメリットはありません。
 飛ばしは行き着くところ ロフトの造り方 次第です。

あと 忘れてはいけないのは
 実は 風による影響がとても増えます。
スイングする際、
 空気抵抗をより受けるのは ヘッドでは無く シャフトです。
ヘッドの大きさや形状にもよりますが、45インチを超えると
 前方投影面積 空気抵抗は シャフトの方が遥かに大きく
風が強くなると スイングがし辛くなります。


実は長尺 は
体力の「ない」飛ばしたい人向け ではなく
体力の「ある」飛ばしたい人向けのクラブ
 です。

IMG_0340


そういう意味でも 短尺 の方がベターかも知れません。

圧倒的に扱いは楽です。

短尺度合いにもよりますが、やや大きめのロフトが良いでしょう。
ミスが出た時 高さに逃げる と考えて置けば
 平均飛距離アップも十分考えられます。

スライスが怖い人、ヘッドターンしたい人 にとって
 ロフトが大きい というのは より左を向いているクラブ
 右に行き難いクラブになりますから 安心です。

長尺=ヘッドスピードが上がる だから 飛ぶ と考えて使う長尺よりも
短尺=安定している ヘッドスピードに頼らない
そう考えて 使う短尺の方が おそらく距離も安定度 も高いと思います。


まあ、どれもこれも ですが、
 上手くなったら 少ないロフト
 上手くなったら 硬いシャフト

と信じている人には 有効ではないかも…ですね。


ゴルフを始める際、スイングを覚える際、
 大きめのロフト 13.14度のロフト の
柔らかめのシャフトで
 大きなロフトを低く打つ を覚えるのが
『飛ばしと安定』『飛ばしとスコア』の一番の近道だと思います。

上がり易いクラブで 下げて打つ はショットの基本とも言えます。
 小さなロフトで上げて打つ は
「飛ばせない… と 安定しない…」の始まり なんですけどね…。
 皆さん その道を進まれますよね。

IMG_0339

ゴルフクラブが売れなくなり、
シニアと女性が共有で 12度が最大のドライバーロフト…
女性に12度や男性用のクラブを使わせる なんて言うのは
悲劇の始まり の気がしてなりません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日の記事の続き…になるのですが、
殆どゴルフクラブ、多くのゴルフクラブ は

『アイアンのロフトで言うと 27〜28度のクラブで
ごく平均的なアイアンであれば 5番もしくは6番アイアンですね、
 それで 150ヤードを打てる』

コトを基準に造っています。
アライメント

ですので フェアウェイウッドやユーティリティ
 隣同士のクラブは
☑ロフト 3度差
☑長さ 半インチ差

で作られています。
アイアンですと ☑ロフト4度差 ですね。

その距離 27〜28度のロフトのアイアンで150ヤード
 この距離が届かない人 にとっては
その 番手差 は 距離がはっきり表れにくい
番手の距離差が付き難くなるのは 仕方がないのです。

ですので 5度差のロフトを作ったり
長さを半インチ差では無く
 フェアウェイウッドやユーティリティであれば
長さを 3/4インチ差にしたり
 アイアンであれば
長さを 5/8インチにしたりした方が
本当の使い勝手は良かったりします。

✋✋✋
ユーティリティ型のアイアンセットを使ったり
女性のように アイアンの本数が少ない方、
フェアウェイウッドを多く入れられる方には
お薦めの構成です。


まあ ここの事情には
〇ルール制限の14本 出来る限り 持たせたい
少ない本数でさせたくない…
〇クラブの組み立て、などを出来るだけ安く単純化したい
と言う売り手、作り手の事情もあったりします…。


H370_lineup

ユーティリティ型のアイアン ですと
ウエッジは普通の軟鉄鍛造
下から8番まで 1/2インチピッチ
7番から5番までを 5/8インチピッチ
5番から3番を 3/4インチピッチ

と言う風に作るコトも可能です。
番手の距離差が ハッキリ します。
ショートアイアン(7.8.9番)あたりが
 ジガーやチッパーの役割もするので 楽しいかも…。

同じ14本で行くなら これに 3.5.7.9番 の中からウッド2本
🔴サブドライバーとしての ロフト立目の長めの3番ウッド とか
 長めの3番 短めの5番
 長めの5番 短めの7番 
 短め5番 長めの9番 などなど
🔴やさしさ 飛距離を兼ね備えた 長めの 7番ウッド とか
そして ドライバー なんて言うのが 面白い構成かな
と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アマチュアゴルファーのクラブセッティング
 シャフトやロフト、クラブ構成を決める境目 は
アイアンのロフトで言うと 27〜28度のクラブで
ごく平均的なアイアンであれば 5番もしくは6番アイアンですね、

