久しぶりの Ⓡさん登場ですが…

なんだか 夏休みの宿題 やり残している感じがしますね。 
既に行かれたか、どうかは伺っていないですが
あきひこ先生のトコロに行かれたかも、なので
今は こうではないかも…ですが…。

🙄🙄🙄動画からご覧ください。



,泙此^貳峪呂瓩北椶砲弔点が
 なぜ『ベースボールグリップにしたのか』です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5s
 グリップを離す〜スプリットグリップに近い形になっていますが
 おそらく…なんですが、
 右で叩くのが大好きなⓇさんは
 それによって 左グリップが先に行く んじゃないか
 という願望の元、かな って思うんですが、
 それは ものすごく裏目に出ていて
 右での叩き、右腕の伸ばしが強すぎて
 今まで以上に 左腕の『浮き』が顕著になり、
 スローだと分かると思いますが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半に
 極端に、そして急激に グリップ軌道が変わっています。

 それが故に インパクト以降が
 インに切り込み過ぎていますし
 急激なグリップの下がりは
 それを補うための 急激な伸び、
 空間の確保が必要になり
 かなり しゃくり気味の入り になってしまっています。

 今の状態では ボールが浮き難い だけでなく
 空中にあるボールを打つドライバーは良いかも、ですが、
 地面から 長物を打つのはかなり苦労する

 と共に 急激なグリップの下がり、その空間の確保 は
 急いで 直ぐにくぐり抜けなくてはならない ですから
 フルスピードで駆け抜けるショットは良いかも、ですが
 距離調節の必要な アプローチが上手く行き難い
 と思います。

 アドレスにも悪影響が大きいですし、
 ベースボールグリップ、ドリルなら兎も角、
 スプリットになるようなグリップは 即刻、中止✊
 する方が良いと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
▲哀螢奪廚留洞舛ない とは言えませんが、
 二人の ダウンスイング初期での
 左腕の下がり方 は かなり極端に違います。

 Ⓡさんで無い方の方(仮称Aさん)は
 現在、ダウンスイングの初期、切り返しで
 左肩を縦に『上げる』… 下げるでは無く上げる で
 両腕を自然に低くする 〜下げると言うより下がる
 を スイングに馴染ませている途中なので
 余計にその差は大きく見えるのでしょう。

 肩周りは 縦に動かす意識を強く持って貰っています。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイングで
 腕が下がる気配が薄く、
 からだの回転で 腕をそれと同方向、
 ヨコに、ボール方向に引っ張ってしまっているので
 インパクト直前で
 急激に下がる、右腕の伸ばしで
 左グリップを押さえ込んでいる ようにも見えます。
OIP

 バケツの水撒き の話し で言うと
 水を撒き散らかそう、広い範囲に水を撒こう、
 から始まって、途中、突然、目標に対し
 この場合は ボールの飛ばす方向では無く
 ボールに向かって 目標を取るような動きになって見えます。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 背筋が強いのは伺えるのですが、
 早めに グリップが、もしくは腕が低くなる動作に
 変えないと 痛めるトコロが出てしまうと思います。
 怖くて真似られないです。