最近 流行りのパターの動き(方法)は
  前傾を大きく取り 目の下あたりのボールをセットし
   両腕を イヤイヤ のように左右に揺さぶる「ゆりかご」の動きである


クラブは振り子の「ように」使う という大きな間違いから始まっている
レッスンプロや雑誌のパターの振り方でもそう誤って紹介されている

その動きは ある意味 腕の揺さぶりでは無く
 肩甲骨を交互に揺さぶることによって起こっている動きだ。
  ほぼ100%に近いゴルファーが「パターはこう振る」と思っている


こ の 動 き は 正 し い ク ラ ブ 扱 い の 天 敵 で あ る

 最大の天敵と言っても間違いでない

この動きが身についていると ショットの際
無意識・反射的に体の向きの変更に対し
動くはずの イヤ 移動する筈の肩から先の腕やクラブは遅れる ずれる

それに伴い スウィングのロジック・決まり文句の中に
レイトヒッティング や ダウンスウィングは足から とか
ヘッドが一番遅れてくる や ハンドファーストでのインパクト
などがあるから この動きはイメージと一致し易い

パターの際は 前傾をきつく取り 肩から自然にぶら下がったクラブをもった腕を
肩甲骨を交互に背中側に貼りだす 押し出す動きで
クラブの振り子の動きを作っているのだが  (最悪の動き)
スウィングの中では それが本来 クラブの横の動きを完全に司る筈の
骨盤・お尻・秀二の動きに対し 横のずれを発生させる

意識的にそれを行うと クラブという負荷を持っている事や
クラブが左方向の動きに 右方向よりも 負荷を強く持っている事などが絡み
自分の「意図的に遅らせる」その動きよりもさらに遅れる ずれる

自分の体の姿勢
左の直立足 軸足が出来たところ
 そのタイミングが本当は 「インパクトタイミング」

しかし この「肩のゆりかご」動きがあると
 そのタイミングの時には まだクラブは正面よりも右にある
  ここからは 意図的に腕を振らないとボールは打てない

自分では手を返していない
 ローテーションをしていない
  ヘッド(フェース)ターンをしていない
   そういった自覚のゴルファーが多いが 実際のそれは非常に多く行う

また「肩のゆりかご」を行っている人の場合
 自分が腕や肩の動きで ボールとコンタクトする際には
  足を含めた骨盤は左を向き始めるので
   胸や腹は上を向き始める
    そのタイミングで「肩のゆりかご」の動きを行えば
     下半身の上下ラインに比べ 肩のラインは上を向く
      腕の右サイドに偏重した物体を持っていれば
       不可抗力によって その動きは強調される
        体の進行方向が上下に泣き別れしてしまう
肩のゆりかごを取り入れて ショットしている人の殆どが
 そういった理由から ボールは真ん中 右寄りだ
  左かかと 左つま先に置けば 届かなくなってしまう


この問題は意外に根深い
 一番急所になる スピードの速い動作が故
  反射的に動いてしまう回路が構築されてしまっているからだ


丹念にパターの動きから直していく他ないだろう


この単なる勘違いから起こってしまった動きは
日本人のゴルファーを蝕んでいる
たったこれだけの動きがショットの中に入り込むだけで
 ゴ ル フ ク ラ ブ の 基 本 性 能 は 死 ぬ




クラブヘッドは足が動き
 体が動かない限り 一ミリたりとも動かない


肩を含めた腕の動きではクラブは動か「さ」ないのだ

肩の乗っかっている骨盤が向きを変える、動くから
 肩も移動するのであって 肩を意識的にその動きに
  同期させるのでも無く 乗っかっている土台が動くから
   肩・肩のラインも動くのだ
     という最低で最大の認識を持って欲しい