 それで 150ヤードを打てるか どうか になります。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

→で、実質はどうか というと
 おそらく…ですが、7割…8割のアマチュアゴルファーには
その距離はかなり厳しい、不可能とは言いませんが、
難しい距離 です。


シャフト で言うと
 そこが 硬さ SR の境目
ドライバーのロフト で言うと
 ロフト10度 の 境目 ですね。

つまり 7割以上のアマチュア にとって
 理想的なスペック を ドライバーで表す と
11度以上のロフトの
R以下のシャフト のドライバー というコトです。

11.5〜12.0度の Ⓐ-シャフトの硬さ
 これ位が 推奨平均値 と言って良いと思います。


でも 実情は 10度のSR 10度のⓈ 
11度のドライバーより 9度の方が売れています…。

 一般ゴルフショップで11.5度のⒶのスペックを勧められたら
「馬鹿にしてんのか?」になりますよね…。

ロフトを寝かして こすって打っている
 というのが ドライバーのスペックにも
はっきりと反映されている訳です。


ネットの時代 というのは
 だいたいの場合、キャッチーなコピーが中心になります。
250ヤードだ、300ヤードだ と書いた方が
 ユーザーの気持ちはくすぐられますからね。。。



(クラブ扱いのイメージの比較_Moment


シャフトの大きな役割は
 ヘッドの重さ、重心位置による特性 を使って
 
『グリップを押す補助』をするコトです。


→グリップを押す とは
 進行方向、打撃方向、飛球線方向に
 グリップを先に行かせるコトで
 シャフトが硬ければ硬い程
 その機能は薄れ、オーバースペックな場合、
 それは自主的に、肉体的にしなければならなくなります。



本来、シャフトは柔らかくなる程 弾道は下がり
→グリップを押す、ハンドファーストを促す故
フック回転がきつく成る性能を持っています。。。が
ほぼ100%に近いゴルファーは
シャフトが柔らかくなる程 弾道が高く、
 スライスがキツクなります。
そういう意味でも 硬いシャフトと
 ロフトの立ったモノは パック とも言える訳です。


シャフトがグリップを押す 実例 ですが…
〇多くのゴルファーは
ドライバーに比べ、かなりキツイアイアンシャフトを使っています。
シャフトの硬さの目安、数値で言うと
ドライバーは平均 235cpm
アイアン(5番) 290cpm です。

ドライバーのその数値でマッチするアイアン(5番) は 250~255cpm
それよりも 40cpm  …フレックスで言うと❹フレックス
ドライバーがSRだったら S.SX.X.XX ダブルエックスのアイアンです。

ですので ドライバーのボールの置き位置は
ティーアップしているとは言え、左足のかかと線上 ですが、
アイアンは からだの真ん中

 その差はボール4個分以上 あるのですが、
そこまで中にいれないと 届かない、打てない、
つまり シャフトに押されない というコトを
 実は多くの人は体感しているのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:初めてのブリストルパターのシャフトも
 いきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

 

ただ、届いて打った時に「なんじゃこれ?使いこなせない!」
とならないかという不安も拭えません。


初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますか?
背中をひと押しして頂きたくメールしました。



IMG_0571



弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

 

 

.リジナルのアルミシャフト  270cpm

▲リジナルグラファイト95g  200cpm

オリジナルグラファイト90g  170cpm

ぅリジナルグラファイト70g  140cpm

 

 

,話韻法.悒奪匹僚鼎ぅ僖拭爾鵬瓩ず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

△發靴はでも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180190cpmを境に はっきり出ます

 

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

 

パター単体としてい蓮…梢弊、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感に慣れる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

い任△辰討癲‖任舛海覆擦覆ぁ,箸いΕ灰箸倭瓦ありません。
保証出来るほどです。


010

 

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては い枠瑤咾未韻震滅鬚機兵蠢位A垢任垢…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ぁ,任后

 

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは  です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

 

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

 

よろしくお願いいたします   野澤。

 

 

238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ

 



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは ゴルフクラブからの影響が非常に大きい、
少々 大袈裟に言えば ゴルフクラブでスイングは決まってしまう

