色々な事を通ってくると やはり 基本 に戻らなければならなくなる

 参考画像を探しているうちに ジャンボ尾崎選手に行き当たった
そのクラブ扱いの素晴らしさは 群を抜いている 素晴らしい
なんとなく 個人的に興味が持てなかったので 見ない振りをしてきたが
その クラブ扱い  アマチュアのお手本中のお手本 と言える

 特に アプローチの動き
  ショットの動き その物を凝縮した というか
   助走を除いて 抽出したというか    …美しい

      …… そう言えば 徳島出身でしたっけ?   SHOT SHOT

 あくまでも 個人の見解だけれど 石川遼選手  弟子入りすれば、 と思う。

スウィング中 クラブの動き
 横のクラブの動きに 一切 一ミリも 腕が介在しない

アプローチの手周り 手首周りの LOCK LOCK ロック  
  そのまま ショット している

   これじゃ 飛ぶし 真っ直ぐ行くし 曲がらないし ミスしない


元々 デッカイ体もあるし 運動神経もあるし
 筋トレや練習も大好きな人…  誰よりもすごくて 誰よりも練習する。
  そりゃ 君臨するわな…。  別格だもの

 そのすごさ の秘訣は  基本中の基本 を守る事 だもんね
だから クラブへの造詣も深いし 誰よりも 重いヘッド でかいヘッド 長い重心距離
に こだわってきたんだよね   クラブの基本を使いたいから…。

割と ドライバーショットの豪快さ が 目についていたけれど
 アイアン アプローチの上手さ  正しさ 美しさ  本当に敬服してやまない。

その尾崎選手が 雑誌や テレビで スウィングの事を口にしないのも理解できる
 一番振って見える選手の口から 「スウィングの極意は振らない事」だなんて…



 ☆☆☆実はね 今回 新「悶絶」セットに使っている 特注の軟鉄鍛造アイアン
作っているのは 日本 いや 世界の 老舗であり アイアン創りの屋台骨の
    共栄ゴルフ工業さん なんだけど

現時点での 名称は 共栄 ベガ オーバーサイズ
 オリジナル名称は   N K - 9 9      エヌケイきゅうきゅう

実は ベースモデルは BS の MTN-?  なの  通称ジャンプロ
 MTN-? の共栄さんが作っていて  そのモデルの後継機
  ジャンプロのキャビティ盤 として用意してあったのが  NK-99 なんです
そういう意味合いでも 何だか 今になって ジャンボ尾崎選手も 身近な気がします






  長くなりましたが 刷毛塗り 後ろから見た様子 です
鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-166フレームショット 視線/視界のトレーニングも一緒に行っているので すこし骨盤の向きの変更も入っていますが その場所、場所で感じるであろうクラブヘッドの重さと右手首の様子 クラブ全体の動き そして 肩のゆりかごの動きでない 足の動き そういったモノを参考にして下さい    シフト(スライド) が先 回転が最後 その動きです


鼓笛隊 刷毛塗り&視線-170フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-172フレームショット この一見すると分り難い
   何もしていない手
そして 両足の動きは 大変参考になると思います
トライ している人は 自分の感覚ではすごく へんてこりん な感じがして ゴルフとは似ても似つかないイメージなのだと思いますが 外・自分以外の目線で見ると カッコいい でしょ ものすごく「ゴルフショット」らしく見えません?
ゴルフらしくなく動かすと ゴルフショットらしく
ゴルフショットらしく動かすと ヘンテコリンナ素人っぽさ
それだけ 自分の目に見える印象に翻弄されてしまっているのです