店長「あくまでも イメージで
 そのイメージでも 結局は 左腕の延長線上 に
 クラブを出して来た『よう』に見えますが…
(ヘッドは振らな1
 少々オーバーですが、右腕の延長線上 です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧」

Nさん「それじゃあ 外から掻いて来ちゃう、じゃ ないですか😵」

店長「そうですねー。」

店長「あくまでもイメージではありますが、
 いままでは からだを廻してから…、
 少し大袈裟に言えば 左を向いて、INから振ってくる、
 が 左腕の延長線上のイメージでしょう。
(ヘッドは振らな2
 右腕の延長線上のイメージは
 右を向いている内に OUTから振ってくる、
 厳密には 外からではなく 上から掻いてくる、
 そう言う感じになります。

 だから と言って
 早めに ヘッドを振れ とか
 キャストして来い って言ってるんじゃないですよ。

 最終的に イメージとして 右腕の延長線上にクラブが出て行く
 そのイメージが無いと フェースは下を向きません。

 左腕の延長線上にクラブを出すイメージだと
 左腕が 前に進まない〜下がりません。
 本当に 掻いちゃう訳じゃないけど
 右腕の延長線上に出すイメージでは
 左腕が 前に、下に逃げます。逃げざるを得ない。
 それが からだの回転に対する
『付き』になるんですね。


 ものすごく誤解を生み易い表現かも知れませんが、
 その「リリース」がボールを打つんじゃない。
 単に フェースが下を向くよう仕向けてるだけ で
 ボールをさらう、ボールを打つのは からだの向き です。


 左腕の延長線上に クラブが出る イメージ では
 ボールを打つのに 必ず ひと手間が要る。
 そのひと手間が からだの回転の進行と合わない んです。
 からだの正面でボールをとらえろ って意味ではないですが、
 概ね からだがボールの相対、正対した時、
 左腕の延長線上にクラブを出すイメージでは
 まだ 打つ準備が出来てない、
  フェースがボールを向いていません。
(ヘッド1
 ボールを打つには からだを止める とか、
 もう ひと作業『以上』 手間が必要になります。
 からだの向きでボールを打つには
 もう そのタイミングは逸してしまっていますから
 腕さばき、手さばきで打たなくちゃいけない。
 コレを 手打ち って言うんですけど
 望んでやっている人は多くない。

 プロのスイングを見ても
 クラブは左腕の延長線上に出しているように 見える…、
 おぼろげながら そう言うもんだ って思って
 自分もやってみるけれど
 静かにやっている時は良いけれど、
 いざ 速度を上げる、ボールを打つ となると
 重さが増すので 望んだタイミングで打てない。
 『遅れる』
 『クラブが来ない』 って奴ですね。
 
 からだの回転で打ってない のじゃなくて
 からだの向き、正面がボールと相対する時間を
 逸してしまっているに過ぎません。
(ヘッド
 右腕の延長線上に出すイメージで
 クラブを振ると 『結果』 目で見たような
 左腕の延長線上に来る、
 ひと手間が必要ないので
 フェースがボールを向くタイミングと
 からだの正面がボールを過ぎていくタイミングが合う。
 からだの向きがボールをさらってくれるので
 当然、手作業は要らない。
 からだの回転で打つって ただそれだけ、です。

 手で振っちゃう、グリップが体から離れちゃう、
 どうしてもローテーションしちゃう、
 ダウンスイングで腕が下がらない、
 そう言う方は 騙されたと思って
 ゆっくりと アプローチショットや
 ゆっくりな速度のフルスケールスイングで やってみて下さい。」