ダウンスウィングの様子

言葉で表しても 想像外生物

  食べた事のないドリアン なのだと思います


   ここは思い切って 脱いで貰いました  ひと肌ですよ…
  誰も 見たくないでしょうし  私も見たくありません。


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット
この映像 撮影用ではありますが 結構 本気で打って頂きました!
このように 右肘は決して左腕よりも下側から見えません どちらかと言うと上側からみえるのです。 想像力を働かせて頂けると良いのですが 両腕が自分の意思で下げたように見えますが 実際には体の向きの変更&前傾姿勢により 下がったように見えるだけで すごく積極的に下げた訳ではないと思います
ただ 始める時のクラブ姿勢が 
 自然に腕が下がって行くクラブ姿勢 であるのは確かです

かなり大きく左へ移っているのがうかがえますね
20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-798フレームショット












体のシフト 向きの変更に 腕が遅れない
 手遅れにならない  その環境が整うと
肩周りの 「ゆりかご」 の動きが発生しません

肘から先 特に手首周りの コック スナップ方向
  ともに 殆んど動いていないのにも注目して下さい

3コマ目〜4コマ目を見ると 右腕 右肘を使って
 左手 & グリップを 進行方向に押している のが分ります

  右手を使うのは  このタイミングと言う事になるのでしょう

 ダウン〜インパクトまでで 肩も含めた腕で使うのは 右肘だけ
  と言うのが よく分りますね
   それ以外の個所は 動かさない事に使う と言う事になるのでしょうか



ご本人いわく  ダウンではインパクト直前に 右肘だけちょっと使う
 それ以外の部分は固定! 特に手首周りはコックにしても スナップにしても
  トップのところで折角出来たんだから  完 全 固 定
   テークバック トップ はクラブにとってはヘッドを高くし
  位置エネルギーを確保するために行うんだけど
 人間にとっては インパクト姿勢を作る為 と言うか
先に
インパクト姿勢をトップの位置で作る為 行うんだ  
 とのこと。



 一番スピードの速い 一番時間の短い 一番負荷の掛かる ダウン
  体の中で一番筋力の少ない 腕や手を動かそうなんて
    愚 か 者 の 考 え   だと指摘されました
正しいアドレス グリップ テークバック そしてトップでのクラブ姿勢があれば
 両腕は勝手に下がるから 自分の意思でやろう なんて思うより
  先にそのクラブ姿勢を作ることに奔走しなさいとの事です。



これを見ても 分る通り  まずは
 股関節 右から左への 大きなシフト によって
   結果として 体の回転    右を向いていた体が解かれ
     体がボールに対し 正面を作っています

ご本人の要望から 顔・頭はカットさせて貰いましたが
 シャツのボタンの位置が かなり大きく左へ動いているのが
  分るかと思います
   平均的なスウィングでは 2コマ目の位置に頭を残してしまうので
    4コマ目の姿勢がもっと 右に倒れ くの字になってしまいます
     それでは ボールに届かないので
     
 スナップを解き 結果としてロフトを立てられなくなる

  また その動きが ボールを上がりつら で捕えることになりますので
 常時 ボールよりも 手前の位置が ヘッドの最下点になっていまいます


  
左へのシフト …「ダッキング」 と言いますが
 表現が難しいのですが 右サイドはそこに置いておき
  左サイドだけが 左にずれた    そんなニュアンスでしょうか…

  出来れば この動き    短い時間で行いますから
 実際にボールを打つ動きではなく アプローチやシャドウスウィングで
 感覚を身につけた方が良いと思います

 実際にボールを打つ時は 視界を使ったコントロールが有効 です