と言っても過言ではありません。

多くの人は ゴルフクラブの機能は
魔法のようなモノ と感じている かも知れませんが、
例えば ドライバーヘッド の重心の位置 なんかにしても
【その重心の位置 が ボールに何かの作用を与えるモノ】
ではなく 
【その重心の位置 が 打ち手の動作に作用するモノ】です。


重心の位置が低くなったり、深くなったり すると
ボールに対するヘッドの進入角度(入射角度)は緩くなりガチです。
(それが重心位置の狙いです)
そうするコトによって 理論上は緩い入射角度になり、
ティーアップしたボールを打つドライバーの場合、
ロフト効果を減らし、"無自覚"なアッパー軌道を促します。

「これはあくまでも理論上」です。

ドライバーのアッパー軌道は
そのボールの位置 と 地面からやや浮いた空中にあるボール
の分、それこそ「無自覚」であるから 有効なのです。

アマチュアゴルファーのドライバーショットの多くが
無意識でありますが、アッパーとは名ばかりの
しゃくり打ち、あおり打ち です。
しかも アッパー軌道になって 「高打ち出し~低スピン」が
有効なヘッドスピードを有していません


そこに持ってきて より重心の深いモノ や 重心の低いモノ
は よりしゃくり打ち、より煽り打ち を助長しますので
飛ばなくなることも多々多々発生します。
……特に女性や力のない人に多い症状です。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment





ゴルフ道具は 突き詰めると
◌ヘッド重さ
 打撃の破壊力
◌ロフト角度
 破壊力の転化性能
◌クラブの長さ 
ロフト効果の一部
◌シャフトの硬さ
 スイングテンポ
この 4項目だけ と考えて良いと思います。

この4項目を有効に活用できれば
アマチュアにとって 体に負担少なく、遠くに飛ばせます。
そして その物理法則、物理現象は モノ であるが故に
(モノであるが故に、基本 変化がない)
独りで闘わなければいけない ゴルフというゲーム性にとって
とても よいパートナー に成り得ます。

ですので ゴルフクラブを選ぶ際、
その4項目の流れ、共通な流れ を
 【セット】 とすることを
強く、強くお勧めいたします。


兎角 ありガチなのが
あのドライバーはこうだ
このドライバーはこうだ
と その単品性能を色々論じている人 が
→ドライバーシャフトの柔らかさは 振動数 235cpm なのに
 コースで 交互に使う アイアンの硬さは 290cpm なのです。
(スイング破壊兵器系 の 軽量スチールシャフトの硬さ)

硬さ 振動数235cpm のドライバーと共有出来るアイアン は
5番アイアンで言うと 250〜255cpm です。

それよりも 40cpm
一般的には 10cpm が ワンフレックスとされていますから
❹フレックス、
ドライバーがSR表示だったとすると
SR~S~X~XX  ダブルエックスの硬さのアイアン を
使うことになるのです。

宣伝文句に踊らされて ドライバーのココが良い ソコが良い
と言っている人が ❹フレックスもシャフトの硬さの差 は
皆目 無視なんです。奇妙ですよね。
ドライバーにヘッドなどのルールが加わり、
メーカーもシャフトが柔らかくないと飛ばない
を採用せざるを得なくなった に加え、
売れないアイアンは単価の抑えられるスチール
という 営業事情が最優先 している現在のゴルフ事情 ですね。
15年前までは ドライバーがもっと硬め(SR→260cpm) で
選択肢として 柔らかいアイアンシャフトもあったので
ここまで酷くはなかったですね 

Q:SRの硬さのドライバー 一球 打ったすぐ後に
XXの硬さのアイアンを 打ったら どうなるでしょう❔

Q:XXの硬さのアイアンを 一球 打ったすぐ後に
SRの硬さのドライバーを 打ったら どうなるでしょう❔

Q:一般的に スイング造り、ショットの練習 をするのは
ドライバー❔ アイアン❔   どちらですか❓

Q:XXの硬さのアイアンで作ったスイング、タイミングで
SRの硬さのドライバーを打ったら 上手く行きそうですか❓



これも 理論上の話し…ですが、
SRの硬さの何か、を打った後で
XXの硬さの何か、を打つと 【ヘッドがボールに届きません

弾道としては チョロ、トップ、になりがち ですが、
人間には修正力、適応力、判断力 がありますので
届かせるように ボールの位置を変えたり、
トップの間の取り方を変えたり なにがしかの工夫をします。

練習場で周りの人を見渡してください。
ドライバーのボールの位置は 茵↓茲里かと位ですね。
アイアンのボールの位置を それに近いトコロ で打っている人
います?

