体の正面からグリップとヘッドが外れないようにするには、
脇を開けて右肘を張り出さないと、クラブが立たない、と感じましたが
合っていますでしょうか?

その通りです。
このテークバックの方法は昔からの教えなので
スウィングの始めの一歩として大変重要です。

しかし、先日メールで教えていただいた右軸足から左軸足への移動が
なかなかうまくできません。体重移動より先に、体が回転してしまっている
ような感じです。
また昔からの癖で、切り返し時に頭が左に動いてしまうのも良くないのかも
しれません。

確かにこの部分はスウィングの一番難しい部分です。
改善方法としては直接的ではありませんが
背骨を捻らない、つまり肩周り/肩甲骨周りだけを
お尻の動きとは別に動かさない、
俗に言う上半身は単純に骨盤(お尻)の上に載せておき
間断なくお尻が動いたら上の物も動く
この動きをしっかり遂行すると
まわる動き、軸足の変更(シフト)がリンクして
きっかけがつかめるのではないかと思います。
総じて 軸足を作れずに切り返したとたんに回ってしまう動きをする人は
お尻周りの動きとは別に肩周りだけ遅らせたり
別に動かそうとする場合が多いようです。
>>>基本的にクラブの横の動きには肩甲骨を含めた腕の動きは介在しない!

確かにイメージし難いです(苦笑)。
これは、先日のメールに書いてあった「右側の仮想の壁にクラブを当てないで
左手で下ろすこと」と同じ意味合いでしょうか?
自分の場合を考えてみると、まだまだ先端を振ることに意識が働いてしまって、
手首を操作してしまっているような感じです。
最終的にはヘッドが落ちてきて球を打つわけですが、それをあまり意識をせずに
切り返し後はクラブの姿勢を保って下ろせば、勝手にヘッドが落ちてくるという
感じでしょうか?

ハイ。同じ意味合いです。
繰り返しになりますが クラブの形状、重量配分
先端に重い物のある棒、打撃部分が上下左右前後非対称 から考えると
物体そのものを横に動かすスピード(エネルギー)で打撃するのには
不適切な物体であると考えられます。
更に非対称な歪な打撃物であることから
左右の腕を使い捻る ハンドルを切るような動きで打撃することも
不適切と思われます。
よくクラブは遠心力で打つ、使うと思われていますが
遠心力を作り出せば その遠心力によって打撃するエネルギーよりも
支点になるグリップ部に必要以上の無駄な外力が発生してしまいます。
打撃するのに増す力、物体を腕で支える力 両方を天秤に掛けると
打撃するのには遠心力は効率が悪すぎます。
縦でも 横でも グリップエンドを支点とした円運動は
必ずグリップエンドを外に引っ張る遠心力により
想定よりも必ず膨らんだ右寄りの円を作ることになります。
これがダフリの基本的な原理だと思われます。
餅つきの杵や鍬の使い方と同じで
出来るだけ円運動をしない 先端を振って 円を膨らせない動きが
最終的(結果)として最小限の打撃間際での円運動を
不可抗力的に作り、グリップ部分の握っている力の負担増を
押さえた打撃エネルギー増加につながるのではないでしょうか?
先端部とグリップエンドは同じ量しか動かさない(意識)
その二つを出来るだけ直線的に動かす(意識)
が必要なのではないでしょうか? 

ちょっと堅苦しい内容でした…。