脱・力・オ・ヤ・ジ・さ・ま 江



ハードスペックの引退勧告を確認すべく、
今朝届いたNewアイアンで午後は庭先で
全番手を軽く慣らしで3〜10Yドリル、
いきなり アプローチ名人 へ変身。
夕方には練習場へ、異次元感覚を存分に味わう。

オヤジさん こりゃまた更にヤバイですよ

自分ですることは切り返しまで。
ここまで如何に無重力状態を維持するかで
全てが決まります。
重力に抗うのではなく、なるべく無重力感覚で。
テクニカルなことは全くいらないですね。

一番最初の動きにちょっとだけ工夫が必要と思いましたが、
これはドリルと反復ですぐ身に付きそう。
無重力感覚を磨くことだけが上達への道と感じた次第

試しに、重力抵抗スイングしてみましたが、
指がちぎれるかと思った(汗!)


確かにハードスペックとは次元が違いすぎる。
4年半前、彼らは確かにこの異次元への
道先案内人として、ここまで導いてくれたのは事実。

でも、彼らの役割はここで終わったと改めて実感しました。
(ヘッド重量だけでも30g以上違うのですものね。)

まるでこの異次元に自ら選択したかのように
誘(いざな)ってくれたオヤジさん、あなたは本当に○○○!!


さりげなく目の前に置かれた禁断の果実を食べてしまいました。
もう元には戻れません。


今日は一日中練習してたけど、疲れ知らず。
明日はお気軽ラウンド行って来ます。

アプローチをやっていると、パターも感覚が更に
研ぎ澄まされてきますね。



本日、全部一本の線で初めてつながりましたよ。








果たして コース初体験はどうなったのでしょう

    期待半分、恐怖半分…


報告を聞きたいような…
   聞きたくないような…


   楽しめたのでしょうか  心配です




             to be continue........