前回の続きね

?シャフトの役割 って何? だよね

まず シャフトが飛ばす これは 概ね   概ねッて所が 味噌
シャフトが弾いてボールを飛ばすわけじゃない  けれど
シャフトがよりヘッド重量の効果を引き出し 飛ばす はホント!

歴史上 ゴルフらしいものになった時には シャフトのような棒が使われていたから
推測の領域だけれど シャフトがある意味は 多分 ボールが地面にある が鍵だと思います。
例え 強烈なヘッド重量で補っても 地面にあるモノを遠くに飛ばすのには
スピードも人間の姿勢も無理があるようにと思えます。
人間が運動し易い姿勢を保ち かつ ボールを飛ばすための 結論が
今の重量物であるヘッドが先端についた棒(シャフト)ナンだと思います。

シャフトにはまず 低い位置 地面に置かれたボールを打たせる役割があります。
重量物が付いているから 勝手に下に落ちるかと思いがちですが
人間の腕やクラブにも慣性の法則が働きますので クラブを持ち 姿勢をかがませ
速いスピードでボールを打撃しようとすると クラブ・腕ともに動いている土台・体のつなぎ目である肩部分の高さに上がろう 揃おうとします。
その動きを抑制しながら 低い位置にあるボールを打つのには
重心点がシャフトがずれていて かつ シャフトがしなる ことが絶対条件になります

ここでもやはり 誤解を生みそうなので すこし横道にそれ 説明しますが

  ボールを打つ 破壊力の源は ヘッド重量の縦への落下エネルギー です
決して 人間が体の向きを変える 横の動きのスピード ではありません。
体の向きを変える動きの意味は
  その作り出した破壊力に横方向の向きを与えてあげること 
殆どの人が それを反対、もしくは横の動きですべてを行おうとしています。

縦のエネルギーは ヘッド重量に シャフトの長さ、人間の動き等のスピードを加え
ボールに与えてあげる訳ですが ただ単に重力方向に使ったのでは ボールは地面に埋まるだけです。 この運動に 体を向きの変更を同時に加えてあげれば
そのエネルギーは 地面と平行方向に変換される のです。
ある意味 縦運動と相反する向きに フェースがある為 なかなかイメージし難いかもしれませんが 縦の運動はエネルギー・ 横の運動は方向
   なのです。
 シャフトのもう一つの大きな役割が冒頭にも書きましたが
ヘッドの重量効果をより引き出すことにあります。

自分の運動でしなる硬さのシャフトを使えば
 &シャフトを捩じらないで使う という前提もありますが
慣性の法則により 運動中 シャフトはグリップの延長線上からヘッドの重量点まで 一直線上に並ぼうとする働きがあります。 これにより 遠心力 + 重量 が効率よくボールに伝わり しかも 打つ人間にとって 棒の延長線上で打てば良い という いつも シャフトと打点のずれを考えなければいけない打撃方法より より繰り返しやすい打撃に出来ます。

また直線状にシャフトとヘッドが揃う状態は
ヘッドの重心位置・深度や高さなどの 機能を発揮させられますから よりショットがやさしく 安定し易くなります。
また 現在流行りの大きな慣性モーメントのヘッド、
 この慣性モーメントも 直線状に揃った時 初めて進化を発揮させますので その状態が作れれば モーメント値5000に近いヘッドで 逆に曲げたり ミスしたりする方が難しくなります

その高慣性モーメントで ばらつきの球を打っている というのは 全部シャフトのせいではありませんが 大半が硬いシャフトを使っていて 直線状に揃わないため  逆にデメリット ヘッドが姿勢を変えにくい性能が働き スライス フックの往復パンチになるのです。


捕捉ですが シャフトには打撃時にボールの質量 1トン近い衝撃を支える役割もあります。 これをシャフトの剛性と言いますが これが ヒッコリー >> スチール >> グラファイト の変遷につながったと言って間違いでは無いでしょう。