またもやサッカーに関連した話題

 日本には 攻撃的サッカー 守備的なサッカー という言葉がある。
日本のサッカー解説、特に民放系はサルのおしゃべりより酷いので まともなコメンテーターを除き、イマイチ聞き取り辛いけれど 必ず現地語で聞く

 少しは聞き取れるんだけど 外国ではそんな言葉は存在しない
他のスポーツでもそうだけど 攻撃も守備も表裏一体で どちらかだけやるわけにもいかない。 全然攻めなければ 守りがきつくなるし、守ってばかりじゃ試合に勝つことは出来ない。
 シュートを打つことやラストパスを出すことだけが攻撃では無い筈だ。 相手が格上で 体力も技術も体格も上なら 守ることが自分たちなりの攻めにつながっていく。 ゴルフだって スーパーショットばかりじゃない 地味なパットだってあるし
苦しいアプローチだってある 精神的に乗っている時もあれば ダウンしている時も少なくない。 それもひっくるめてゴルフなんだし。

 僕個人は何故日本がパスサッカーにこだわるのか理解できない。
守備的なサッカーが罪悪のような扱われ方をする
アジアの中ではAクラスでも 世界的にはBクラスなんだ。
全員がタイガーウッズになれるわけもなし なりたいわけでもなし


そういう意味では ゴルフと言うゲームは本来日本人向きな筈なんだけど…
 ゴルフにも色んなプレースタイルがあると思う
サッカーのブラジルのような曲芸、個人技スタイルもあるし
 スペインのような技術のパスサッカーもあるし
  イタリアのような肉弾戦もあり、ドイツのようなあきらめの悪さもある。
全員が全員、タイガーのような物量作戦、パワーで押し切る必要はない。
 飛ばないニックファルドやオラサバルやカイトがランキング一位になれるスポーツなんだ。
 厳密に言うと ナイスショットとは
ボールのセンターと打点、クラブの重心位置、そしてその重心位置が動いてきたベクトルが一直線上に揃う事。
しかも それが3次元の立体で揃う事 を指す。

 その確率は /
と言われる、要するに不可能と言う事。

あのニックファルドでゴルフ人生で2回体験したと言っている。

ホールインワンで55万分の一回だから その100倍難しい


それ以外のショットは「厳密」にはミスショット。
我々アマチュアゴルファーは どの道 毎日ミスショット と言う事。 一生涯ミスショットを打ち続けるわけだ
  そのミスが使えるミスかどうかが 問題と言う訳
ある程度 目標とした方向に 目標の距離を打てるか どうかで
その途中は厳密には問われない  なんとなくツマンナイナ〜

そんなのアスリートに任せておいて アマチュアはスコア二の次 三の次
   やっぱり ゴルフは飛ばさなきゃ ね