ショット、スイングにおいて よく耳にする
『遠心力を使え』
と言うのが有りますが、
少々 大雑把ですが、
遠心力を使え には二種類の使い方・対応 があります。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f





遠心力は スイングのような
支点運動をした場合、
重さが 外に外にかかる、外に引っ張られるチカラ です。

ですので
,修痢ヽ阿飽っ張られるチカラに従い、
 外に膨らもうとするか
△修痢ヽ阿飽っ張られるチカラと方向として反対に当たる
 (用語としては求心力と言いますが…)
 方向に 引こうと反発するか

 代表的な例が インパクト付近の伸び上がり とか
 それを 特殊な用語で 地面反力 などと呼んだりします。
になります。

ショットを見ていると
その△乏催する 遠心力の反発する 求心力を
おそらく、ですが 無意識、反射的に発動しているお陰で
ボールに届かない、上がり間際に当たる、
スイングの最下点がボールより手前になる、
になっていると思われます。

私見ではありますが、
△留鷽肝呂紡个携身する動きは
体力次第でもありますし、
傾斜地からのショットでの安定度を欠くと思います。

そこで…
素振り、シャドースイングにおいて ですが 
 からだを廻す を使って
『グリップをもう少し縦に移動させる』
 グリップの移動で縦の円を描く ようにし
グリップの軌道を懐に中に入れる、懐の中を通す、
アドレス時での 前傾姿勢で造る 肩の軒下を通してあげる
ようにするのは如何でしょうか❓

グリップを 肩の軒下を通すイメージであれば
遠心力がかかって 引っ張られた力で
自然に前傾姿勢が保たれ易くなります。
遠心力を良い効果として利用出来ると思います。
スクリーンショット 2023-05-08 224722
また グリップの軌道を少し縦気味にする
 縦めの円を描かせるようにからだを廻す で
一点だけ意識して頂きたいのは
この状況で クラブは起きていますが、
スクリーンショット 2023-05-08 231553スクリーンショット 2023-05-08 231529








実質 シャフトの針は 6〜7時を向いています。
肩の軒下をグリップを通す際、
シャフトの針を 6時に向けたまま のようなイメージで、
シャフトの針が 4時なり、3時を向くのは
 からだの向きが変わるからで
 手さばきで シャフトの針を3時向けたりしないように。

逆に 手の仕事は
 その軒先を 6時のまま抜けるような『意識』を持つと
 前傾姿勢も保たれ易いですし、
 ハンドファーストも維持できます。
katate_Moment
もしかすると 言葉として
 ハンドファーストよりも
 ヘッドレイト の方が良いニュアンスかも知れません。