sample 091020 3-360フレームショットsample 091020 3-365フレームショットsample 091020 3-369フレームショット

























sample 091020 3-373フレームショットsample 091020 3-375フレームショットsample 091020 3-377フレームショット
























sample 091020 3-379フレームショットsample 091020 3-381フレームショットsample 091020 3-383フレームショット
























sample 091020 3-385フレームショットsample 091020 3-393フレームショット
























かなり 斜めから撮っています  実は飛球線方向にレコードが山積みになっていて ちょっとビビっているそうです…

この映像の目的は 
 ダウンスウィングは 回ってないけど 回っちゃう

ちょっと ビビり気味で 左へのスライドが少ないけれど 始めの頃のコマでスライドしているのが見てとれるでしょうか?

右の直立する軸足がある
→ スライドして 軸足が解かれる
→ 無意識に右回転が解かれる

自分で意図的に回転しようとしていないのが 下半身の力感からも分る?
     …支える脚として左は踏ん張っているのかもしれませんが右足に蹴ろうとか の意志が見えないのでは?


映像を 「目に入る」通りに認識してしまうと まるで左手でリードしているように見えるのかもしれませんが よ〜く頭を働かせて下さい
この映像は 手に重量物を持って 右から左手にスライドしたり 回転したり そう言った動きですから 重量物であるクラブの影響は一番左手/左腕が受ける筈です。

自分では体から離れない様   …逆に近づけるようにしていたとしても 運動するクラブの作り出す遠心力や クラブそのものの重みによって 
 → 結果 体から離れ ボールの方に誘導するような画像になってしまう
と理解出来ないでしょうか…

クラブが作り出す不可抗力の方へ 方へ 左手/左腕が追い込まれている
   そういう風に見る必要があります

本当に 左手でリードしているとしたら もっとシャフトは背中側に倒れてしまうモノです。


そうですね もう少し ダウンの初期段階で 胸に沿って グリップ部を左 左に動かすようなにしていれば良いんですけど…
その動きが少ないので 右肘の伸ばすタイミングが少し遅いかもしれません
  → その影響から 想定よりもシャフトが倒れてしまい すこし体より右 インサイド気味から ボールへとアクセスしているように思えます。

良くあるミスなんですが その結果 想定外の小さなローテーションが入ってしまっていますから 厚めなら ハイボールの右回転 薄めならローボールの引っかけになってしまいます。 大したミスでは無いですけど…

この程度のミスなら 130ヤードでもグリーンセンターにピンがあるのに対し
同じグリーン上の右左 10ヤード程度ずれるので済みます。

☆その原因は 実は スライド/シフトの量が少ないからかも知れません…
  スライドする時間が少ないので その動作をする時間がない
 もしくは 本当は グリップ部の左への移動(動き出し)が先なのに
  スライドの方が先になってしまっているのかもしれません







ま ともかく ダウンのこの下半身の動きは参考になると思います。
殆んどのゴルファーは 飛ばすのにはスピード

それを この映像の初期段階での脚を使った「蹴り」による回転で作ろうとしています。

結果的には体の向きは 右向きから正面向きになるのですが
 それは 結果的なモノ 
  自分の意志と言うよりも
体の自然な動作やクラブの作り出す不可抗力による モノが大きいと思います

どなたかが言っていましたが
自分で正面を作ろうとすると 絶対に出来ないのかもしれません。



例えば 2〜3コマ目に 自分の意志で グイッと回転したとしたら
クラブはどうなると思います?

この映像よりも 背中側にシャフトは 倒れますよね
自分の体の正面より クラブは右に言ってしまいますよね
自分の体の右側にあるクラブで ボールを打つのには
手を使って クラブを 右から左に動かさなければなりません。


ゴルフクラブは運動スピードだけでなく
その長さやヘッド姿勢によって 重さを大きく変化させます

もし もし クラブを手で動かしても良い のだとしたら
 クラブが重くなる   速く動かス前 長くなる前に 動かした方が
楽だと思うんですがね…