ちょっと一休みしたいので HPから持ってきました
  すんません!    異議・反論 お待ちしております



 そして現在ご自分のお子さんにゴルフをやらせている方が
これを読まれてお怒りに成られるかも知れません。ごめんなさい…
 あくまでも私個人の経験と意見ですので該当されない方も
いらっしゃるとは思いますが書かずにいられない状況なので
 ご了承下さい。


 お気づきだと思いますが 私は学生時代ゴルフではない本格的なスポーツ活動
俗に言う部活を行ってきた体育会系思考です。
 その私が多少の偏見を持っているとは言え
自分の息子や娘に高校を卒業するまで遊び以外で
ゴルフをさせるつもりは毛頭ありません。 

勿論私個人の財政事情もそうさせてはいますが 
もし本格的にソフトボールやバスケットなどのスポーツで
一流になりたいといったら私財を投げ打って協力するつもりはあります。

 でも 絶対に 今の日本で ゴルフだけは駄目です。

ゆくゆくは プロのスポーツ選手として 育てる と言う意味では
  ジュニアの時点で ゴルフを選択する と言うことは
 運動資質 運動性能が低い と可能性が高い と言えるでしょう

また 競技ゴルフでなく行わせている場合 勉学に差支えない
 運動量が少ないので へとへとになって 勉強に妨げにならない
  というのもあるでしょう。

親として 子供にスポーツをさせる意義は 体を鍛え 人の心を知り 
自分をコントロールすることを覚えることで 
勝つことやプロになることは本人が望むかどうかは別として
 親の望むべきことではありません。 

その中で体の鍛錬 運動資質の向上は非常に大きな課題です。
 ゴルフではなく他のスポーツをやることの方が
  圧倒的にその性能を磨くことが出来ると思うのですが…


 次にそれを取り巻く親が作る環境がより劣悪にしているといっても良いでしょう。

親はあくまでもその子の正規なファンであって
負けても弱くても見守ってあげるのが務めで 
勝ち負けや成績に口を出すのは本来の目的とは異なります。

 自分の子供がモラルやルールを守らず 
コーチや監督から殴られるのは心苦しい反面、有り難くも有ります。
仲間の中でバランスをとり 泣いたり喜んだり一喜一憂し 
色々な場面に応じて自分で状況判断をし 
自分で決断する能力を体と共に鍛えていくことの
重要性は40歳を過ぎた自分にはその重要性は一番価値のある財産だと思っています

 それを学べる環境がゴルフ 特に日本のジュニアゴルフには見つかりません。
ろくに挨拶も出来ず 中学生になってもちゃんと受け答えの出来ない
そんなジュニアゴルファーがよくテレビに出てきたりしています。

自分の子供の育成に金を掛けたから取り戻す といっている親もいるほどです。 

色々な価値観の人がいるから世の中はおもしろいのですが
 その人がナンセンス というよりも
それをワイドショーにしてしまう世の中の常識の方が問題でしょう。 

子供のゴルフに毎年200〜400万円も掛けられる それはそれで幸せな事ですが
   それを 当たり前で有り難いとも思わない 子供、
そんな環境が狂っていないと言えるでしょうか。 


某有名プロがたまたまコンディションの悪いコースでスコアが悪く、
頻繁にコースやその整備する人を公に批判しています。
その非紳士的な行為により 
  そのプロは二度とチャリティーイベント等には呼ばれませんでした。

試合終了後のインタビューを聞いていても
 欧米の選手とかなり違う異質なコメントが多く、
  また他のスポーツでは聞かれないようなコメントが日本人のゴルファー、
   特にジュニア出身の選手から多く聞かれます。

 成績の悪いときにいつも自分以外のせいにする傾向も
  非常に強いように感じられますが気のせいでしょうか?

 

ジュニアゴルフの試合を見に行くと最終ホールに親の人垣が出来ます。
終わってきた子供に対し 大半の親が一言目に「スコア」を聞きます。

中にはスコアに対し暴力を目にするケースも少なく有りません。
 故にジュニアゴルファーの殆どがスコアのごまかしを経験しています。 



 道具に関しても然りです。
親は小学生の身長に対し 
自分のクラブを短く切った物を渡すのが平均値だと思います。

体重の少ない 筋力の無い ヘッドスピードも無い小学生に
 大人用の更に使わなくなった 大人が使えなくなった
それを切ってしまったものを渡して
 ゴルフクラブの使い方が覚えられるでしょうか? 
  シャフトがしなることや ヘッドが重い事を覚えられるでしょうか?



