新「悶絶」クラブ
 基本的には2種類の対応があるでしょう

まず 今まで ハミングバードのクラブを使ってきた人には

さして すご〜い悶絶が待っているとは思えません? と思うけど。

ボールの位置なり 少し慣れてくれれば ある程度の変化は見えてきます。



 始めて使う人にとっては 良い意味 悪い意味で衝撃的かもしれません

まずは 特に何もせず 今まで通り 振って、打ってみてください。

かなり はっきりと スウィング中で 体の右側に重さが掛かる と思います

練習場では ダフリまくり  もしくは その対処法として トップしまくり

かと思います。

特に 刷毛塗りドリルや 視線を考えて やるより

まずは そのダフリと付き合ってください。 でも 決して

  ボールは決して右側においてはいけません

  ボールの置く場所は アイアンで 左足かかと 付近 でトライして下さい。


ヘッドを振ろうとすれば クラブは強烈に重たいでしょう。

特に テークアウェイでの クラブの動きがバタバタするでしょう。


開いて上げる人 手で上げる人 クラブを横に動かす人 にとっては

強烈にクラブ… ロフトが開き 強烈なローテーションの必要性を感じてしまうでしょう

普通に打てば 全番手 ロブショットになってしまいますから…。

それを 少しずつ 押さえていくことから始めましょう。



   クラブが重くなる 軽くなる


これは クラブの重力に対する動こうとする方向と

 自分が動きたい方向、もしくは自分がクラブを動かしたい方向

それが異なる時重く 似ている時軽くなりますから


あまり 色々なことはせず 少しずつ 少しずつ 慣れてください




driving range


まずは 7番や6番アイアンのランニングアプローチ

ここからスタートして下さい

ランニングアプローチ数球 フルショット数球 ランニングアプローチ数球

一番少ない動き 一番少ない加速 力加減

自分の その番手 で飛ばす ある距離

 それを 最小限の動きやスピード 力加減で実行してみてください