いませんよね?
アライメント

だいたい 今どきのクラブセッティング
そのドライバーとアイアンの硬さ の差 からすると
ドライバーのボールの位置が左足かかと なら
アイアンは 真ん中、 もしくは それよりもやや右寄り です。

そうじゃ なきゃ 届きません から……。

正直、そのボールの位置でも 届き難い は残る「硬さの差」です。
届き難いアイアンは 地面にボールが有って
届き易いドライバーは 空中、地面よりも5センチも高
い のですから
関係性としては 反対 ですよね。

届かせる行為がスイングの中に入ると 二つに一つ です。
◌届かせるために 下に振って ロフトを開くか
◌届かせるために 弧を大きくして 時間が掛かって 左を向いてしまうか

どちらにしても ミスになりますが、
そうしないと 当たらないのだから 致し方ないのです。
どちらにしても
本来 振るべき軌道よりも やや大きめの
膨らまし気味のスイングで無いと ボールを打てません。

挙句、その練習で培われたスイングで
×クラブが長く →最近では 46インチがもはや主流
×ヘッドが大きく 重心位置が遠い → ヘッドが重い
×シャフトが ❹フレックスも柔らかい

ドライバーを打つのです。
膨らまし気味のスイング軌道 ですので
 スライスや引っかけ、てんぷら は出て然るべし って感じでしょ⁈

ドライバーが苦手 ってのが仕方ない んじゃない?
ドライバーを上手く打てないように 仕向けてません?

これ 両方 上手く打てるのって ホント 天才
なんじゃないか って レベル です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




SNS、ネットの時代です。

世の中にはいろんな人がいます。

例えば、リシャフト…
ドライバーのリシャフトをする人 は
勿論、メーカーや機種で選ぶこともしますが、
シャフトの硬さ では
●同じ硬さを選ぶ人もいれば、
●今までより 硬いシャフトを選ぶ人、
●今までより 柔らかいシャフトを選ぶ人 

 割合は別として 3種類の人がいます。

割合としては 硬いシャフト
特に わざわざ リシャフトする場合、
 より硬いシャフトにする人が多い、とは思いますが、
さて SNS上で
 リシャフトしたことを写真付きで 告知する「ような」人は
 その どれが一番多いと思いますか❓
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

何らかの理由で 今までよりも柔らかいシャフト を
リシャフトした人が 写真付きで SNS上で告知する でしょうか…。

また、どうですか と質問されたら
俺には使いこなせないよ
「○○社のなんとかってシャフト
(自分のシャフト)は全然ダメ」 と言うでしょうか❓

ヘッドスピードはどの位ですか と聞かれたら
背伸びした数字を言わないのでしょうか❓

と、同時に リシャフトをしよう と思っている人が
それを参考にしないのでしょうか❓
硬いシャフトがリシャフトされるコトに影響しているのでは…❓

ネットの上の ヤフオクもメルカリ、
 ネットオークション系や中古の個人売買市場は
硬いシャフトの墓場状態 です。


厳しく言えば ヘッドスピード1割増し が
SNSゴルファーの現状。。。ですし、
例え そのスピードが出た としても
 車で言うところの 最高速度で、巡航速度 ではありません。
コースへ出たら くたびれもしますし、
 疲れた時に助けて貰いたい のなら
若干、柔らかめの方が圧倒的に楽です。
硬いシャフトは 肘や手首、
場合によっては 首や腰 などにもキマス ので
くれぐれもお大事に。

004

現実、20年前に比べ ドライバー…だけ ですが、
硬さの基準は かなり大幅に下がっています。
現状の Xシャフトは モノによっては
 20年前のRシャフトよりも柔らかい…なんてのはザラにあります。
現代の硬い…シャフトとは言っても
 ドライバーに 振動数300cpmオーバー のシャフトを
 指す人は プロでもそう居ないでしょう。

アマチュアの場合、硬いシャフトが必要
(本当に怪力、超Highヘッドスピードの人を除き)
と言う方の多くは 必ず ロフトもプロ並み、
場合によっては プロ以上にきついモノを使う例が多いでしょう。
つまり ロフトを開いて こすっている というコトです。
そこから 考えると 柔らかいシャフトで
 がっちり つかまえると スピン過多 になってしまうので
つかまえきれず こぼれる 硬さが 必要、
フェースにのせきれない、つかまえきれない硬さが 必要、
 というのがプロとしての 私の意見です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