店長「からだの回転はアウトサイドイン、
 クラブはインサイドイン?アウト? のスイング
 というのが アマチュアに一番多いタイプの手振りスイング
 だと思います。

 ある程度 ボールが打てるようになると
 母体である からだの回転方法って変えるのは大変。
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
 推測ではありますけれど
 この位のゴルフ練度になってくると
 スイング軌道、ヘッド軌道、
 世にいうインサイドアウト、アウトサイドイン、
 上から入る、しゃくってくる 等のモノが
 気になるお年頃🙄になるでしょう。

 腕から先で クラブの動くルート〜ヘッド軌道を
 変える習慣がどんどん馴染んでしまいます。

 手で振る場合、多くはからだの回転とは切り離され
 からだの回転が先に動き、そして それを止め
 その反動を利用して  腕を振ります。
 右打ちであれば テークアウェイでからだの右外へ、
 フォロー側では からだの左外へ、
 からだを横断と言えば良いのか、からだをまたぎます。
20201120
 ですので テークアウェイでもその習慣は馴染んでいきます。
 親子対決の太朗くんも
 テークアウェイの初動、に
 左腕をロール、捩じって クラブを早い段階に
 からだの右外へ送ろうと…無意識でしています。
 
 〇話はちょっと逸れますが、
 ココの部分だけ お父さんに強く言われたそう…なので
 とっても 良い意味で不自然ですが、
 現時点では スイングに似つかわしくない
 とっても『綺麗なグリップ』をしていますが、
 放っておけば かならず 左右の密着がルーズになる
 フックグリップになって行くでしょう。
 ゴルフに熱中すればするほど グリップは緩みます。

 ダウンスイングの時点で 意志に反して
 クラブや腕が長くなり、重くなる。
 それによって 先頭にある筈の左腕(右打ちの場合)
 が遅れ 手遅れになります。
 回転の仕方、重さの掛かり方、
 そして 手遅れの状態で入るインパクトの為、
 早めに体を開き、回転を終わらせる…
 おそらく、自分的には『左の壁』なんだと思いますが、
 それが故に からだの回転の速度は
 ダイレクトにヘッドスピードとはつながりません。
 速く振るには 腕力、
 重い腕を速く 横に振る力が 必要です。
202302241
 年齢が高くなった時、腕力が落ちた時、
 ヘッドスピードが上げられなくなる要因 になります。」