 例えばアイアンは半インチ短くするのに約7gが必要です。
子供用に2インチ短くしたとしたら
 約30gも軽いヘッドのクラブを渡すことになるのです。

 読んだ方は多分力が無い子供だから30g軽い方が楽だろうと思うでしょうが
      全くの反対です。

 力が無いからこそ 自分以外の力が必要で
軽い方が振りやすいという発想は目的と手段が反対です。 
 ゴルフクラブを振ることは 
それを使ってボールを打ちゲームをする目的の手段であって 
振ること自体は目的では有りません。


学校で授業を受けるのは 学習方法を学ぶ事や 知識を仕入れる事で
 テストで点数を良くするのはそれを促す為の手段で目的では無い筈です。

撓らない ヘッド重量の無いクラブを使ってきた子供達は
必ずクラブではなく自分を撓らせて使っています。

ジュニア地代に活躍した殆どのプレイヤーは大人になる頃には壊れてしまいますし
数少ないプロプレイヤーになっても活躍年数は限られてしまいます。

プロスポーツ選手として意識も少なく、
アメリカ遠征の際に欧米選手のトレーニングを見て
ビックリする中堅の選手もいます。

悪く言ってしまえば他のスポーツに早期の段階で落ちこぼれてしまい、
当然体格も恵まれておらず、トレーニングにも興味が無い、
社会的な環境においての自分の立場も読めず 
当然正しい道具の使い方も学んでいない 
自分以外に興味を持たず物や人を大切に出来ないから

   最後には自分も大切に出来ない

そう言ったことにより他のプロスポーツよりも本来活躍年数の長い筈なのに
    早期に離脱してしまう 概ねこんな状況です。

本来 ゴルフ競技は 自己の精神コントロールや 状況分析
 自信 決断 等 経験が非常にウエイトを占める筈のスポーツです
  ですから 30歳以上の選手の方が 強くて当然に感じるのですが…
   日本の選手は28歳位を目途に徐々に消えていきます。
    25歳位から 体の痛み 特に腰回りの痛みに悩まされているプロも
     非常に多いような気がします




有名高校では有名選手は学校から
  無名選手は選手の親側から金銭が出ていると聞いています。

中学校の時代から有名選手は大手メーカーからのサポートを受け
 本来のアマチュアではなくなってしまっている事実も表には出てきません。

それらがゴルフ業界全体の未来を支えているとは到底思えず 
  やはり「緩やかな自殺」への道を進んでいるような気がするのです。



もしかするとゴルフだけではないのかもしれません。 
娘の小学校では先生に「ため口」を使う女の子がいます。
先生の事を呼び捨てにする生徒も少なく有りません。
授業参観で四六時中しゃべっている親も多く見かけます。
サッカー教室でコーチが「今日は新しく○○をやってみよう!」というと
 必ず「無理! 出来ねえよ!」が一番初めに出てくる言葉だそうです。

 わざわざ自分の足でやってきているサッカー教室で学びに来ているのに
 やる前から「無理」と言い そんな言動を許す親が数多くいる限り
 日本そのものの「緩やかなる自殺」は悪い意味で終わりが訪れるかも知れません。

 
 いや 私は違う 子供は正しく育っている 
   と反論があれば救われるかもしれません。
 

 この文章は5年以上前に書いています

世の中が変わり 良くなっていくかも

 という期待もあったのですが

まるで 悪い方 悪い方 へ進んでいる実感しかありません。


日本の大人に取って

 ゴルフは数少ない 楽しい娯楽 です。


仕事の事や お金の事から 少し離れ

 子供にかえって 友達や自然と戯れる 

  素晴らしい「遊び」です。


  
  ゴルフをする 大人 のレベルが

急激に 強烈に 下がってしまったような

ちょっと 恐怖にも似た感覚があるのは

僕 一人だけ の 錯覚でしょうか

      そうだと良いのですが…