ひまわり様 から こんな質問を頂きました 

 質問です

昔のアイアンの標準的なロフトを教えてください

俗に言う アイアンのストロングロフト化

日本向けモデルだけって本当ですか?

やはりこれは、
増やして打つから減らした のでしょうか?

u=3097821428,2706946096&gp=0






    平均的なクラブのロフトは以下の通りです
   60年前  40年前  20年前  現在
 #2   22    20    19    18
 #3   25    23    22    20
 #4   28    26    25    22
 #5   32    30    28    25
 #6   36    34    32    28
 #7   40    38    36    32
 #8   44    42    40    36
 #9   48    46    44    40
 PW   52    50    48    44
 AW   --    --    (52)    50
 SW   56    55    55    56

ご指摘の通り 日本スペックだけ アイアンロフトが 現在の状況になり
 アメリカを含めた欧米モデルは 2009年モデルであっても20年前と殆んど同じです
 ☆現在でも 日本のAWやPSに当たるギャップウエッヂはオプションです


長さも含め 40年前は今の日本スペックに比べ 1インチ分短かかったので
  
ある意味 単に 4番アイアンの刻印を 6番に変えただけ とも言えるかもしれません


日本では 生涯を通しての ゴルフショット
 その 98% は練習場で  と言われています

それを元に考えると
 例えば かつて セットが #3〜SW だった頃から比べると
 現在の 話題のアイアン とか 人気のアイアン と言うのは
 #4や#5アイアンが打ちやすい事よりも

   7番や8番アイアンが飛ぶ事なのではないのでしょうか…

 全番手が打ちやすい事よりも 練習場でよく打つ番手が飛ぶ事なのではないのでしょうか…



 例えば 5番アイアンが160ヤード 打てるとしましょう
  現代のクラブ構成から考えると それから  下が7本
   160ヤードも含め それから上が 6本

   ものすごく アンバランスな気がします


 40年前の構成に戻せば 160ヤード未満 に9本ものクラブがあることになります
  ドライバーも含め 170ヤード以上に 3〜4本あれば 十分なのではないでしょうか… 

06