店長「ヘッドって遅れるんですね。
 遅れたまま ボールを打つんです。
 手で振ったとしても からだの回転で振ったとしても
 ヘッドはその重さ、そして運動した分の重みの加算、
 その分 普通に遅れます。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 ですので 左腕の延長線上に出す、
 左腕とクラブが一直線上になるように
 クラブを出してくると
 フェースやロフトはどんどん開いていきますし、
 開くので より一層重さは増し、
 からだの回転に対し、左腕の進行も遅れます。
 ヘッドが遅れるだけでなく 左腕も遅れる
 
Wの遅れになっちゃうんですね。
20210701 (2) - frame at 0m24s









 切り返しで 左腕が残ってしまう、
 よくあるスイングの課題だと思うんですけど、
 左腕が動いていない、残ってしまう、
 が問題なのではなく、
 その方向に クラブを出そうとしたら 残らざるを得ない、
 仕方が無いんです。
(ヘッドは振らな2
 そうなると 左腕だけでなく
 右腕も含め 腕全体が 右にハンドルを切るように捻じられる、
 フェースやロフトが開く ッテコトですけど
 このままだと ソールがボールに向いちゃいます。

 グリップも腕も ボールの方に出てっちゃいます。
(ヘッド(ヘッド1








 どこかで からだを止めて 左にハンドル切らなくちゃならない。

 そして ヘッドターン。

 コレって 典型的な手打ち ですけれど、
 手打ちをしよう✊ と思って やったんじゃなくて
 クラブを出す方向のイメージが そうさせたんです。

 からだが止まるのも
 ヘッドターンするのも そもそも
 その方向に出したんじゃ そうせざるを得ない。
 そのイメージがある限り、別な箇所を治しても
 結局、ココに戻って来ます。

 それを クラブを寝かす って言うんです。
(ヘッド3
 スイングで言う 伸び上がりの多くも
 クラブを振って来た、
 でも それだけじゃあボールは打てない、
 最後のひと手間分、時間が余る、空間が足らない、
 だから からだの回転を止め、
 伸び上がって空間を作って クラブを振るんですね。
 伸び上がりソノモノを無くす努力をしても
 それじゃあ 打てなくなっちゃいますから…。
 挙句、地面反力って造語作って…。
 まあ 繰り返し上手く打てて 不満が無ければ
 ナンでも良いんですけどね。」
(ヘッドは振らな

Nさん「じゃあ どの方向にクラブは出すんです❓」