20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット









インパクトの時の体の姿勢って 意図して作れるモノじゃない
じゃあ どうするのか まずは以下を見て貰いたい

http://www.youtube.com/watch?v=4KlOVPyMcBA&feature=related

 アニカはよく見切り、顔を左向けるが早いと言われる
本当にそうだろうか  機会があればスローを見て貰いたい!
彼女のインパクトは体の正面、顔自体も左は向いていない
 ただし ボールは直視していない
ここがポイントである
かなり 重要な話題なので シリーズで展開していくが

ひとつ 重要なキーワードを覚えて欲しい

  ボールはそんなに低いところにはない

やはり こんな所も目から騙されてしまっているのだが
 なんだか ボールって足のところにある
  当り前だが そこで 思考を止めないで貰いたい

足のところにある しかし それは直立不動で立っている時
 
   ゴルフの基本姿勢は前屈しているアドレス

では 今から実験して貰いたい
 まず 立って。 次に前ならえ。 
  腕は自分の胸に前ならえ  …日本中でこれやっている人が
                 いると思うと楽しい
 
それでは その腕動かさずに アドレスの前傾 取って
 ほら 普段ボールのある場所って 胸よりちょっと下!


実はボールの位置
下半身にとっては 足の高さ だけれど
上半身にとっては 胸よりちょっと下にあるだけ なんだ!


弊社のお客様は 僕の
シャフトは縦に使え とかの言葉に惑わされていると思う

 シャフトを縦に使おうとする。

 当然 腕も縦に動かそうとする。

クラブヘッドは重い。
 重い物が腕も含めて 遠い所にある…
  しかも 重心位置は重心深度のおかげで 視覚的なクラブや
   シャフトよりもかなり右にある。
    ボールを打つ方向に対しては 反対にある訳だ。

 「重い」は重力方向に掛かる力だ
ここは理解し難い イヤ 理解したくない と思うけど

重い と言う意味は 別な意味では

   動きたくない

   動かすべきではない

と言う事なんだと思う。


あぁ〜 全然理解不能になってきたでしょ。
 ボールをヘッドで打つのに ヘッドを動かすな って
 遠くへ飛ばしたいのに 動かすな って ありえねぇ〜 って


でも 考えて
 ヘッドを動かせば 必ず 重力の干渉にあう 必ず
  重力は 宇宙最大の力
   あの「光」、あのスピードで動く光すら干渉される

        グリップを10移動・動かしたとしよう
       その動きで ヘッドを10移動・動かしたら
      結果として 本当に ヘッドは10で済むかなぁ


この ネーミング  実はとても気に入っています。
 このネーミングの意味がわかってきたら 本当の達人。

この話、正確には覚えていないけど
 体調が悪いか、病気で寝ていると
  おもちゃの鼓笛隊がやってきて
   人形とかおもちゃが 主人の代わりに仕事をする
    そんな話だと思っています。

従来のスウィング  …あえてスウィングと言う言葉を使いましたが 今日からは打撃方法 と言う言葉に置き換えます。

ちなみに 僕は10年前から行っているホームページや
 ブログの中で 腰の回転 腰のキレ と言う言葉を
  「わざと」使っていないのは 当然皆さんご存じですよね
   それと同じで その言葉の持っている
    ニュアンスが嫌いなのです。誤解を生みますから…


従来の打撃方法とは 根本的に違います。
少々前に 何人かのお客様に似たような「スウィング」を
従来とは 「真逆なスウィング」 と言われたことがありますが
それよりも 明らかに進化している打撃方法 です。
その方法を経由していますが 更に 更に 先にいます

おそらく まだ自信はありません(発見して間が無いので)が

 素人が行う・出来る 打撃方法の最終型 だと思います

何より 本当に技術的に簡単

 だって 何もしないんですもん


本当に運動として何もしない とは言いませんが
従来のスウィングと呼ばれるモノの動きはほとんどありません。

 だって ヘッドを動かさないんですから…



   残念ですが 普通・一般で行われている「スウィング」を
  実施している方には一発でこの打撃方法を自身で行う事も
 理解する事も 正直 不可能でしょう。

いったん 自分の頭の中をリセットし
 基礎的な 
 ☆グリップ
   ☆アドレス
    ☆体の動き(足の動き)
     ☆腕の動き
を身につけないと おもちゃの鼓笛隊の申し込みも出来ません

