その後、2回のラウンド機会を得、投入しました。

ラウンド的には #2#3 となります。

IMG_0619
写真一番左(テフロンブラック)が 旧型になります

#2 ラウンド

ベントのポテトチップスグリーン。

 

県の シニア・レディース 大会を 2日後に控えた

 とても 速く 転がりも 良い グリーン。

 

大会を控えているので、

ピン位置は グリーンがあまり踏まれ無いことを考慮してからか、

一番手前が多く、そして 奥か 左右の端っこ。

 

従って 傾斜がキツい。

 

上からは 超早く、下からは 打たなきゃならず、

横からは 曲がりまくり。

 

結果は 32パット。

 IMG_0613IMG_0612









3パットは 一回。

これは、仕方無い 状況でした。

G2 初めて見た同伴競技者は、

「あんなに ゆっくり打って 何故 届く?」

と 最初から最後まで 言われており、混乱しておりました。

 

 

 

#3 ラウンド

#1 ラウンドと同じ 芝目・傾斜のキツい 高麗。

IMG_0614

エアレーション後は 小さくなっているけど、

ある程度の ボコボコ で、芝が育って来たので

 #1 より 止まりぎわ で 突然曲がる。

ダルビッシュ投手の 高速スライダーです。

真っ直ぐ転がり 止まりぎわで 極端に曲がる。

 

結果はスリーパット2回の32パット。

スリーパットは 逆目の15m 程のパットを打ち損じて

 かなりショートしたものです。

IMG_0618

7000y 越えの フルバックティ使用だったので、

長い、外からの パッティングもありましたが、問題無し。

 

グリーン ボコボコでも パッティングに負荷無し。