スウィングとスコアの関係
単純な比例・反比例の関係ではないように感じます

正直 スコアがすごい人ほど 独特の動き・スウィングをしている人を
多くいるような そんな気がします(気がするだけ?なのか)

ショットは =スウィング と言うわけではありません
ショット = クラブ × スウィング(含む体力) のようなモノだと思います

そのクラブに合った打撃方法と言うのが存在します
使う人のスピードやスタミナを含めた体力に適応したクラブであるのか 否か

これによっても 打撃方法は変わりますし
400ヤードのミドルホールは 300ヤードドライバーショットで飛ばすことでも
2打でグリーンに乗せることを強要しているわけでもありません。

パー4 という事であれば 幾千万通りの方法の中から 4打でカップインさせる事
それを目標とする訳で ドライバーが芯を喰う事や アイアンがロフトを立てて打つ
そんなことを要求しているわけではありません。

アマチュアのイーグルやバーディーは意外にもパターを入れて
というモノより グリーンの外からのショットがドンと入ってしまう事が
一番多いものです。


スコアを基準に考え スコアが良くなっていくと
あるところまで来ると パット比率(パット数が増える)が急に上がります
昔は ★ドライバー駄目 ★ショット駄目 ★アプロート駄目 ★パター駄目
だったのが ▲ドライバー何とか ▲ショット何とか ▲アプローチ何とか と
今まで以上にグリーンに乗るようになり アプローチの回数分が
パッティングの回数に回ってしまうようになります。
以前は 20ヤードのアプローチをしていたので 1アプローチ 2パット(たまに1パット)
20メートルのパターから始まりますから 3パット(ごくまれに2パット)
ですから パターの回数が増えてくることになります。
これは 決して パッティングが下手になったのではなく
ショットの確率が少し高くなり 乗るようになってきた 一つの証明でもあります。


本題に戻りましょう
総じて ちゃんとしたスウィングを覚えた人は ショットの時に難易度を感じません
難易度を感じないと あまり練習せずとも ゴルフがそこそこ出来ますから
悪いゴルフにもならないし 安定しているが故にすごいスコアも出ません。
スコアを出すのは スウィングにあまり関係なく
 練習量 コース量 が絶対条件ですから
  スウィングの正しい人はあんまり練習しませんから
   スコアはずば抜けているようなことにならない傾向が多いようです。

逆に スウィングが個性的で 練習してメインテナンスしてしないといけない人は
練習量豊富です。 練習を色々としますから 独自のショットを編み出しますので
コースで試したい  ですからコースに出る頻度も上がります。

本当にスウィングに優れたアマチュアで 心底ゴルフにはまっている人
      あまり見たことがないような…

正しいスウィングって 口で説明し難いですから あまりスウィング談義もしないし
誰かが聞いても あげて下す だけみたいなニュアンスで逃げてしまう傾向が多いのでは…
そんな気がします。


幾多のプロでも スウィングの素晴らしい人ほど
あまり「スウィング」について語ろうとしないような気がするのですが…


結論にはなりませんが
スウィングの是非と スコアは 直接的なつながりはないような気がします
プロのすごいスコアで回る人や 優勝する人の中にも
独特で 「お手本」とはならない人も多くいますし…


 スウィングが良ければ ショットはいい、かもしれない
  しかし それを 成績につなげるのには
   僕は やっぱり 経験も含めた  数(回数)の論理だと思います


目標の違いかも知れませんが 良いスウィングの人のラウンド中の最大の目標は
 「気持ちの良いショット や 気持ちの良い弾道」 で
    スコア重視の人にとっては それは 最優先事項では無いのではないでしょうか

昔 どこかのプロが

   スコアは金で買うモノ

  
   スウィングは心でつかむモノ


       と言っていました


   ちょっと えげつないと言えば えげつない言葉ですが

    基本的には 賛成です


ハンディ ひと桁になるには
 ゴルフ人生の中で 年間に30〜50ラウンドをこなす必要がありますし
  それを 3年以上 保たなければ なりませんから
   一般的には かなり難しいでしょう


たまに雑誌なんかに出てくる サラリーマンゴルファーの ローハンディの人
 雑誌に出て来る位 レアな存在 といった意味でしょうか…