店長「からだの回転と言うと
 言葉として 定義されてはいないですけれど
 共通するイメージとしては
 『クラブを円のように動かす』とか
 薄っすらかも知れませんが、
 『クラブを横〜移動させる』 
 ナノだと思いますが……。」

質問「そうだと思いますね😌」

店長「スイングには前提条件として
 スタートの位置、アドレス〜ポスチャアには
 前傾姿勢があります。
Desktop 2022.12.08 - 14.10.21.01 - frame at 0m2s
 しつこいですけれど
 クラブは構造上、先端が重く、
 動作を始めると その重さはかなりのモノになります。
 そして、それは自然なコト ですので
 重くなったものを無理やり 復元させようとせず
 遅れ〜ズレのまま 引きずって動かしますので
 横の移動は放っておけばよい気がします。

 クラブを持った 自分が向きを変えますから
 『からだの回転でクラブを横移動させよう✊』
 『からだの回転の主目的はクラブの横移動✊』

 を強く意識する必要は無いと思うんですね。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
 一方、クラブ...『グリップの縦移動』
 腕で積極的に行うと
 クラブは想像以上に重たいですから
 からだの回転から分離するとか、
 からだの回転を止める や
 からだの回転と交代のタイミングで
 など 良いことが多く無い訳ですよ。」

質問「はい。」

店長「ですので からだの回転は
 移動としては グリップの縦移動の方の
 意識を強くした方が 腕の仕事も減りますし…
 場合によっては 腕は何もしない に近いような
 感覚にもなります。
 ま…コレは今までの感覚からすると
 からだに刷り込み辛い〜感触が薄い など
 良し悪し は有るんですが、
 クラブの構造、スイングのメカニズムからすると
 からだの回転で ヘッドを横移動させるより
 グリップを縦移動させる と考えた方が
 圧倒的に良いことが多いです。
〇左向け左 - frame at 0m2s〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s







 ココにからだの回転で降ろしてこれる
 …降ろしてくる と言うニュアンスでは
 なんだから 腕で、手で になり易いですから
 …低くする の方が良いかも知れませんが
 勿論 ココは通過点に過ぎませんが、
 この位置をクラブが通過するように
 からだを廻す は よいからだの回転造りに
 とても役に立つと思います。

 また コレはパラドックスのような話しですが、
 前傾姿勢があるから
 クラブの縦移動をからだの回転で行う は
 無意識な『前傾姿勢維持』につながります。

 逆に クラブを横移動させようとすると
 そのクラブの重さによって
 体を起こすことになりますので
 特別に意識をしない限り、
 ほぼ『前傾姿勢を失います😧