これも ゴルフスイングの永遠のテーマの一つ だと思うんですが、
『地面にあるボールをどうやって拾うか❓』
ってのがあると思いますが、
そこの 基本・理想は
「前傾の有るからだが向きを変える」
 傾きの有る スイング軌道 って奴ですね。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
ですので からだの回転でダイレクトに
クラブをターンさせられれば
その行為そのものが 地面のボールを拾いますが、
(ボールはソコにないよ って奴ですね)
からだの回転でクラブをダイレクトに動かしていないと
絖腓陵彖任足らなくなっちゃうから
『必要以上に』手で下に振らなくちゃならなくなる。

そうすると 腕やクラブが長くなり過ぎて
クラブ・ヘッドを通す空間が足らなくなるから
からだが伸び上がる んですね。
人間の演算能力とか、反応って優秀ですから😌

ゴルフスイングって
想像以上に色々なモノが絡み合ってて
何かの「お悩み」があった時、
例えば アウトサイドインを治したい とか、
ソレ、ソノモノを治すのではなく
関係がないような 別なことを治すと
『あれ? アウトサイドインが治っている』
と言うコトが往々にして起こります。

また 経験的に、ですが、
その箇所を直接的に直す場合
型、形、見た目を変えるケースが多く、
望んではいないけれど
本当は 必要だから、仕方なくやっている行為、
なので 直ぐに戻ってしまうコトが多い ですが、
別なことをいじって いつの間にか『変わっている』
ケースでは その変化が馴染み易い気が多々します。
…おそらく ですが 必要が変化した、
その動きが必要で無くなった、のだと思います。

今回のケースもそれに該当する と思うのですが、
今 悩んでいることは 直接的には
インパクト前後でのからだの伸び上がり が原因ですが、
アドレスの問題はさておき、その伸び上がりが必要だから
そうなっている訳で
その必要は 別な行為で代替えしてあげれば
伸び上がりは減る、無くなる可能性が高いと思います。

このケースも 自分の肩の下の空間、軒先に
グリップエンドを打つ方に向けたまま、
ヘッド〜シャフトをボールの方に出さない、
そう言うイメージで そこをくぐり抜ける と
下に振る量を減らせる、無くせるよ😄 ッテコトで
今までよりも ずっと すっきりしたスイングになってるんですね。

まだ 下に振ってる名残があるけれど
その『軒先を通していくイメージ』を維持していれば
ダふったり、シャンクしたりして
その必要以上の下振りは「要らない」になっていくので
修正が入り、消えていく、減っていきます。
イメージを維持していれば、ね。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f




ですので 素振り・シャドースイングで
カラダを廻して グリップを横に移動させる、のではなく
ヘッドでは無く グリップの移動を
もっと 縦の円にしてあげると
下振りの必要性が薄れてきますから
伸び上がりもそれに応じて 減ってくると思います。