ゴルフのクラブ扱い(ゴルフスウィング)は本当に難解なパズルである

ボールをあんなに遠くに飛ばす
アメリカのドラコンチャンプのボールの初速は
   時速300kmに迫る

長〜い棒の先にある鉄の塊で ボールを打つ訳で
それを人間がくるりと回転しながら打つんだから
ヘッドを振っているように見えるのが ある意味 正常!(正解じゃないよ)

でも ヘッドを振ろうとすると うまくクラブを振ることが出来ず
世の中には その動きに一万回もトライして 答えの見いだせない人が
大勢いる イヤ 殆ど全員の人だろう

気をつけないと ローハンデイの人やレッスンプロの中にも
 ヘッドは当たり前のように振るものだ と思っている有様…

右からも 左からも 北からも 南からも
 「う〜ん 上手な人はゆっくり振るんだよな〜 それで飛ぶんだから…」と


では 反対に考えてみよう
2メートルの棒の先に重さ1キロの鉄の塊が付いている物体
出来るだけ先だけを動かさないように 動かさないように
棒だけを振る?  動かしたとしよう
棒をスライドさせようと「思い」 棒を動かしたとしよう

果たして 見ている人には どう見えるのか?


その場から動かず その物体をスライドさせて 動かしたら
体って回っちゃうんじゃないかしら?
体の動きそのものを特に制限せず 動き方も指示せず
その棒を動かしたら 自然な動きで体って回っちゃうんじゃないかしら

その棒の先にある鉄の塊で 地面にある何かを打とうとしたら
真っ直ぐ立って 体に対して棒を斜めに振るよりも
体を少し傾けて 体に対しては 横方向に動かした方が楽なんじゃないかしら

長くて先の重たいモノを腕で横に振ると重いし 危険…

体に対し斜めに動かすのは 重くてム・ツ・カ・シ・イ…

ものすごい労力にいるその行為で 距離を打ち分けるとしたら
打つ所に角度を付けて 打撃力を高さに逃がした方が
打ち方や打つスピードを変化させるよりも楽なんじゃないかしら…

   棒の軸線上に打点があると 打つところの向きが分からないから

   角度のある打面の時に 自分の方に飛んでくることもあるから

少し打面をずらしたんじゃないかしら?




もしも もしも その難解なパズル

 ダビンチコードが解けた としたらどうしますか?



  今まで 自分で動いていた

   動かしていた 体の動きや クラブの動き

    すべて 不必要であった としたら

     あなたは 自分でするのを 辞められますか




僕には 解く自信があります

 勿論 僕が解く というより クラブが解くんですが

  ゴルフ天国への扉が開いたような気がします。

   本番はこれから   でしょう。


         乞・う・ご・期・待