昨今は 中古クラブショップやネットオークションの発展により
 若い多くのゴルファーは 打ったり買ったりを繰り返しています。
  結局 どれを買っても なんだか「ピン」とこないで 宣伝文句に首をかしげながら
   オークションや中古ショップに売りにいくわけです。

その訳を知りたいですか?

  それは すべて 軽いヘッド と 硬いシャフト に秘密があるんです

例えば ドライバーの「慣性モーメント」
大きな数値のクラブが出てきましたね
皆さん 本当の意味での 慣性モーメント って知っていますか?
この慣性モーメント そうやって測るか 知っていますか?

 クラブヘッドの慣性モーメントは 基本的には重心点を軸にして測ります
 この重心点を中心に どの位このヘッドを運動、回転し難いか
 この姿勢を保とうとするか 動かすにはどの位のエネルギーがいるか
 を測定するのです。
 ですから シャフト軸を中心とした数値ではありません それは別にあります
 
ゴルフクラブは 運動中 お約束の「慣性の法則」が掛かります
運動が始まると 重量は一直線上に揃おう とする力が働きますから
ゴルフクラブヘッドの 重心点はシャフトから ずれたところにありますから 
それが揃おうとします シャフトがたわんで グリップの延長線上に重心位置が並ぼうと
する力です。
この状態でボールを打てば 上記のクラブヘッドの慣性モーメントは「働き」を持ちますが
並んでいなければ あまり意味のない どちらかと言えば マイナスの効力になります。

シャフトが硬ければ 一直線上に並ぶことは少ないですから 効果は薄いでしょう…

総じて 硬いシャフトを好む方は 大きなヘッド 重心の長いモノ モーメントの高い物を
嫌う傾向にあるのも 納得して頂けるでしょうか

ですから 自分のスピードやスタミナ 動かし方に応じて
 適切な硬さのシャフトを使わないと この慣性モーメントは
  殆ど機能を持たないと 理解した方が良いでしょう