店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」