よく肩を回せ と言う
大間違いである この言葉がゴルフを難しくしている

肩の部分は腕である
体 上半身の一部では無い
肩は肩甲骨という部分をかいして 体から遊離した部分

実験してみると良いが 肩の部分を前、胸の方に動かすと 
 ある意味 肩関節分 腕は長くなる
体をまったく動かさなくても 肩関節を動かすと 回っているように 見・せ・ら・れ・る 

肩を回す = 肩を動かす に間違ってしまうと 体とは別に肩の動きによって
体の回りの疑似行為をしてしまう  肩関節を動かすことによって 回っている錯覚を
作ることか出来る。 肩甲骨を動かすと 背中の筋膜が引っ張られてしまうので
背中を動かしているような錯覚に陥るが まったくの間違いだ。

背中の筋肉は ゴルフの場合 一番大きな仕事 体自信を支えるがある
 しかし 各筋肉には 仕事の限界があるので 別な用を言いつけてしまえば 
  メインの仕事はあきらめざるおえない。
   また背中の筋肉には腕を曲げ伸ばしする「クランチ」仕事がまっている
    それすらも行う余裕がなくなってしまう。

肩が回る 回って見えるのは  それが乗っかっている骨盤が向きを変えているからだ
骨盤が右を向く 当然 その上に乗っている肩ラインも右を向く  普通の動き
肩関節を前後に動かさないから スウィング中に腕の長さも変化しない
当然この方法の方がスウィングも簡単だし 体も壊さない
習得できるかどうかは別の問題として 難しく 体を壊す方法を説くのはどうかと思う


肩の関節を動かし 回る補助や疑似行為 その行為そのものが 
本来の肩関節の仕事から逸脱し 体の基本行為から離れる曲芸なのだから
その方法は人間の防衛本能が拒否するので 繰り返し難い…
こんな方法で ゴルフスウィングをすることを強要するのは
     限りなく犯罪に等しい と私は常々思っている