店長「この けんたろう動画は参考になると思うのですが…。」

質問「はい。」

店長「元々、腕力の有るタイプなので
 手でびよよ〜んと振るのが大好きで
 今のその面影が色濃く残っていますが、

 ダウンスイングのきっかけとして
 左肩を上げる
 お腹を左に向ける
 左腕を降ろさない、動かさないで
 インパクト出来る位置まで
 左グリップを下げるのは どうしましょう
 って トレーニングです。」
ス2023-05-22

質問「左腕を下げない、動かさない なんですか❓」

店長「元々 からだの向き、胴体を左に向けるのが
 得意な人は意識する必要は無いと思いますが、
 左腕を動かす、
 勿論、それには下げるも含まれますが、
 そのアクションを積極的にしようとすると
 からだの向きが忘れられてしまうというか
 おざなりになってしまいガチ です。

 また、左腕を動かそうと意識し過ぎると
 その勢いで ヘッドを振り「始めてしまう」可能性が
 高くなり、それによって より一層
 からだの一気な左向き の優先順位が下がってしまいます。

 ですので 左腕そのものは動かさない、
 お腹を左に向ける
 左肩を上げる
 それを意識すると このような変化が起こり、
 後半の 腕でヘッドをびよよ〜んとする動作は
 かなり減ります。」

質問「確かにそうですね。」 

店長「本人も  えっ⁈ これじゃボールに届かないよ😿
 から始まっていますが、
 意外や意外、トップやチョロから始まりましたが、
 概ね ボールには届いちゃうんです。

 今まで からだを止めていた、
 ちゃんと 左を向くコトと恐れていた、避けていた、
 というのが 発見できるだけで 儲けモノ
 です。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まだ 左を向くコト
 ソレ ソノモノがボールを打つコト
 左を向くコトが打撃 という感覚が刷り込まれておらず
 怖いから 手でボールを探りに行っちゃうんですが、
 そんな遠くない日には それは解消されると思います。」

質問「大枠で からだを廻す感覚、
 からだの向きを変える感覚も違う感じなんでしょうか❓」


店長「そうだと思います。
 かつて は すべてを器用な腕周りで
 出来てしまう年齢、体力がありましたから
 からだの回転はアウトサイドイン
 腕でのクラブさばきは インサイドアウト
 からだが開くのを出来るだけ我慢して
 寝かして びよよ〜ん と振っていましたが、
 今は からだの回転が縦系 に変わりましたから
 その反対というよりは もっと違う感触
 なんだと思います。

 多くの方は インパクトで左サイドを止め、
 からだの回転を止め、
 腕やクラブ、重さをリリースするスイングタイプ
 ナノだと思いますが、リリースでは
 からだの回転で造れるヘッドスピードを上回るコトは
 出来ませんし、
 からだを止めて クラブをリリースするので
 インパクトを含めた、その前後の挙動が激しく
 弾道が安定し辛くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
全部を無くせ とは言いませんが、
出来るだけ その負担をカラダの向きに移管する
そう言う感覚を掴む✊
今まで 左サイド/回転を止めていたんだ✊

と気付けるだけでも かなりの進歩だと思います。」