最後のドリルですが、以前スイングを見てもらいに訪れた際に、パッティングのやり方で教わった方法と同じですよね。
教わった直後に、アプローチに取り入れて練習したことがあります。
確かに捕まる。
でも、当たるだけで、距離のコントロールが全く出来ない、という結果でした。よって本番ではやったことがありません。

この方法だと、ヘッドを動かさないように、飛球線方向で手首とクラブの作る角度が大きく動き、力がそこで全て抜けている感じになってしまいます。
パターは可能性があると思いましたが、この動きがアイアンやウッドで100〜200ヤードを打つ方法として成立するとは到底思えませんでした。



鼓笛隊ドリルを始めた多くの人を代表するような質問なので載せてみました

ドリルを始めてみた人の多くは 上の質問を抱き
 そこで思考がストップしてしまったでしょう、分かります。

もう一度 落ち着いて 上の質問を読んでください 
   上の質問には 多くのヒントが内包されています。


それでは解説していきましょう
歴代の多くのプロ(勿論全員ではありません)の写真を思い起こして下さい。
ほんの少しだったり がっちり 打っている人によって差はありますが
トップの位置で左手は甲側に折れています。
では フィニッシュの位置はどうでしょう。
これも殆どの選手の右手は甲側に折れています。
     これは何を示しているのでしょう

  何処かに思い当たるフシ ありませんか?


今でも呪文のように つぶやき続けられるゴルフの金言
 ☆スウィングは円運動である
 ☆シャフトは横に走り ボールを弾く
その動きを簡単に 実践するにはそうすれば良いんだろう と考えました。

 「手の返し」「ヘッドの返し」 「ローテーション」
  とは実は 「スナップの動き」 なのではないか と。
 スナップの動きは 割に誰でも簡単に出来る動作で
     (ドラマの中でも よく主人公がガールフレンドにやられます)
スウィングは円である、や シャフトは横に走り ボールを弾く
 などとのイメージのつながりもよく、実際に多くのアマチュアを見ていると
成功・不成功に関わらずと 腕を回転させるローテーションの動きよりも
率先的に スナップ = 横ビンタ を行っているのだ、と。

結果として ローテーションになってしまうのは
ゴルフクラブには偏芯・偏重の特性「重心位置」のズレが存在する為
向きを変える動きのなかでは ヘッドのターンを誘発するのです。


このドリルをやる上で 行うのは足を使った体の揺さぶりと手の動きだけ
この動きで飛ばせる距離は「当然」限られています。
 それは 何故か?
ボールを飛ばす・飛ばさない この距離感、すなわちスピード感は
体全体で行う動きで どこか局所で行うものではありません。
これはドリルなんです!
 すぐにボッカンスッカンドライバーを打つためでは断じてありません。

上記の動きに ☆体の向きを変える動き
       ☆ヘッドの高さ(位置エネルギー)
これを加えない限り ボールは 「当然」 飛びません


しかし 上の質問には 手のスナップの動きが封じられているから
 ×距離感も出せないし
 ×飛ばせない
と書いてあるのです。


ある意味 答えが書いてあるのです。
 小さなアプローチを行う場合 殆どの人が
 手さばきでボールを捉え 飛ばし 方向を出そうとします。
その動きは 手の位置を動かさず スナップの動きでヘッドだけを動かします。

質問中には
 確かに   つ・か・ま・り・ま・す  とあるのに…

切り返しの時に感じる違和感は
今まではそこで 手を急に止め その反動でヘッドを動かしていたからで
逆に ヘッドを動かさず 手を止めずに 常時動かしているから
感じてしまう 違和感だと思います。


 百歩譲りましょう
打ち手がどう打とうが どう距離を出そうが
どう距離をコントロールしようが
手さばき(スナップ)を使ってボールをさばこうが
距離コントロールをしようが   その人の自由です。
   一切 賛成 も 反対 もしません 

 しかし スナップの動き 手のさばき
手の動きでヘッドを動かす方法でボールを打つ限り



   ×クラブの機能は一切あなたを助けません


   ×ボールを飛ばすのも一切自分の仕事です


   ×飛ばしたければ 筋トレ して下さい


   ×クラブにミスの寛容性は一切求められません


   ×ミート率を上げたければ ひたすら球を打って下さい


   ×出来るようになっても 練習は怠れません


   ×クラブはどれに変えても殆ど違いがありません
  





 厳しいかも知れませんが 上記を受け入れるのであれば
  このドリルは忘れて下さい。   有難うございました。