店長「全員に当てはまるとは言えませんが、
 もしも 該当する人がいるのなら
 役に立つんじゃないか、と思います。」

Nさん「はい。」

店長「ぼんやりと クラブって左腕の延長に出していく、
 視覚映像・視覚イメージが強いと そうなり易い、
 と思うんですね。
(ヘッドは振らな2
 スイング軌道ってあると思うんですけど
 左手とヘッドの軌跡が同一面上 って奴ですが。。。
 その方が分かり難いですよね。

 左腕の延長にクラブを出すイメージだと
 ダウンスイングで 早めに右腕を使った場合、
 それによって 押されたグリップは 浮こうとします。」
(ヘッド
Nさん「確かに 左グリップは浮く感じになりますね。」

店長「はい。クラブ・ヘッドの重さも加わるので余計ですね。

 からだの向き・右向き と 前傾があるので
 ダウンスイングの早い段階では
 グリップの進行には 臺向が伴うんですが、
 その臺向には行ってくれません。

 早い段階で 右手を使うと上手く行かない、
 右手で打っちゃダメ、 ってのは
 ここら辺から来るんじゃないのかな って思います。
(ヘッド1
 回転もある段階に来ると
 右向きが薄れ、グリップの進行に腓陵彖任少なくなって来て
 逆に 紊悗陵彖任入って来ますから
 その段階でやっと 右腕が使える。

 インパクトをカラダの正面だ! って意味で
 言っているつもりは毛頭ありませんが、
 それって 既に からだの向きとボールが正対した時間・期間が
 過ぎていることを意味しますから、
 右手で打つ 結果として👉手打ちにならざるを得ない 訳ですね。

 筋力のある人、腕力のある人、
 かなりの数の反復練習を積んだ人は それでも大丈夫です。
 今では その逆の逆を行って もっと寝かしこむ
 そう言うスイングを唱えている人も居ますから😌😌

 ただ クラブの重さ、ヘッドの重さ、
 それらをグリップに伝える役割のシャフトの機能、は
 使い難くなりますから ちょっと損してるって気がします。


 一方、右手の、右腕の延長線上に出すイメージの場合、
 トップからいきなり引っ掻いてくる、
 アーリーエクステンションする訳じゃあないですけれど
 そのイメージで右腕を使うと
 左グリップを下げざるを得ません。
 それは 臺向 と言う要素で
 グリップの進行を促す事にもなりますから
 からだの回転から 『腕』は遅れにくい。

 早い段階で 右腕が使えるメリットがあります。

 また、このイメージですと
 からだの回転が無いと
 自分に向かって クラブを振り下ろしてくるコト
 になりますから
 からだの回転を使って グリップを逃がさないと
 自分を殴っちゃう、クラブの行き所が無くなるので
 腕とからだの連携 同時進行になり易い、そう感じます。
 
 変な言い方ですけれど
 からだの回転で打とうとして 結果、手打ちになる の
 さかさま って感じです。
(ヘッドは振らな1
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 からだを先に動かし、次に腕 って
 腕とからだの関係が『順序』になり易い気がします。

 右腕の延長線上に出すイメージでも
 実際に動作になると クラブの重さによって
 ヘッドは遅れますので、最終的には左腕の延長線上っぽい
 似たような形になりますから 紛らわしいんですけど
 このイメージの差って 結構、大きいような気がするんです。」