Nさん「ダウンスイングで右腕(右打ち)を使おうとすると
 力んじゃうんですよね。」

店長「ああああああ、😌😌ですよね。

 どんなトップの形を作っているか
 右腕で言うのなら 肘とグリップの高さ関係 が
 どうなっているのか によっても違いますけど、
会田20210701_Moment
 グリップよりも 右肘の方がはっきりと低い状態で
 右腕を使おうとすると リキミ・イキミが入りますね。

 ですので トップの位置で
 右ひじが下を向いているような
 よくある「手上げ」っぽい トップでは
 右腕を使う=リキミ ⇒右手で打つな になりガチ だと思います。」

Nさん「私…です。」

店長「トップの位置で
at 0m1sグリップの方が右ひじよりも高い、
右ひじが真下を向いてしまうタイプの人

時間として グリップと肘が同じ高さになる時間が遅い、
右ひじの方が低い時間が長い、
早い段階で右腕を使うとチカラが入ってしまう
 ので 力み易いスイング とも言えます。

 これは右ひじとグリップの高さの関係が
 どれであっても ですけれど
 きっかけとして 左腕が少し動いてくれないと
 …それが左腕自身であっても、からだの回転でも
 どちらであっても 左腕が少しどいてくれないと
 肘とグリップの高さが同列にならない。
 
 そう言う点で 右ひじが真下を向いてしまう人は
 テイクアウェイで 左腕をたくさん動かしているが故に
 より一層 右腕を伸ばすタイミングが奥になる、遅くなります。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 まず からだを廻し、
 グリップの方が低くなる・同列になるタイミングまで
 右腕を伸ばすのを待つ・遅くなるので
 どうしても からだがボールと正対する時期を逸し易く
 手で振るコトになり易い ですね。」

Nさん「なにか良い策はありますか❓」

店長「このタイプの人は
 本当は その上げ方を改変したいですけど
 とりあえず タイミングの問題を除けば
 トップの位置は低め、浅めの方が力は入れやすい
 んじゃないか❓

 トップの位置が浅めになれば
 深い時よりも 早い段階で 右手のリリースが使える、
 早い段階で使っても 力みにくくなると思います。 

 リキミの問題も無くなりはしないと思いますけど
 かなり減衰するんじゃないでしょうか⁈」

Nさん「なるほど。」

店長「テークアウェイで
 肘を外に張り目にする、クランチする、は
 早い段階で右腕が伸ばし易い、
 それに伴うリキミが少ない、
 とともに 右を向く量が格段に増えるので
 多少、遠回りな手作業をしたとしても
 間に合い易い と言う利点があります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
 それでも 右腕を使うには
 先ほども言いましたが、
 からだでも、腕自身でも構いませんけど、
 左腕がどいてくれない
 ダウンスイング、切り返しで
 左腕が前に行く、下がる、低くなる、 いずれかで
 右ひじとグリップが早くに、同列にしてあげる。

 右手で打ちたい のであれば
 その右手を使える 環境を、左手をどかしてあげるコトで
 作り出してあげるのがいいんじゃないですか❓

 そうなると 力むことなく、リキミ少なく、右手を使えます。」