今回は少し 厳しい記事になるかもしれないが 本音なので
    覚悟して 読んで貰いたい

ピンと来ていない人もいるだろうし これじゃ飛ばない なんて言っている人もいる
 もう少し時間があったら もう一度 ホームページとは言わないけれど
  この ブログ 始めの頃から読み直してほしい・・・

実際に 目で見てなくても  ちゃんと意味合いを考えて 想像している人は
 上手く打てなくとも トライしているのは良く分かる
   
   何故 そうするのか
   そうするとどうなるのか
   目的はナンなのだろう
   これをどうフルショットにつなげていくのだろう


 ミクロ と マクロ 両方を同時に考えないと 見えるもの見えてこない
  
  それをスウィングに反映させようとしているから
   時間は掛かるかもしれないけれど きっと出来る 保証する


この動きは アプローチは元より フルショット の土台 になる

 僕個人の感想では このドリルなし …この動きが無ければ 全くショットにならない
   その位 重要である

 倉本プロのレッスンビデオの中で
本人の口から スウィングの練習の為に 「阿波踊り」を習ったと言っている
多分 倉本プロは ショットにつながる のと これはショットという固定観念から切り離せこの二つを同時進行に考えていたのだろう

 「刷毛塗りドリル」
これはあくまでもドリルなので ゴルフショットとは一旦切り離して 練習して貰いたい
 ココが「正しく」出来ないと その先に進んでも単なる真似事になるだけ。
  また この「刷毛塗り」ドリルの意味合いがちゃんと理解出来ないのであれば
 トライしない方が 中途半端にゴルフが壊れないで済むと思う

お金や時間を掛けて スウィングを習った人の多くが 
その動きや「振り方」の意味や仕組み、影響などを考えず 教わらずに 
ただ「動き」としてスウィングを教わる。

 レッスンプロの中には そう言ったことを質問することを嫌う人もいる。
単に 動きが反射に変えるまで 繰り返し 繰り返し 繰り返し 反復練習 する。 
そういう覚え方 教わり方をしたゴルファーは 自然と
 自分で考え その仕組みや つながり 流れなどのことを 
  考えないように「洗脳」されていくようになる
   理屈のない 理由のない動きを体に「叩き込ませたので」
    解除する為の 魔法の言葉が見つからない…   無いのだから…
   
 運動能力が高く 運動神経が良い 若いうちは良いけれど
    加齢とともに運動性能が下がると
その理屈無き「動き」を再現するために 更に練習して数をこなさなければならない…
例外もあるけれど 理屈無き動きは往々にして 体を痛めやすい動きが多い

そして 運動性能に頼った飛距離は 加齢していくと どこかで崩壊する
 しかし 理屈のない動きは 解除することが出来ない… 


そういう意味合いでは 「刷毛塗り」ドリル は 考えて 気が付いて
自発的にやらない、イヤ やれない人にとっては トライしないことを薦めする


この動きをしないと 打つことが出来ない
 この動きをしないと 飛ばない
  この動きをしないと 安定して打つことが出来ない
   この動きをしないと 体を痛めてしまう

   と自分の体の内部 頭の内部から 湧いてくるように 思わないと
    多分 トライしても より混迷が増すばかりでしょう


20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット それでは 始めよう
ボールを いつものショットよりも やや体の中よりセットする
この動きで 動かすのは
 基本的には 足だけだ
頭・顔・背骨 を含めた 上体を足の動きで飛球線方向前後に動いているだけ
 手や腕・肘の動きも「意思」を持っては何もしない
 体の向きの変更/回転も一切ない

出来るだけヘッドを動かさず 体を足の動きで 右に持っていく
その際 クラブは握っているが 自分の意志では一ミリも動かさない
クラブを持っている手 その手が生えている体が右に動くから かろうじて 右に動き と言うより 引きずられるような形になるだろう   →それによって左手の逆スナップが生まれる
それも 意思を持って 逆スナップするのではなく そうなってしまうだけ…
 クラブヘッドを上げず すこしオーバーに地面を引きずっても良いと思う

20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット今度は切り返しだ 右に動いて行って もうこれ以上行けない! となったら 今度は左に 一切回転は入れず スライドする
右でもそうだが 頭 顔 背骨 上体 すべてを 左 飛球線方向にスライドさせる
 
 視線 や 視界を 上手に使って やる方が フルショットの時に簡単になる

この時 注意したいのだが 手先を使って ヘッドを切り返しさせてはいけない
 ループを書くような 遅れているヘッドを 自発的に 今度は逆方向に遅らせるような
そんな動きを入れた瞬間 この動きはすべて無駄になる
はじめと同じく 足の動きで体が飛球線方向にスライドしていくと
 今度はだんだん 右が逆スナップ状態になっていく
        ・・・・決して 自分の意思で 行ってはいけない

もどかしいかも知れないが ヘッドは一番遠い足でしか動かしてはいけない


20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショットあとはボールを打つまで スライドするだけ

足で作る 片仮名の ハの字 を右に倒し 左に倒したりしてる だけとも言える

これは当然ながら 足を使って 体やクラブを 飛球線上 前後しているだけ だから
 クラブヘッドの ずっと ボールの飛球線後方を動いているだけ
  そのヘッドが 飛球線後方から 外れれば 腕の動きや体の回転が入っている という証






この姿勢 普通のフルショットのインパクト姿勢でしょ!
20090801 2009_08_31_23_14_53-278フレームショット


問題は その形 姿勢 位置 ばかりを真似して しまう方の人の場合だ
往々にして 色々なことを 形や見た目から 入ってしまうのだろう
そういう人に限って  「何とかスタイル」とか 「こだわり」 という言葉を
口にするけれど  
  モノ でそれを表現しているうちは タダの真似事に過ぎない