新しいシャフト、がっちりテストしました。

こいつはすごい いや、想像以上。
いくつかのテスト品を作り、最終的に煮詰めた「セット」を作りました。それをテストしたところ、すんばらしい! けど厳しい。 まさしく天国と地獄。 シャフトを捩じらず、ロフトを開かず打てる人にとっては 当りと言い、距離と言い、安定度と言い強烈。  ハミングバードのテスターが異口同音で圧倒的な距離、しかも弾道が非常にアイアンらしい落ち着いた弾道。

シャフトの性格的には比較的に手元の締まったシャフトなので 非常に動き出しが早いタイミングな上、スピードあるある。ある程度のヘッド過重ですこし制限掛けてあげないと、慌てさせられる。
はじめの内のテストクラブは標準的な重量。これではちょっと扱い辛いジャジャ馬。 それを特注のヘビー重量に変えたら、あら不思議 とってもデリシャス。
ウエッヂのスピンの効きの凄さ、プロ以上かな。

しかし このシャフト 捩じって振る人、ロフトを寝かす人にはまるで当たらない。フェースとボールがコンタクトしない、打てない、飛ばない、前に進まない。 スウィング矯正というより強制、まったくの妥協、許容がない。 正しく振ればクラブ自体を扱うのに労力は掛からず楽チンだけど…。

ウッドシャフトとの絡みを考え セッティング第一弾完了。

問題は使える人がいるかどうか、か。