店長「二人のスイング、
 特にダウンスイングの入り のトコロを見ると
 『どの方向にクラブを動かそう』
 としているか がはっきり分かれています。

 今、現在、お父さんの方のけんたろうも
 そこがスイングのテーマとなっているから
 余計なんですけれど
〇クラブを横に動かそう
〇クラブを回転させよう
〇ヘッドで円を描こう

 としている 太朗くん と
 腕もクラブも固定したまま、
 からだの回転で 縦に動かそう、
 としているけんたろう で
 かなり動きに差が、違いが有ると思うんですね。」

質問「かなり違いますねー。」

店長「スイングは 確かに からだの回転を使います。

 そして、その回転は 横の移動、横への移動
 になるんですが、
 ボールを打つ為に 持っているゴルフクラブ は
 長さ と言うモノが結構、はっきり付いています。
会田20210701_Moment(2)
 同じ遊びにならないと思いますが、
 単にボールを打つ、というコトで
 長さの無い 卓球のラケットであれば
 太朗くんの打ち方でも良いかも知れませんが、
 用具に長さがあり、
 自分の腕もその長さに加わります。
 また、その長さを強調するように
 先端部に 全体の6割を超える鉄の塊が
 付いているのが ゴルフクラブの特徴です。

 ですので からだの回転の横移動 に
 ちゃんと乗っかるには
 その長さを増やさず、縦に近道を通らないとイケマセン。
 ちょっと ややこしいですが、
 横に振るコト、横に移動させるコトが直接影響…
 と言うよりは
 横に動かすと 早い段階でクラブや腕が長くなり、
 負荷が増えてしまうコト が問題です。
 クラブを持った腕を縦めに動かす回転だと
 前傾もあるので フトコロを通過させられるから
 クラブの長さが長くなり難く(横に動かすのとの対比)
 結果、からだの向きの変化〜横方向の動き と
 経路、時間の同調がし易い というコトなのね。

 お薦めはしませんが 横に動かそう とした としても
 増えて行こうとする重さ、もしくは長さの増加を
 腕力でそれを支え切れる、
 抑えきれるのであれば なんとかなります。


  二人のスイング、
 かなりスローな後半のモノを見て頂く
 と分かりますが、
 重さの付いた 長いモノを横に動かそう、
 もしくは 円軌道に振ろう
、とした
 太朗くんのスイングは
 ダウンスイングの、 かなり早い段階で
 からだが開いてしまいます。
👉からだが開いている ように見える形 になってしまう。
 話しは横道に逸れますが
 この部分で からだが開いている✊コトが問題なのではなく
 からだが開いているのに まだ打っていないコトが問題なのです。
 ココで『からだが開かないように 左向きを止める
 『左の壁だ と言って からだの回転を止めてしまう』のは
 典型的な、そして 本格的な『手打ちの王道』です😵
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 からだを開かせよう としたのではなく
 重さの付いた 長いモノを横に振ろう、動かそう、
 としたので 腕やクラブを遠心力に引っ張られ
 長くなってしまい、
 それ故、重くなってしまい、
 その反応、反射と言って良いでしょう。

 早い段階で 腕やクラブが長くなってしまう、
 ゴルフ用語的には『キャスティング』と言いますが、
 そのキャスティングをしよう✊ としたのではなく
 クラブを横に振ろう
 ボールとヘッドを横の関係で打とう
 とイメージしていることによる副産物と言うか、
 結果なのです。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 だから もしかすると、早い段階で
 からだの開くのは 長くなってしまうクラブで
 ボールを打つ為、空間を造り出した、
 そういう判断、反射の可能性もあります。

 インパクト付近での『伸び上がり』も
 同じ要因から発生している とも言えます。」