店長「スイングに個性の部分でも
 アップライト…軌道が垂直寄り
 フラット…軌道が水平寄り
、ってあると思うんですが…。」

質問「縦振り、横振りって奴ですか❓」

店長「う〜ん、ゴルフスイングで言うトコロの
 縦振りとか、横振りって定義が曖昧過ぎて
 そうなのか、そうじゃないのか 返答がし難いですが。

 個性もあるから 良い悪い とは言えないですけど
 その 軌道の傾き加減って
 かなり フェースターン、手の返しに左右される と
 思うんですね。 

 勿論、強いショットのスイングって
 打った後、インパクト前後から
 からだの動きは収束、終わりに向けて 減速に入るので
 そう言う意味では 打った以降、
 俗に言う、ヘッドがグリップを追い越す ってのは
 有りますけれど…。 何度も言ってますが
 それソノモノは 打撃と言うよりも
 打撃のおまけに近い、打撃の慣性に近い部分です。

大森2019_Slomo_Moment(2)フェースターンをしない、少ない人であっても
フォロー側で予測、予想以上にフラット気味に
なってしまうのは ある程度は仕方がない。

でも、その ヘッドターンを ショットのメインパーツ、
打撃ソノモノにしていると
どうしても スイング軌道は フラットめ、
フォロー側だと 本当に地面と水平に振るような
 感じになってしまいます。

 ヘッドターンが強め、ヘッドターンが打撃のメインの人は
 スイング軌道をアップライト気味、特にフォロー側ですが、
 する事はかなり難しいと思うんですね。」

質問「でしょう〜ね〜。」

店長「スイングって 覚えていく過程、
 割と初期段階ですけれど、アップライトとか、フラットとか、
 スイングの軌道から作るコトって少ないと思うんですね。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
やっぱり ボールのとらえ方、

別な言い方をすると 『スライス防止』 みたいな部分から
スイングって造られ易い と思うんです。

 フェースターンも ボールのとらえ方、
 ✊本当は ロフトの作り方 の 縦の問題なんですけど
 フェースターンって言う ヘッドの回転、横の問題 に
 辿り着いちゃうんですね。
 その フェースターンのカードの裏は
 ロフト を 閉じてる んで、そっちがスライス防止 に
 なってるって 気付けないですから…。

 そう言う意味では
 ヘッドターンを縦にする感じを覚えてみる
 って言うのは 有効だと思います。」

質問「なるほど。」
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)

店長「スライス防止 の時期と重なるように
 ゴルフスイングはからだの回転、回転 って
 言われますから、腕もクラブも からだの回転なりに
 同じ角度で、自分のからだにとっての『横』
 振るのが正解⁈ って繋がるんじゃないですかね。」