店長「素振りで短くした割り箸だからと言って
 速く振ったりするのはご注意ください。
 ボールを打とうとしている場合は特に😧
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 切腹とはならないまでも
 割り箸の先が服に引っかかったり
 服が破けたり、自分の前腕に切り傷、擦り傷を
 作ってしまう可能性がありますから…。

 短い割り箸で
 ゆっくりでも ボールを打とうとする と
 ボールに届かないでしょ❓」

質問「届きませんね。」

店長「クラブのターンを 手で行う には
〇本当に手先で行う、
〇左右の腕の入れ替えで行う、 の他に
〇からだの回転を 肩だけのターンで行う
 もありますが、いずれにしても
 しっかりした 骨盤やお腹、秀二の左向きで
 行わない限り、棒が怖くて ボールに届かない
 が 多いと思います。」
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m10
質問「どうして です❓」

店長「トップの位置、そこでのクラブ位置や姿勢も
 問題がある可能性はありますが、そこはとりあえず除外して
 動きの中での話し。。。ですが、からだの回転は
 クラブを横に移動させるコト に利用するだけで
 クラブなり、ヘッドなりの高さの変化、
 上下に動かす事は 手さばきでやっているから です。

 からだの向きを変えるコト は
 トップの位置 での 棒の先の向き、
 その状態では 下向きですが、
 自分からだのより左、
 ダウンスイングの進行方向で言えば
 進行方向側を向いている。
 (自分の右側は向いていません)

 しかし、ボールを打つところ、
 インパクト周りで 切腹する、
 というコトは 棒の先が自分の右側、
 進行方向の後ろ側に向きを変えるコトになりますが、
 それは クラブを『腕さばき』で
 上下、下に振る、
 『腕さばき』でクラブを縦に回転、反転、
 させているから です。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0m35s
 今回の体験で 重要なのは
 こんなにも 左を向かないとボールを打つコトが出来ない、
 自分は 全然、からだを左に向けようとしていない、

 というのを実感して頂ければ良いので
 ここから先は おまけ、
 蛇足だと思って頂いて良いのですが、

 からだの回転でどうクラブを動かすか、
 からだの回転の役割と仕方を変えないと
 割り箸を挿した状態のまま、ゆっくりであっても
 ボールを打つコトが出来ません。」