BlogPaint


























飛ばす 為の 最大の方法に ヘッドを振らない を訴え続けている

とりあえず 出来る出来ないを 棚に上げて置こう


大半の人は ヘッドを振らない方が 飛ばない という観念から抜け出せない

気持ちは理解できる

目で見れば 誰もが振っているように 見える (本当は見えないけど…)


 だから 例の映像を見ても ただ ゆっくり動いているだけ という感想も貰う
BlogPaint
























 ゴルフクラブはグリップエンド部とヘッド部 がアドレスの状態よりも 

同軸線上よりもヘッド部が右にあると ヘッドその物が右回転

左にあると左回転しようとしてしまう

 必ず回転しようとする動きが起こってしまう


複雑だが その運動は グリップ部やそれを支えている手や腕、体にも

 大なり小なり影響を与える為 同じ不可抗力や軌跡になるのは 可能性として低い

  ヘッドをグリップよりもたくさん動かすと

   厳密には一生で一度しか出来ない軌跡を描くことになる

    まず これが 安定したショットを生み出さない


fromsky-1116フレームショット


























次に ヘッドの運動量だけを増やすと慣性の法則が適用されず

 クラブ全体にかかる遠心力と重量点の一致が生まれないので

  ボールに効率的な破壊力を伝えられない


そして ヘッドをたくさん動かすことにより

 ボールを打たなければならない動き 左方向への移動で

  シャフトよりも 右にある重量点により ロフトが多くなりやすい


fromsky-1118フレームショット


























また 今流行りの 大慣性モーメントの利点

 これ 結構勘違いしやすいのだけれど

  ヘッドの慣性モーメントは エネルギーを増やす 破壊力を増やす という意味合いより

   エネルギーロスを減らす という意味なんだけど…

    慣性の法則が使えなくなれば 慣性モーメントによる ロス軽減効果を得られない



fromsky-1120フレームショット
























★ここでも 勘違いしやすいんだけど

運動量は 横のだけでなく 縦の運動量も同じで

自分の動きで ヘッドを縦に動かそうとすれば クラブは同軸線上から外れる

長さの違いをのぞけば グリップ部は ヘッド部と同じだけ移動するのであって

縦にも横にも ヘッドだけを多く 動かすことはない 






 以上の事を得られることを考えれば

ヘッドスピードを5ms 上げた分位の効果は確実にある!

ま 実際には ロスしていた分を取り戻すだけ なんだけれど…


 その効果を発揮させるのは たった 一つのルール


   グリップを移動させた分 以上に ヘッドを動かさない事



  これが 出来るだけで 20ヤード 30ヤード 増やすのも

   決して 夢ではない      …取り戻すだけなんだけど
















up_252956尾崎亜美オフィシャルファンクラブ
GLUTTON CLUB
(グラットンクラブ)

【入会特典】
◇コンサート、イベントなどの告知
◇コンサートチケットの優先販売
◇会報の発行(2ヶ月に一度くらい)

【入会金・年会費】
◇入会金 1,000円
◇年会費 3,500円
*更新月 12月
(7月以降入会の方は2,500円)

【申込み方法】
申込書(リンクからPDFファイルを
ダウンロードして下さい)に、
必要事項を記入の上、下記の
住所に送っていただき、4,500円
(入会金&年会費)をお振込み
ください。

〒153-0063
東京都目黒区目黒4-9-17-101
ビーズクラブオフィス内
グラットンクラブ

振込先: みずほ銀行 青山通支店
普通 1096861
(有)ビーズクラブオフィス

≪お問合せ≫
TEL 03-3794-2716


関東圏 2009年コンサート情報
 http://www.civic.jp/2009/08/1217-1.html