昨日、5年ぶりのお客様ご来店。
5年前は初めてのゴルフ、初めてのゴルフクラブ、だった。
誰に教わるわけでも無く、練習もほとんどせず、年数回のゴルフを楽しんでいるとのこと。

スウィングを見ると、5年前にアドバイスした通り、振っている。 すごい! 最近ヘッドが感じられず、「下に振りにくい!」とのコメント。 これまたすごい!  通常、ゴルフを始めそこそこ出来るようになると、雑誌を見たり、誰かにアドバイスをされたり、上手くなったからと硬いシャフトを使ったりと様々な要因から シャフトを捩じり、フェースローテーションのスウィングに変わっていくものだが、この方はスウィングも、クラブも変えず ちゃんと重さを使っている。 そして更にグレードアップ。  多分、生涯スウィングにひどく悩むことはないと思う。 将来は保証されたわけだ。

よくある話だが、別なお客様、息子さんがゴルフを始める。クラブを作る。スウィングを教える。 打てる。上手くなる。ゴルフ部に入る。流行りのクラブに変える。スウィングが変わる。伸び悩む。 ま、それでも若いから人より飛ぶけど…。 自信があるわけではないけれど、しっかりしたヘッド重量のクラブを使い、十分な柔らかさのシャフトでゴルフを始めれば、そうでない場合の半分以下の練習、訓練でゴルフが出来るようになる。 今までのここまでの過程に例外はないのだけれど…。