本や雑誌、ブログなどを見ていると
ゴルファーは何故 そんなに「スウィング」にこだわるのか
という疑念に突き当たる。
 年がら年中「スウィング改造、スウィング改造…」
本当はゴルフに飽きていて 何とか新しい事にトライして
ゴルフをし続けようとしてさえいると 感じてしまう

別に ゴルフというスポーツは スウィングの品評会じゃ無いし
 スウィングさえ良ければ ゴルフがうまくいく保証は一切ない
  ある意味 スコアとスウィングは殆ど関連がないと言えなくも無い



自分がすぐれた運転手/ドライバーになりたい としよう
詳しくはないので 推測の部分が多いが
色々なシチュエーションを数多く走れば 優秀なドライバーになれるのか?
僕のように 家族を乗せ ちょっとそこまで という意味では正解だろう。

でも 運転をスポーツ として考えると
レースをしよう! とまでいかなくとも
車のメカニズムを知らなければ
 優秀な「スポーツ」ドライバーにはなれないと思う

ブレーキのメカニズムはどうなっているのか
 エンジンからのエネルギーをどうタイヤに伝達しているのか
  タイヤはどうなるとスリップしてしまうのか

ファミリードライバーであっても知っていて損はない筈だ。


お題目のようだが 「スウィングを良くしたい」「改造したい」という言葉は
まず クラブというメカニズムを知って 初めて成り立つのではないか?

ス ラ イ ス を 治 し た い
 では いったいスライスとは何なんだろう
  どのようにしてスライスは発生するんだろう
   どうなると どうボールとヘッドが当たるとスライスになるんだろう
それを無視して スライスを治したい は無意味だと思う

ボールは祈りや念力では飛んだり 止まったり 曲がったりしない

当たり前だけど 現状を知らずに治そうとする行為は
 あたかも 精神を研ぎ澄まし 念力でスライスを治そう としているのと
  変わりがないような気がするけれど…


ボ ー ル が 飛 ば な い
  何故 飛ばないのか
   ヘッドスピードが極端に低いのか
    そうで無いのなら何故飛ばないのか
     どのようにすると 「飛ばなく」打てるのだろうか
      自分の現状を見つめ 解析することから始めているだろうか

いつも通りに当たり いつも通りにボールが飛んでいく
いつも通りのグリップで いつも通りのアドレスで いつも通りの動き
それを繰り返しているだけ では 念力でボールを飛ばそうとしているのと同じだ


スウィングを改造する☆変える☆クラブ扱いを変える


そう星に願えば 次の一球からすぐに飛ぶようになるのか
              すぐにスライスが治るのか

    

今まで通りから徐々に飛ぶようになるのか
          スライスでは無くなるのか

    
一般的なゴルフスウィング理論は
 根本的なゴルフクラブの構造を無視している

基本的なゴルフクラブの形状や重量配分を無視し
 人間のまるで神技のような技術によって
  それを成し得ようとしている

勿論 可能性がない訳ではないが
 ある意味 偶然のような可能性を狙っているので
  かなりの練習量と経験が必要になる

神技が成し得ても それは次のショットには
 ほぼ全くフィードバック出来ず
  ショットの度にスロットマシンを動かしているような
   そんなボールストライクになる



正しいクラブ扱い
 これを「技術論」だと思っている限り
   不可能だと思う


☆必要十分に重いヘッド重量
 ☆必要十分に柔らかいシャフト
  ☆必要十二分に柔らかい頭と心



この三つあれば それだけで良い
 特に最後の一項目が無ければ 全くの無意味になってしまう