技術的にも 肉体的にも 覚えてからのメインテナンス も
 すべて インチキレベル  殆どイカサマです。

こんな打撃方法を覚えれば 本当にゴルフが
   真のターゲットスポーツ  になります。



では こんなテスト・ドリルをしてみた下さい。

まず 頭をゴルフ・ゴルフスウィングから切り離してください。

 ……この練習 練習場でやるのはちょっと恥ずかしいかも

ボールを通常に位置にセットします。

6番位の長めのアイアンを持ち 普通に構えます

体は動かさなく 手・腕だけの動きでも結構ですし

左右の足を使い 多少 体そのものを飛球線方向前後に

揺さぶっても結構です。

ともかくグリップ部 こぶしをターゲットラインと平行に後ろ〜前 と動かしましょう。

ただし ヘッドは出来るだけ動かさないで

出来れば 小さな動きなら ヘッドはまったく動かさないで

まるで ヘッドを中心にグリップが回っているような
            そんな動きになるでしょう。

ここで 大半の人が躓き、そして気が付きます。

 ヘッド動かしてぇ〜 動かしてぇ〜 動いちゃう〜  って


正しくは あえてテークバックと言う言葉を使うと
 手だけが飛球線と平行に初期アドレス時の真後ろに下がり 
  フェース面はその場(ボールの真後ろ)で左を向きます。
   折り返してくると手がボールを追い抜き 
    フェースは右を向きます

一つ目の課題 ヘッド動かしてぇ〜 をクリアすると
次の課題にぶつかります。

折り返しの時 自分で切り返そうとする動き です。

この動きが入るとヘッドは重心位置とその重量のせいで
    「必ず」開きます。
 重力はそんな無責任な動きは 絶対に見逃しません。

あえて言うのなら ペンキの刷毛塗りの動き でしょうか
塗料を付け 塗る板の板の上を刷毛を右に動かします。
     刷毛先は必ず手よりも後方です。
板の面を塗装するのに刷毛先を進行方法に向けて
 塗装をする人を見た事がありません。

さあ問題は端にいって 折り返す時です。

自分で切り返すと 端だけ濃くなります。
 また 切り返す時に ペンキが飛び散ります。

刷毛先を動かさず 自分の手だけが切り返す動き が正解です

クラブでそれをやるには 反動をつけようとする 欲求です
右に動いた物 手を止めることによって
 左に跳ね返ってくる動きをしようとする欲求です。

 動・か・し・た・い・で・し・ょ ク・ラ・ブ・ヘ・ッ・ド


二つの課題がクリアできると
 何故か ボールはつかまります。
  この方法は 絶対にボールをこすることが出来ません
   どんな事をしても ボールがつかまってしまう
    そんな方法です。
     慣れてくると ヘッドはダフリもトップもしません
      ヘッドを動かしていないのですから…
       振り子に動かしていないのですから当然ですが…

腕・手先でボールが打てるようになったら
 飛球線と平行に アドレス時の体の向きのまま
  足を使って 体を揺さぶってみましょう。

はじめはゆっくり徐々に大きく………



ここで 重要な課題がまた登場です。
 大変 厳しい言い方ですが

これがこの時点で課題になってしまう人はあきらめるか

今一度 ブログのスタート&ホームページを読み直して下さい


いいですか

よく頭を柔らかくして聞いて下さい。

ものすごく 当り前な そして 重要なこと

クラブヘッドの横の動き

真上から見たとき 人間の背骨を中心に

腕とクラブの長さで作る 楕円 
   少しストレートのある競技トラックのような円

この横の動きは
 体の向きが変わらないと発生しない 
               のですよね

今の時点では 手も飛球線と平行に前後

        体・脚の動きも飛球線と平行に前後

      ある意味揺さぶっているだけ…  と言う事は

クラブヘッドも飛球線の延長線上を前後しているだけ の筈


さぁ 自己採点して下さい。

 トライした人の殆どがここで脱落  でしょ




クラブヘッドを手で動かしている
手が動いただけなのに
ヘッドがもも動いている

     だけでなく

体の動きで動かすはずのクラブの横の動き
 あえて言うと 円の動きも腕でやっている


   ここで 再認識した筈 です。


ここはまず反省して下さい
     認識して下さい
     確認して下さい

 そして 理解して下さい



ものすごくシンプルな動きですが
 これがインパクトの基本中の基本

   俗に言う    本道     です


出来るようになるまで 何度でも繰り返して下さい
 本当に 何度でも 何度でも 何度でも……


この動きが出来るようになると

飛躍的に パッティングと アプローチは進化します



この方法は 「劇薬」 です

出来る人にとっては 楽チン 無気力 打法になると思いますが
 理解できない人にとっては 最後までチンプンカンプン
  より自分のスウィング理論が複雑になるでしょう……