最近まで激しくハンドダウンしてアイアンを打っていた(レッスンプロの指示で)んですが、何しろシャンクが連発するので、先日コースに出る前の練習でハンドアップして構えたらいい球?が出ました。
それで近くに立ってハンドアップして打っているんですが、どうも内心スッキリしないんです。。
ハンドアップしないと上手く打てないっていうのは何か問題ありですか?




前置きになりますが レッスンプロとはあまりクラブを中傷しないよう
 暗黙の了解があります。 例え その人に合っていないクラブであっても
  望まれない限り クラブの良しあしははっきり答えないようにしています
   それは クラブを手に入れた理由は人様々で 亡き人の形見であったり
    初めてのボーナスで買った記念のクラブだったり
     彼女からのプレゼントだったり 上司からの貰いモノだったり
      それぞれです。

ですから 根本的にハンドダウンにインパクトする
用語的にはディッシュアングルを保ちなさい というアドバイスは
正しいモノで   注…ディッシュアングルとは 左手とクラブは真っ直ぐな関係では無く ライ角度方向にすこ〜し角度が付いています。

元来 ゴルフクラブとは 重量の中心点がシャフト延長線上になく
重心距離と言うモノが存在するため(勿論 意味はあります)
運動スピードが上がってくると 慣性の法則が作用し グリップの延長線上に重量点が揃おうとする、俗に言うトゥダウンの動きがあります。
よく雑誌には「トゥダウンは悪」という記事がありますが それは間違いで
トゥダウンすることによって 運動エネルギーと重量エネルギーが揃い
より効率的にボールを打撃出来ると言う機能とヘッド自体が下方向に対し
下がることにより地面にあるボールに届くと言う重要な役割があります。

ただし トゥダウンすることにより ヘッドはライ角度を減らしますので
右に向きやすくなります。  実はライ角度というのがフェースの向きを作っていると言っても間違いではありません。  それを踏まえた上で ハンドダウンをしなさい と言っているのです。

長くなりましたが ご本人は 答えは見えたの思うのですが
実際を見たわけではないので推測の領域でアドバイスすると
自分が振るスピードに対し ヘッド重量が足らないか シャフトが硬いか
のどちらかの可能性が高いと思います。
トゥダウンが発生しないと 擬似的に手で真似すると 分かるかもしれませんが 本来 シャフトの延長線上に回り込み筈の打点部(重量点)が来てくれません。 そこにあるのは そのままの形のヒール部、ネック部と言う事になります。    すこし複雑ですが 分かりますでしょうか?
こちら 店長お気に入り というか
 まるで弊社の支援サポートのブログです…

        営業活動 申し訳ないッス



ゴンゴロさん

http://gongorosh.blog95.fc2.com/



Kさん ミスターハンディキャップ

http://blog.golfdigest.co.jp/user/golfswing/




そして
     尾崎亜美さん

http://www.ozaki-amii.com/