イメトレ…  コスプレじゃ無いよ 残念でした。
 MACさんのコメントにも有ったので すこし書いてみます。

クラブ扱いを考える際に
 実際の動き 最終的なスウィング映像

   これをイメージして 振る 動くと 死にます

牽引ロープのレースの話をしましたが
車のレースの話を少し…

 外国のドライバー   鈴鹿や富士を初めて走る
  一流のドライバーほど イメージトレーニングをしてくる
   ビデオや普通車 自分の脚で歩いたサーキットを
    家や事務所 パドックなどで目を閉じてイメトレします。
   それを繰り返すことによって 一発目のタイムで
  コースレコードを出したりする と聞きます。

ゴルフの場合
 ゴルフクラブと言う 人間の構造とは異質な
  ボールと言うモノを 遠くへ 安全に 運ぶ 打つ 機能のモノを
   道具として 使うのですが
    その機能を最優先に創られていますので
     ある意味 ヘンテコリン な形をしています。

それを動かして ボールを打つのですが
動かすことによって 静止時と違った負荷が立体的に掛かります。
それを ゴルフでの不可抗力 と言うのですが
その不可抗力を加味してイメージするのと 無視してイメージするのでは
結果は まったく異なると思います。

 ゴルフクラブは 動かす事そのものや クラブを重力に対して長く使う事
  ロフトを開いたり 閉じたり することによって
   常時 複雑な 相互に干渉しあう 遠心力や重力 重量感 を
    作り出します。

ですから 例えば ダウンスウィングで
 グリップエンド(コブシ)を支点にヘッドだけを扇のように動かすと
  想定しているヘッドの軌道は それそのものが外方向に膨らもう と
   する上に グリップ部にも 外に膨らもう とする負荷が掛かります。

フェースを空に向けて(ロフトを開いて) ダウンに入ると
 クラブヘッドには背後に落ちたがる負荷/重力が掛かりますから
  それを支えている 持っている 右サイド/右腕には
   アドレス時に持っているクラブの負荷の数倍もの重さが掛かります。
20090801 2009_09_01_01_25_27-314フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット
















ボールの高さの概念が分らない人にはチンプンカンプンだと思いますが ダウンでは概ねこのようなクラブの動かし方の「脳内イメージ」が無い限り 結果はダフリかスライス
 無理すれば引っかけ   
動き的には必ず右サイドが下がり 
体が左を向いたインパクトを創る事になってしまいます。
 多くの方はこれが「単なるドリル」だと思っているのだと思いますが
 本当のところ フルショットを
このイメージを抱いてクラブを扱わない限り
  ヘッド重量も有効に使えませんし ロフトの立った
   正面でのインパクトも 未来永劫迎える事は出来ません。


画像の一コマ目よりも 二コマ目の方が 明らかにクラブは長く
 重くなっています ですから これに スピードが加わっていると
  更にクラブは重く なっていますから スピード加算分
   二コマ目のグリップの位置はもっと下がり 膝に近いところになります

   → グリップの位置が下がれば …この場合重さによって下げられれば
  それに応じて 倍々ゲームのように クラブは長くなり
  重くなりますから クラブヘッドの位置はもっと もっと 下がります

  これは 動かした時のクラブ重量変化 によって 起こされる
  正しい不可抗力の利用の仕方 で クラブによって下げられる
  のであって 自分では下げない に等しい のです。

 よく聞く言葉で クラブの仕事は「クラブ」にさせろ

  とは こう言った事を指すのだと思います


  このクラブがする筈の 下がる動き コブシを下げる動きを
 自分で行ってしまうとどうなるでしょう…
 クラブの通る道のりはもっと大きく クラブは長くなります。
 クラブが長く重くなれば 「必然」で右サイドは下げられてしまうでしょう
 右サイドが下げられてしまえば シフトする事は不可能です。
 クラブが遠くなれば コブシ部分にも遠心力 重さが加わりますから
 体から離れていきます。
 一コマ目から クラブを下に動かし始めると
 まず 間違いなく 二コマ目 体が正面を向き始めた時には
 まだ クラブは 右腰のあたりにあるでしょうし
 二コマ目のような シフトをすることは不可能で
 無理にシフトしたとしても 体はもっと左上がり 上を向くようになります

 体は保全のために 左を向き始めます

 ダフらずに打てれば ハイボールスライス
 早く 速く 動けば 動くほど ロフトは増え スライスはキツく…

 無理にヘッドをターンさせれば 体が開いている方に飛びだし 
   更に左に曲がって行きます

  真っ直ぐ方向に打つには ロフトをたっぷり寝かして
   2番手も 3番手も ロフトの多い状態で打たないといけません。


  それが アマチュアの飛ばない 一番の原因なのです
 これには 日本特有の副作用があります。
基本的には 目に見える姿や動作を模写することによって
このクラブ扱いは生まれて来るのですが

練習場のマットで有れば この打ち方で
 滑らして 打つことが 可能です。


多くの アマチュアのアイアンを見ると
 ボールの打痕が スコアラインの下3本目位から始まり
  トゥ側の高いところに 斜めに滑ったような跡 です。

 マットで有れば リーディングエッジをマットの中に
  潜り込ませ 打つことが可能です。

   プロ用語では これを 一丁噛み と言います。


 下から 上への 滑ったボールの跡

    これを こすり球 と呼びます


  ですから ウエッヂの溝に残る ボール カスを見て
   「おぉ〜 スピン効きそう〜。」 なんて

   間抜けな発言が出て来るのです。