フェースターンが飛ぶ のか?

まず フェースターンは どんなモノなのか を検証して見よう。

ゴルフスウィング アドレス時には 俗に言う「スクエア」 である。

インパクト直前、そしてそのタイミングにスクエアであれば
 誰が わざわざ そこから フェースターンを「しよう!」と思うだろうか
誰もいない インパクトをある意味 スクエアで迎えられれば 誰もしない

では 何故 フェースターンをしようと思うのだろう

 それは フェースが開いている ロフトが大きくなっているから である

このまま打てば 大半が スライス ハイボール 右に飛ぶ  になる
確かに それよりも   フェースターンをした方が飛ぶ    
                それを言っているのだと思う

ロフトの大きな状態でのスライスより ロフトの閉じた引っ掛けの方が飛ぶ 
 確かに そうだ     しかしよく考えて見よう

それなら 何故 重心距離やヘッド重量はあるのだろう?
 重心距離があれば 有るほど
  ヘッド重量が有れば 有るほど
   フェースターンはし難い やりづらくなる
     
フェースターンはある意味 手作業だ
体でやるのは かなり難しい…  体で行おうとしても結局手裁きが必要になる

時速140キロで動いている物体(ヘッド)を支えている(通称シャフト)
人間の持っている棒を中心に 3−4?離れた所にある200g近い物体を
程よく 良い方向 良いロフトになるように回転させ
その棒を追い越さなければならない。 シャフトをまたがなければならない。

その動きは当然 直前に一気に出来るほど 簡単な作業ではないから
ある程度 事前から始める
クラブそのもの ヘッドその物はダウンスウィング 降下中であ
しかし 開いたクラブヘッドを閉じる作業は それとは反対の上に動かす
クラブは下げるが フェースは上げる  ある意味 相反する動きだ 

またフェースターンはシャフトターンも必ず伴う
シャフトをその場に止めて ヘッドターンをさせることは
運動中には決して出来ない
本来は スウィングの中での唯一の孤
 上から見た時の 背骨を支点としたクラブヘッドまでのシンプルな円弧
  これに クラブの長さで作る立体的な円弧
   そして シャフトを軸とした重心距離までの立体的な円弧
    これを加えることになる。
     基本になる円弧は その平面上にしかない非常にシンプルな円弧だが
      残りの円弧は非常に立体的な複雑な円弧で
       また互いに影響しあうので ある意味限りないパターンを持っている
        これに 重さを 二乗倍してしまうスピードが加わるため
         作られる「不可抗力」は限りない種類の数値とベクトルを作る

これを良いタイミングで ほど良い姿勢 ほど良い量 を 高速 で行わなければ
 飛ぶ弾道には出来ない

クラブの構造の質問にもあったが
ゴルフクラブは 使う人がより易しく より簡単に(同じ意味か)
より少ない力で より遠くにボールを 繰り返し 行わせるため
昔は先人の知恵  現代はコンピューターやシュミレーションが駆使し
設計されている「筈」である。


ゴルファーは全員 元野球部やサッカー部出身の30代 40代ではない。
65歳の女性もいるし 80歳の男性もいる  ヘルニアを抱えた60歳の人もいる
握力が20kgしかないような女性もたくさんいる
その人が 楽しく出来るように設計する「筈」なのだから
その 高速超絶技巧 をしなければならないような設計や構造には
現代の金儲け主義の営利団体はともかく 過去の先人達はしないだろう



ヘッド重量は動かせる限り 重いほど飛ぶ これは理解できると思う
しかし フェースターンが「本当に」飛ぶ方法であるのならば
その重量はフェースターンの弊害になり ヘッドスピード向上を阻害する。
故に 正しく「飛ばす」方法は 断じてフェースターンではない
単に 間違った方法を補う手段で 応急処置とも言えるだろう。


 ゴルフクラブの構造から考え

フェースターン・シャフトターン・ローテーション

 すべて 一切 必要なし


  と考えるのが本筋ではないだろうか…