店長「やっぱり 気になるトコロ はですね。

 ゴルフスイング、正直、その見た目とか格好とか、
 形なんかはどうでもいいんですけど
 少し荒っぽい言い方をするとすれば
 『角度のあるモノで ボールをぶっ叩く』
 って言うのを理解出来ているか、どうか
 だと思うんですね。」

質問「😵 😵 😵」
IMG_1137

店長「角度の付いていないモノでぶっ叩く

 のであれば 平均的なアマチュアのクラブ扱いで
 良いと思うんですけれど、

 ボールと言う 丸い球、球体を
 角度の付いている面で 打つには不都合と言うか
 適してないんですよ。

 ドライバーの距離測定や
 どうやったら ボールを飛ばせるようになるのか
 なんて言うのを 長いコト、多くの人とやって来ましたけど

👉振り応え と ヘッドスピード は
 ほぼ全く一致しません。


 強く、速く 振ったつもり が
 ヘッドスピードのアップにつながっていません。

 ましてや ボールが飛ぶ/飛ばない は
 バスケやサッカー、野球などのチームのバランス、
 車の全体性能と同じで
 ボールスピードが速ければ 飛ぶ とも一概に言えず
 ‖度と飛び出る角度、そしてボールの回転 
 良いマッチング・組み合わせで無いとダメですし、
 それぞれは数値で表記できるのですが、
 その3つの数値のそれぞれの 目指すべきベストはコレ✊
 なんてモノは無いんですね。
 その数値、組み合わせは
 ヒトそれぞれによって 皆、微妙に異なります。


 普通に打って 200yd位のドライバーの方が
 無理に速く振ろうとせず、ヘッドスピードも意識せず、
 その方にとって 良い数値の組み合わせ を作れれば
 ほぼ似たようなヘッドスピードで
 いきなり 20ヤードも30ヤードも飛距離をアップするコト が
 可能なモノです。

 それを決めるのが
インパクト時のヘッド姿勢〜ロフト角度と
ヘッドの入れ方/入射角度/アタックアングル です。
IMG_0607

 多くのアマチュアの方は
 その 角度の有るモノ、角度の付いた打面、
 そして クラブの長さの意味 
 を 『ほぼ完全に無視して』
 先をどう 速く、多く 動かすか
 そこばかりに 意識が行き過ぎ

 角度の付いた打面 で
 球体のボール を
 効率よく、遠くに飛ばし、
 かつ 出来るだけ繰り返せるよう
 と考えたら そう多くの種類
 クラブの扱い方というか、動かし方って
 無いような気がするんですけどねぇ。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」

店長「コメントにも頂きましたが、
 ヘッドを速く振る、速いヘッドスピードが
 ボールを遠くに飛ばすの『ヒトツ』の要因であるのに
 嘘はありません… が

 からだの回転で造れるヘッドスピードを
 手で振って 上回ることは ほぼ不可能。


 若い時の腕力が有る時だけ、のモノです。

 からだの動きよりも ヘッドが速く動く😶
 速いヘッドスピードは
 自分の運動、動作速度との 差 では無いです。
 からだの動きよりも 速くヘッドが動く感じが
 ヘッドが走った とか、
 ヘッドスピードが上がった は 大いなる誤解です、が

 そう感じている人が多いような気がします。

 今、現在の自分に出せる
 最高のヘッドスピードは
 からだの回転で造れるモノのみ です。
IMG_2813Trim(2)_Moment
 どのような方法をとっても それを上回れませんし、
 繰り返す という ゴルフにとっての重要なポイントも
 加味すると 選択の余地は多くありません。」