s3 非常に 優秀な 読者の例をご紹介しよう…   仮にT氏としよう
T氏は近隣には住んでいないので 年に数回来店する程度…
今回の 打撃方法も 基本的には このブログから学んでいるよう…
右の軸脚(直立脚)も出来ているし 骨盤(お尻)も良く回っている… 手を沢山あげることもないし 非常に綺麗な 機能的なポジションだと思う
 感心するのは ブログ上に登場する画像を 想像と実像 良く考えながら 自分の感覚に取り入れていると思う
よく左肘を テークバックで伸ばした方が良いか聞かれるが 我々は「おじさん」だ  学生のように 美しく 躍動的な 動きを作る必要はない





s6個人的には 力感の無い 気合いの入っていない動き 脱力感のある動き
 そんなので 誰よりも飛ばしたい
ある程度年齢がいくと テークバックで左肘を伸ばす動きには 弊害が伴うので好き嫌いはあるだろうが 特にお薦めはしない

意図的な回転が混じらず 左への軸足変換もスムーズだ  この軸足変換(シフト)には 大腿部と骨盤の 前傾を 右脚から 左脚へと 委譲する目的もある
切り返しから いきなり 回転してしまう動きは 「必ず」 左サイドの前傾を失う動きになってしまうので 注意が必要だ 

 ☆ ちなみに後ろに見えるのが パワーアップ された新しい真空管アンプ である 電源部 コンデンサー部にも真空管を使い 3本 球が増えている
s11この次のカットに 少し修正点が見えてしまうのだが 基本的には悪くない 素晴らしい…   自分の脳内イメージでこの動きが作れるのは まったくもって感心する  この前 もしくは この画像で 両肘の動き…… 左肘の動き もしくは 右手の動きで クラブを体に対し すこ〜し 左にずらせていれば …。 または 脳内イメージで クラブを持つ腕のセンター(腕の中心)が 右胸から 左胸 にずらす動き、 これをシフトよりも先に行う感じがあれば 大幅に改善されるだろう。s12 この映像に入る前の 下ごしらえの部分で 修正が必要な箇所が 結果として ここに表現されてしまっている  ゴルフクラブは 長い棒の先の重さが付いている形状である事と クラブヘッドはフェース面(打点)よりも右に重心点がある為 左へ進む場合 横方向のずれは広がり易い。  その結果が ロフトの開きや ダフリ になってしまうのだが
よい参考例だと思う


最終的な感想  → → → 結構驚いている
このT氏とのお付き合いはそこそこ長い
元のスウィングを知っている立場からすると
毎週 毎月 レッスンをしている訳ではなく
今年は2回程 ご来店なさった程度…

 この半年間で飛躍的な進歩である
最終的に クラブを体に対し やや右にずらしてしまっているので
結果 ハイボールになってしまったり あおって打ってしまうミスはあるけれど
簡単に 修正出来てしまうと思う