sample 2009_09_19_23_40_47-225フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-233フレームショット
ひつこいようですが おさらいしておきましょう
体の構造やバランス 防衛本能からして 左/右の直立する軸足が出来ないと
 左/右の軸回転は「正しく」出来ません
裏を返せば 特に 左の軸足が出来ていなければ 左回転してはいけない のです
インパクト   その脳内イメージは 右軸足が解除され 右回転が解かれる その過程の中と考えて下さい

結果論で言えば 左軸足が出来たその瞬間が インパクト なのですが
 その左軸足が作るのが苦手な状態では あくまでも右回転の解放中と考えて下さい

sample 2009_09_19_23_40_47-234フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-236フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-238フレームショット





スライドの是非は「漬物石」にかかっていると思っています
漬物石とはこの場合 一番重たい「頭」の事を言っているのですが   その漬物石を出来るだけ ゆっくりと そして 素早く (反意語なんですが…) 左の軸足 もしくは 左股関節の真上に のせてしまう事だと思います

勢いも付いていますし クラブと言う負荷もあります
ともすると 人間は加圧 負荷 から逃げたいモノで
逃げるには 左回転が適しています   しかし まだ軸足は存在しない…

 そこで 素早く漬物石を左足の上に乗せてしまい
   ノーチョイス で動けなくしてしまおう という漬物石作戦です


sample 2009_09_19_23_40_47-240フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-242フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-244フレームショット





アマチュアゴルファーがやってはいけない一番の間違いな例が
      右足を左に折ってしまう事です
 プロでは 横山明仁選手 とか 中島常幸選手 が行っています
直前まで 相当量の体重が乗っていた脚もいきなり中折れさせれば どうなるか
クラブと言う負荷が 体の右側に有り易い状態で その行動をすれば どうなるか
容易に想像がつきますよね
     プロは良いんです 練習量も運動性能もあるんですから……






ところで   スライド    シフト   何気なく使っていますが

  スライド って 何を スライド するのですか

  シフトって 何をシフト  するのですか

   体重って ウエイトって どこを指すんですか   ボディ?

 僕は スライド シフト って  頭を動かすこと   だと思っています

 重た〜い頭を 右の脚から左の脚へ  右の靴の上から左の靴の上に

 動かして上げる事が  スライドだと思っているんです

 
            to be continue..........