よ〜く 考えてくださいね

BlogPaint

ゴルフのアドレスは
股関節から下は 概ね直立
股関節から上の重い部分である胴体はボール側に傾いて構えます

人間の体の構造を考えると
 両足の付け根(股関節)は
体の左右に対しても 前後(厚み方向)に対しても
背骨の真下にはありません。
左右はある意味 体の幅分  前後はホンノすこし前側にずれています。

それを前提に ゴルフの回転を考えてみましょう

もしも 頭の頂点 一番高い部分から
体の厚みの真ん中を通った串刺しのようなモノを軸をしたら
頭という一番重たいモノが 体を回すたびに左右に振られることになります
しかも ゴルフクラブは 自分の「どこか」を中心に
円を描き その先端にはヘッドと言う重量物が付いているので
運動中 かなり複雑 立体的に 想定外の不可抗力 遠心力が掛かります

遠心力 と言うのは その運動をしている本人を
外方向 外方向に 引っ張ろうとする力です

 ボールを打つために 必要だ と思っている限り
  決して 飛ばすことも 安定させることも 難しいでしょう


先ほどの 串刺し をイメージして スウィングしている人の
映像や画像を見ると テークアウェイで必ず ボール側に倒れます
アドレス時の 背骨のラインにテープなどの目印を貼り
映像を回していくと かなり ボール側に体が倒れます
しかし その時は クラブの遠心力は ボールとは反対方向に掛かりますから
まだ バランスがとれるのですが  (勿論間違っていますが…)
 インパクト フォロー と体が左向きになり始めると
体がやはり ボール側に傾くのと クラブの創る遠心力方向が
似てきますから バランスが取れなくなる
 そのことを事前に察知した本能が 体の前傾を無くし
体のバランスを取り 一番重たい 一番大切な頭を守ります

よって 前傾が無くなり 体を左方向に 思いっきり開くことになるので
 スライス  手を返して間に合っても 引っかけ となるのです

 これは スウィング中に 重い頭を左右に振ることと
手の先にクラブと言う負荷を持っているという事を考えていないからなんです