質問です。
たまに引っ掛け気味の球が出ます。
腰の開きが原因だと思い、インパクトまで腰の開きを我慢するといいようです。
ということは、腰のきれって何でしょうか?
HBS打法には、腰のきれは必要ないんでしょうか?
「インパクトまでは右足に体重を移動するだけで、回転はしない」って教わったんですが?
インパクト後に腰を回転するのであれば、ほとんど弾道とは無関係ですよね?



「腰」  ってどこですか?
一般的には 腰と呼ばれる部分は ズボンのベルト付近ですよね
そこ「だけ」を動かせますか     不可能です。
 言葉の意味合いは分かりますが 腰のみを回転させる関節は存在しない筈

ゴルフとは関係なく 腰を回そうとすると
 一般的には 脚・足を使って「足首」の関節を捩じったり
  同じく 脚・足を使って股関節を捩じり お尻を回しています。

当然 気がつかれていると思いますが
僕は HPやブログ上で 「腰」 という言葉を使いません。
ゴルフに必要な回転、正しい動きするには 「腰のキレ」という言葉の持っている
ニュアンスは相反するからです。

 では 逆に伺いたい
腰のキレ 腰の動きの目的は何ですか?
 ボールを正しく 強く 安定して ヒットする為に
  何の働きを持たしているのでしょうか


僕は「腰のキレ」から 「スピード」 という言葉を想起します
スピード という言葉から 順次 連想していくと
腰のキレは  「方向性」 「弾道の安定性」 「正しくヒットする」
この手の言葉とは つながらない気がします。  如何ですか?

腰のキレ という言葉は 飛距離 強い球 速い動き に結びつく
  そういう意味合い でしょうか?
であれば それによって ドライバーで考えると 腕の長さも含め
 2メートル近い長さ  その先端には200gの重さが付いています。
スピードが増せば 確かに破壊力は増すかも知れませんが
 運動をするための 負荷は同じくどんどん増していきます。
  しかも ドライバーであれば 握っている棒よりも
   実際の重さ部(重心点)は 進行方向の3?も 4?も右後方にあります。

スピードを増せば 運動負荷は増え 重心点の位置構造から
 自然に 放っておけば 加速の度合いに比例し ヘッドは開いていくでしょう

  これでは ゴルフクラブの基礎構造との闘いになってしまう


この 「腰のキレ」 という言葉が「くさび」になり
  ゴルファーを「スウィング迷路」に引きとめている と僕は考えています