店長「ボールを打ち始めた、スイングをし始めたトコロで
 からだを廻す、からだを回転させて
 ボールを打つんだ、と言う意識があったか、どうかは
 わかりませんが、
 ゴルフを始めた当初、ボールを打ち始めた時は
 ボールにヘッドが、フェースでボールが当たりません。
 空振りしたり、ソールに当たったり、
 テンプラ・クラウン、ヘッド上手に当たったり、
 結構、苦労しますよね🤒
impactgolf
 やはり ボールを打つイメージは
 ココに有るんだ〜こんな風⇑ と思います。
 ***コレには後々、記事にしますが、
 ***意外で、結構 重要な副作用…
 ***あまり良くない副作用が付いて来ます。

 ボールをフェースでとらえないと
 ゴルフは始まりませんから こういうインパクト、
 ボールとヘッド、ボールとフェースの接触、コンタクトは
 かなり想い描くと思うんですね。
image3
 長い棒、男性用の#7アイアンの時点で
 グリップエンドからヒールまで 95儖幣紂
 ヘッドの横面の長さも入れれば 1m超えます。

 そして 始めの構え、アドレスの時点で
 ボールを打つ打点、フェースはボールと横の関係にあります。

 からだの回転どうのこうの、よりも
 クラブって、ヘッドって、フェースって
 横に振らないと ボールは当たらない…
2023-12-28_23-05-2
 そういう風に感じる、思うんだと思います。
2023-12-28_23-05-1
 そして その長さもさることながら、
 クラブの構造、重量配分は先が特出して重い、ですから
 そういう風に動かしたくなる、のは自然な成り行き、
 太朗くんはごくごく普通の アマチュアゴルファーがくぐる
 ゴルフスイングの入門の扉を開いた と言う感じ
 だと思うんですね。」