20090801 2009_08_30_23_15_58-185フレームショット
皆さん 椅子から立ちあがってください

     前並えしましょう

そのままアドレスの前屈・前傾を取って下さい

ボールが有るであろう 位置を見て下さい

前並えした手の延長線…  ボールはそれよりもちょっと下に有るだけです。


下半身にとってはボールは靴と同じ位置にありますが
上半身にとってはボールは胸とへその間に位置しているのです。
     意味が分かりますか

頭の中をリセットして下さい

ボールはへその高さ位に位置しているのです。
もしアドレスの前傾がなければ 直立の状態に置き換えると
 ボールは80センチ ティーアップされているのと同じ位置にあるのです

昔 ジャンボ軍団全盛の頃 みかん箱の上に ティーアップして
 ドライバーの練習をしていたの覚えていますか?
  ジャンボは天才なのです。ボールがその高さにあるのを知っていたのですから。

殆どの人がボールは足の高さ 地面にある と思っています。
地面にあるのは正解ですが ボールは足の「高さ」にはありません。



では もう一度 椅子から立ちあがって下さい

  今度は 気をつけ をして体側にぴったり腕を付けて下さい

自分にとっての「下方向」は指の指すその方向です。

  その姿勢を保ったまま やはりアドレスの前傾を取ってみましょう

その指先は足よりも後方 自分の背後の地面を指します。
 では それに対し ボールの有るであろう場所はどうですか
  ほぼ「横」のような位置にありますよね
   だんだん 混乱してきますよね



 それでは 回答を差し上げましょう

アドレスの前傾に対し ボールの位置は自分にとって横

       ほぼ同じ高さにあります。

その位置は自分にとっての 「下方向」 ではなく



色々と複合要素も絡み合いますが

   重力方向 にあるというのが

    ゴルフをより簡単にしていきます。

☆重力方向に有るってことは

  重力に任せれば 当る! 打てる! って事じゃない



一番の問題は

     あ・な・た・は・あ・た・ま・の・な・か・を
      
           り・せ・っ・と・で・き・ま・す・か?500a82bc7748e66487bf-M