店長「もう ボールを打つコトに慣れてしまっていると
 そのタイミングの違いに戸惑う と思います。

 始めから 左腕の延長線上に出す となると
 まずは からだを廻し、
 正面を向いてカラ 腕を振る。
(ヘッドは振らな2(ヘッドは振らな1











 右腕の延長線上に出すイメージだと
 それが腕ソノモノであっても 肩周りやからだであっても同時、
 重さが掛かる分 腕側が先に動くような順序じゃないと
 ボールは打てない。

 順序が反対になります。

 すごく戸惑うと思います。 

 その代わり ですが、
 インパクト付近で からだを止める必要も、
 左サイドを止める必要もありませんし、
 ダウンスイング後半での 腕さばきもありません。

 ものすごく すっきりしたボールへの進入になります。
(ヘッド
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 インパクト付近に近づくほど
 色々とやるコトが出来て 忙しくなる。
 ごちゃごちゃした ボールへの進入になります。
 同時に あれも これも やるのですから
 よほど 反復練習をして その動作を刷り込まないと
 上手く行きませんし、かなり複雑な動きですから
 出来るようになっても メンテナンスとして反復練習が必要。


 プロのスイングを色々見て貰うと良いんですけど
 右腕の延長線上で出すイメージの人は
 全体像も、インパクト付近もすっきりしています。
 逆に 左腕の延長線上で出すイメージの人は
 ものすごく 色々なコトをインパクト前後でする。
 プロの場合、後者はなかなか長い年月活躍出来ないのでは、
 と言う動きをします。

 実際にトライして見ると
 色々な発見があると思うんですけど
 まず ダウンスイングの手順がかなり違う。
 右を向いている内に 外から、上から掻いてくる
 そんな感じですからね😌😌

 本当に掻いちゃったら、ヘッドを振っちゃったら、
 大袈裟ですけど 自分にボールを打っちゃうコトにもなりかねない。
 フェースは自分じゃない、円の外に向けたまま、
 で無いと危険ですよ。

 今までのタイミングに比べると
 ものすごく、たぶん 半分以下、1/3分位しか
 インパクト『まで』の時間はありません。
 切り返したら 直ぐにインパクトが来ます。
 ダウンスイング って呼べるほど 時間は無いです。

 その代わり やる作業は 半分位じゃないですかね❓」